フォト
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

Radio Romania International - Galbeni, ROMANIA

Radio Romania Internationalのアラビア語課から2月デザインのQSLが届きました。
毎月報告している英語課に加え、今年はアラビア語課へも定期Repしてみています。
以前に何度か英語課へWeb-FormからRepしましたが、どうも相性が悪いようで総ボツ。いつの日か郵送Repのみになっていました。
アラビア語課へは前回初めてWeb-FormからRepしてみましたが、はやい返信でしたので、
ちょっと味をしめて今回もWeb-FormからRepしてみました。
所要日数15日で、やはり早い返信でした。
ところで、The First Deplomaを頂いて以降、英語課からのQSLには「□月のレポートは、Club Membership ○年目の△番目です」
とのメッセージが必ず書き添えられています。しかし、アラビア語課からのQSLには何も記載がありません。
このカウントは、放送言語の各課ごとのなのでしょうか・・・?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.201200008
Date:February 10, 2012
Time:16:27-16:56
Freq:15,155 kHz
TxLocation:Galbeni, ROMANIA
SINPO:44433
Language:Arabic
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E15A, QSL)

20120036_qsl_dsgn 20120036_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回の切手はコトロチェニ宮殿(Palatul Cotroceni)とムラサキ科のプルモナリア オフィキナリス(Pulmonaria officinalis)という草花の切手でした。この花の切手、個人的には花よりもクマが可愛くて、もう大好き~

20120036_stamp1 20120036_stamp2

Radio Vaticana - Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY

そろそろ正月の松も取れる頃に受信したSainta Maria di Galeri送信のRadio Vaticana。
QSLデザインは中波用指向性アンテナとのことですが、なんともデカそうですね。
先月23日に頂いたRadio Vaticanaのパンフレットによると、このアンテナは
Sainta Maria di Galeria送信所にある98m高のMW 1530kHz用アンテナのようです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120009
Date:January 7, 2012
Time:07:00-07:42
Freq:9,600 kHz
TxLocation:Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY
SINPO:44444~43433
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A49A, QSL&ステッカー)

20120009_data_dsgn 20120009_data_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回もたくさんのステッカーを頂きました。感謝。

20120009_sticker1 20120009_sticker2

2012年2月24日 (金)

Trans World Radio Swaziland - Manzini, SWAZILAND

今年最初のアフリカからのQSLは、昨年12月にも返信頂いたTWR - Swazilandでした。
デザインは前回と同じですが、今回は24日で返信がありました。これまでで最短ですね。
そう言えば、Swaziland - Manzini送信のウルドゥ語放送は、
私がBCLを再開した2008年頃のWRTHではスワジランドのTWR Swaziland、
その後、南アフリカのTWR Africaになり、今はインドのTWR Asiaとして掲載されています。
どのような基準なのでしょうか。
そして、IDはいまでも「Trans World Radio Swaziland」ですよね~(謎)

今回2日分のRepを送りましたが、confirm頂いたのは最初のRepでした。
前回と同様に、日本語による小冊子を同封頂きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120025
Date:January 25, 2012
Time:23:03-23:16
Freq:15,360 kHz
TxLocation:Manzini, SWAZILAND
SINPO:44333
Language:Urdu
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*3-A24A, QSL&B11スケジュール表&日本語小冊子)

20120025_qsl_dd


2012年2月23日 (木)

Voice of Korea - Kujang, D.P.R.KOREA

なにかと話題の尽きない朝鮮民主主義人民共和国の「朝鮮の声」からQSL到着です。
ここからの短波放送は、生の情報源として傾聴すべき対象と思っています。
この局には年2回ほどRepしますが、最近は関税で止められていません。やはり基準が不明ですね。
今回のQSLカードは、今までになく、とっても「薄い」です。
データ面の画像をよく見ると裏面の写真が透けて見えているのが分かります。
経費削減でしょうか。
ところで、このQSLの風景を見て「初代ウルトラマンに出てきそう」と思ってしまったのは、
Hadzukiの特撮オタの血のなせる業でしょうか・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120015
Date:January 14, 2012
Time:7:01-7:55
Freq:7,580 kHz
TxLocation:Kujang, D.P.R.KOREA
SINPO:54444~54433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(A39A, QSL&PyongyangTimes&切手オーダー案内)

