フォト
無料ブログはココログ

« Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA | トップページ | Deutsche Welle - Kigali, RWANDA »

2012年3月21日 (水)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

先月お試し感覚でRadio Romania Internationalの英語以外のさまざまな言語にRepしてみたのですが、
どこも返信優秀で、アラビア語課、中国語課に続き、ロシア語課からもQSLが届きました。

QSLデザインはすでに掲載済みですので小さく、データ面をメインに掲載します。
手書きで「Russian Service IRR」と書かれています。「RRI」ではなく「IRR」なのは
ロシア語でのこの局の呼称「ИНТЕРРАДИО РУМЫНИЯ」(InterRadio Romania)を
略しているためと思われます。
QSLの他に、個人名宛の礼状を頂きました。これは他の言語からの返信では、いままでに見られないことですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120055
Date:February 25, 2012
Time:23:30-23:56
Freq:15,160 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:44433
Language:Russian
Programs:Культурное обозрение, Клуб DX
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E25A, QSL&礼状&ステッカー&2012年ポケットカレンダー&B11番組表)

20120055_qsl_data 20120055_qsl_dsgn
Spc16


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回2枚の初見の切手が貼られていました。1つは和名ではヒモゲイトウ(紐鶏頭)とかセンニンコクとか呼ばれている「Amaranthus caudatus」です。券面には「Motul Curcanului」という名称も印刷されていますが、ネットで調べると同じ植物を指しているようです。一緒に写っているのは七面鳥でしょうか。この切手シリーズは、10種類のルーマニアと花と動物の組み合わせで、2012年-今年発行された切手シートのようです。
もう1つは、よく見かけるルーマニア古い陶器のシリーズ切手のようですね。券面の印刷は「Curtea de Argeş」。クルテア・デ・アルジェシュはルーマニア有数の古い都市とのことで、そこで出土した壺のようです。

20120055_stamp2 20120055_stamp1

« Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA | トップページ | Deutsche Welle - Kigali, RWANDA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA:

« Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA | トップページ | Deutsche Welle - Kigali, RWANDA »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31