20120015_qsl_dsgn 20120015_qsl_data


2012年2月20日 (月)

Radio New Zealand International - Rangitaiki, NEW ZEALAND

RNZIから今年受信分の初QSL到着です。
デザインは昨年も一度頂いているニュージーランドの珍鳥「カカポ」です。
この日は久しぶりにド真っ昼間の15720kHz、放送終了時を受信しました。
放送終了時にI.S.のNew Zealand Bellbirdのさえずりを聴いたのは初めてでした。
そういえば、昔はイタリア、南アフリカなど、小鳥のさえずりをI.S.に流していた局が結構あったように記憶しています。
最近はどうでしょうか。
1月末と言えばRadio Bulgariaの突然の短波放送撤退にショックを受けていて、
RNZIへのRepにも世界的な短波放送廃止の風潮に対する懸念を書いていたようです。
RNZIのいつもの手書き(物凄い達筆で解読に苦労します)メッセージは
「We do hope that SW broadcasting will indeed continue for RNZI」で締めくくられていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120030
Date:January 28, 2012
Time:13:32-13:58
Freq:15,720 kHz
TxLocation:Rangitaiki, NEW ZEALAND
SINPO:44433
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A16A, QSL&手書き礼状&B11スケジュール表)

20120030_qsl_dsgn 20120030_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
一見なにがどうなっているのか分かりませんでしたが、Nikau(Rhopalostylis sapida)というニュージーランド固有のヤシの木のようです。

20120030_stamp

2012年2月18日 (土)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

到着が遅れていた昨年11月受信分のRadio Romania International英語課からのQSLが、ついに届きました!
これで、2011年のQSLデザインは全12種コンプリートです。
RRIスタッフの皆様に感謝です。

12月受信分のQSLが先に届き、データ面の通番が「11th in your 2nd year of club membership」だったので、
Repの処理漏れのようです。
そして、なんと12月デザインのQSLと今年1月デザインのQSLも添えられていました。
それぞれ通番の記載を訂正して
12月のQSLでは「12th in your 2nd year of club membership」
1月のQSLでは「1st in your 3rd year of club membership」
となっていました。細やかなお心づかいに、深謝!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20110317
Date:November 3, 2011
Time:7:59-8:57
Freq:9,530 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:44444~34333
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A88A, QSL&12月と1月のQSL訂正版)

20110317_qsl_dsgn 20110317_qsl_data

2012年2月13日 (月)

Islamic Republic of Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan/Kamalabad, IRAN

IRIBイランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語より、44枚目のQSLが届きました。
このところIRIBラジオ日本語は、のんびりペースでRepしていますので、なかなか5日分溜まるのに
時間がかかります。しかし、連続しない単発Repを5通揃ったところでQSL発行、とは本当に管理が大変だろうと
敬服いたします。
さて、今回は珍しく旧シリーズのデザインでした。このデザインはNo.4のデザインで
私も、No.4、No.14、No.24、No.34、と、これまで4枚発行頂いていますが、本Blogでは初お目見えです。
新シリーズと旧シリーズのデザインが混在して発行されているようですが、その基準は不明です。
今回記載された受信データのうち、9月28日の受信は、昨年入院した際に病室で受信したものですね。
もうすでに「懐かしい」と感じます。
なお、今回の直筆メッセージは大村一郎さんでした。感謝。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.SINPOTxLoc
20110273September 28, 20116:17-6:5711,765 kHz44333Sirjan, IRAN
20110300October 22, 20116:18-6:57 11,765 kHz54433Sirjan, IRAN
20110309October 30, 20116:03-6:576,145 kHz44433~43433Sirjan, IRAN
20110314October 30, 201122:30-23:03 9,585 kHz43433~34333Kamalabad, IRAN
20110323November 9, 20116:03-6:57 7,200 kHz44433~43433Sirjan, IRAN

Language:Japanese
#20110203(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
#20110300(YAESU FRG-7700+SONY AN-12)
その他(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(Rep.20110323:E87A, QSL&礼状&番組表)

20110323_qsl_dsgn 20110323_qsl_data


Voice of Russia - Vladivostok, RUSSIA

VOR英語課から今年最初のQSLが到着しました。
年明け、QSLのカードデザインはどうなのかな・・・と思っていましたが
いまは「人類初の有人宇宙飛行から50周年」シリーズの継続のようです。
このシリーズ、私はまだまだゲットしていないデザインがありますので、ラッキーです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120019
Date:January 21, 2012
Time:12:00-12:40
Freq:13.735 kHz
TxLocation:Vladivostok, RUSSIA
SINPO:54444~54433
Language:English
Program: News, Music and Musicians
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E22A, QSL)

20120019_qsl_dsgn 20120019_qsl_data


2012年2月 9日 (木)

Voice of Turkey - Emirler, TURKEY

Voice of Tukeyから今年2012年受信のQSL到着です。2012年元旦の受信でした。
今回はパキスタンなどで主に使われているUrdu語放送。ここも英語RepでのSAの表記は悩みましたが、
とりあえず聞こえた”音”から「Ye Sedaye Turkiya」としてみましたが、「Turkiya」は怪しいですね。
これも間違っていたらゴメンナサイ(笑)

今回のQSLデザインは「75th year, The Voice of Turkey, Marks its anniversary」
1937年1月8日にアンカララジオの一部門として開局して以来、今年で75周年とのことです。
トルコPopの大好きなHadzukiとしては、短波放送の継続を望みたいところです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120005
Date:January 1, 2012
Time:22:21-22:56
Freq:11,985 kHz
TxLocation:Emirler, TURKEY
SINPO:34333~44333
Language:Urdu
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A33A, QSL&7連ポストカード)

20120005_qsl_dsgn 20120005_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
7枚のTRTロゴ入りのポストカードが連なったポストカードとステッカーが同封されていました。ポストカードは1枚1枚ハサミで切って使うようです。とくにミシン目などは入っていませんが・・・そういう気遣いは日本的なのかもしれませんね。

20120005_postcard 20120005_sticker

2012年2月 7日 (火)

Radio Bulgaria - Plovdiv, BULGARIA

昨年12月に受信したRadio Bulgariaのフランス語放送からのQSLです。
フランス語課へは初Repでした。そして、フランス語放送の最初で最後のQSLになってしまいました。
誠に残念です。
3日分の受信データを1枚に記述したものが届くと思っていましたが、受信日ごとに1枚のQSLが発行されました。
返信封筒の消印は2012年1月26日、短波放送廃止間際。おそらくQSLカードの在庫放出だったかもしれません。
以前、Radio Slovakia Internationalの短波放送廃止(マイアミ送信がかろうじて残っているようですが)の際にも、
同じように過去のQSLカードデザインが放出されたことがありました。
嬉しさ半分、さびしさ半分ですね。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.SINPO
20110352December 11, 20116:33-6:595,900 kHz35333~32332
20110353December 13, 20116:14-6:595,900 kHz24332~22332
20110354December 17, 20116:00-6:385,900 kHz34333~22332

TxLocation:(all) Plovdiv, BULGARIA
Language:French
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A&E48A, QSL3枚)

20110352_qsl_dsgn 20110352_qsl_data

20110253_qsl_dsgn 20110253_qsl_data

20110354_qsl_dsgn 20110354_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
フランス語課より、以下のような手紙も添えられていました。

20110354_letter


KBS World Radio - Gimje, REPUBLIC OF KOREA

昨年9月受信の日本語放送に対するQSLが届いきました。
デザインは今となっては少し懐かしい「サムゲタン」。このところの寒さの中では、一層おいしそうです。
「玄海灘に立つ虹」担当アナウンサーの直筆サインの入ったQSLは、久しぶりです。
今回は”スキマ”こと劉昌模(ユー・チャンモ)さんと、”マルコメのお母さん”こと金明順(キム・ミョンスン)さんのサイン入りでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20110265
Date:September 21, 2011
Time:11:00-12:00
Freq:11,810 kHz
TxLocation:Gimje, REPUBLIC OF KOREA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E136A, QSL&専用受信報告用紙&番組表&2011年第4四半期クイズ賞品)

20110265_qsl_dsgn 20110265_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2011年の第4四半期クイズの賞品、携帯ストラップが同封されていました。これで、2011年は4戦3勝ですね。

20110265_quiz_strap

2012年2月 6日 (月)

Radio Romania International - Tiganesti/Galbeni, ROMANIA

Radio Romania Internationalの今年のデザインが決まったようですね。
英語課(Tiganesti送信)とアラビア語課(Galbeni送信)からQSLが届きました。偶然か、同日に届きました。
アラビア語課へは初めてRepしてみました。Web-FormからのRepでしたが、思いの外はやい返信でした。
デザインは同一ですので、アラビア語課はデータ面のみ掲載します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.201200008
Date:January 3, 2012
Time:7:58-8:57
Freq:9,530 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:44444
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A28A, QSL&ステッカー)

20120008_qsl_dsgn 20120008_qsl_data_2

#Rep.20120020
Date:January 21, 2012
Time:16:30-16:56
Freq:15,155 kHz
TxLocation:Galbeni, ROMANIA
SINPO:44433
Language:Arabic
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E14A, QSL&2012年ポケットカレンダー)

20120020_qsl_data_2

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
英語課からのステッカーと、アラビア語課からのポケットカレンダーです。

20120008_sticker 20120020_calender2012


Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA

「モンゴルの声」から今年最初のQSL返信です。
この日は宵の口18時からの放送を受信しましたが、受信状態はかなり良好で、深夜0時からの受信状態のダメダメぶりとは格段の差ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120017
Date:January 15, 2012
Time:18:00-18:29
Freq:12,085 kHz
TxLocation:Ulaanbaatar, MONGOLIA
SINPO:54444~44433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1+$US1*1-A20A, QSL)

20120017_qsl_dsgn 20120017_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
QSLに貼られた切手が美しいので、抜粋しました。ザルモクシスオオアゲハ(Papilio zalmoxis)という種のアゲハ蝶がデザインされた500トゥグルク切手。アフリカ産のこの巨大アゲハの切手がモンゴルで発行された理由も興味深いので、あとで調べてみることにします。この切手2枚でQSLカードが届いたので、モンゴルから日本へのエアメール(ハガキ)の郵便料金は1000トゥグルクということでしょうか。

20120017_stamp

2012年2月 1日 (水)

Radio Free Asia - Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS

RFAの今年最初のQSLデザイン。RFA #43。中華風の龍の図案がいい感じです。
今回はMandarin放送のQSLです。これで、現在RFAが放送している全言語のQSLが、ようやく揃いました。
この時間のMandarin放送は6波で行われているようですが、大陸からの「覆い被せ」放送が強力で、
内容を了解できたのは、この1波だけでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120014
Date:January 14, 2011
Time:8:00-8:30
Freq:11,775 kHz
TxLocation:Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS
SINPO:42432
Language:Mandarin
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H17A, QSL)

20120014_qsl_dsgn 20120014_qsl_data

Radio Taiwan International - Tainan, TAIWAN

昨年12月に受信したRTI英語課からのQSLです。
今度は受信日も受信時間も正しい記述です。
台南送信所からの放送でしたが、カードデザインは褒忠送信所のアンテナですね。
前回QSLは褒忠送信所からの放送で、カードデザインは台南送信所のアンテナでした・・・
なんとなく、うまくいかないもんですね

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20110340
Date:December 11, 2011
Time:10:15-10:59
Freq:11,875 kHz
TxLocation:Tainan, TAIWAN
SINPO:44444 ~ 34433
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E57A, QSL&B11スケジュール表)

20110340_qsl_dsgn 20110340_qsl_data

China Radio International - Jinhua, CHINA

中国国際放送から今年最初のQSLが届きました。
受信した番組は、再放送の最終日、滑り込みセーフの新年恒例「紅白歌くらべ・知恵くらべ」でした。
QSLデザインは、再び「中華民族大家庭」に戻りましたね。
今回はタジク族・・・久々の男性ですね。
eQSLはチェコ語放送紹介でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120011
Date:January 7, 2012
Time:08:00 - 08:57
Freq:9,695 kHz
TxLocation:Jinhua(Lanxi), Zhejiang, CHINA
SINPO:54444
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E24A, QSL&切り絵&専用受信報告用紙&手紙)

20120011_qsl_dsgn 20120011_qsl_data 20120011_eqsl_dd_2
Spc16


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2012年壬辰の最初の切り絵を頂きました。

20120011_kirie


« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31