フォト
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

うしこの素描

我が家の愛猫「うしこ」お嬢様は、HadzukiがBCLしていると
足元に寝そべっていることが多いのです。
今朝は9時ころにAll India Radioを楽しんでいたのですが
そのときも、私の傍らで寝てました。
なので、後姿をログノートに、ちょっとスケッチしてみました・・・

Ushiko_20120430


2012年4月28日 (土)

Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA

「ロシアの声」から今年2回目のQSL返信です。
QSLデザインは「人類初の有人宇宙飛行から50周年」シリーズ。まだ継続中なのですね。
このデザインも、個人的には初めて頂くものです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120033
Date:February 8, 2011
Time:21:23-21:58
Freq:6,085 kHz
TxLocation:Angarsk, RUSSIA
SINPO:53443
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A75A, QSL&手紙&スケジュール表)

20120033_qsl_dsgn 20120033_qsl_data

2012年4月27日 (金)

All India Radio - Frequency Schedule

All India Radioから初めて、海外向けサービスと国内サービスの周波数スケジュール表を頂きました。
昨年の夏から、ほぼ毎月Repしていた効果でしょうか。
(QSLの返信率は半分強、程度ですケド・・・)

G20120009_a12externalserviceschad_2G20120009_a12externalserviceschad_3

G20120009_a12homeserviceschadule2G20120009_a12homeserviceschadule1

2012年4月26日 (木)

Islamic Republic of Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan/Kamalabad, IRAN

IRIBイランイスラム共和国国際放送ラジオ日本語より、46枚目のQSLが届きました。
今年2月から3月にかけてRepした5通に対するQSLになります。
この時期、IRIBラジオ日本語に突然降ってわいた周波数変更のひと騒ぎ。
ちょうど、そのRepが大半をしめました。
わざわざ混信の渦へ飛び込んだ意図の不明さ、変更直後の誤送信や番組放送順の混乱など、お祭り状態でしたね。
今回のQSLのデータ面にも、その名残りあり。
2月26日の周波数が9585/9580となっています。放送開始からしばらく旧周波数の9585kHzで誤送信して、
その後新周波数の9580kHzに切り替わったRepが、そのまま記録されています。

QSLデザインは、久しぶりに新シリーズのカードです。
Chehel Sotoun(チェヘル・ソトゥーン宮殿)は、1647年にアッバース2世が建てた宮殿。チェヘル・ソトゥーンとは40本の柱(forty columns)の意味だそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.SINPOTxLoc
20120043February 18, 20126:00-6:576,145 kHz54444~54433Sirjan, IRAN
20120054February 25, 201222:30-23:27 9,580 kHz43433~54444Kamalabad, IRAN
20120057February 26, 201222:30-23:27 9,585/9,580 kHz43433~44433Kamalabad, IRAN
20120066March 3, 2012 6:11- 6:57 7,200 kHz54444Sirjan, IRAN
20120076March 9, 201222:30-23:27 9,580 kHz433433~44433Kamalabad, IRAN

Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(Rep.20120076:E38A, QSL&礼状&番組表&URL一覧カード)

20120076_qsl_dsgn 20120076_qsl_data


2012年4月23日 (月)

VOA - Voice of America - Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE

西アフリカのギニア湾奥に浮かぶサントメ島にあるIBB Sao Tome Transmitting Stationから2度目のQSLが届きました。
前回は日本時間で早朝のVOAフランス語放送でしたが、今回は偶然受信した夕方のVOAハウサ語放送です。
QSLデザインは前回と同じですが、紙の状態が前回よりも格段に良くなっており、最近印刷したものと思われます。

前回同様に、QSL郵送前に、IBB Sao Tome Transmitting Station Manager's SecretaryのHelena de Menezesさんより
「Reception Report Confirmation」のE-Mailをいただき、その中で郵送にてQSLカードを送った旨、連絡がありました。
さらに、今回は郵送していただいたQSLカードを事前にスキャナで読み込んで画像ファイル化したものが、添付されており、
「このカードを郵送します」とのこと。実に細やかなお心づかいです。

なお、HadzukiはIBB Sao Tome Transmitting StationへのRepの際には、IRCと米ドル紙幣を両方とも添えていたのですが
Helenaさんからのお手紙によれば、
「Unfortunately, the IRC's are not accepted by the post office here.」
(残念ながら、IRCはこちらの郵便局で受理されません)
だそうです。今後、IBB Sao Tome Transmitting StationへRepされる方は、ご注意ください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120070
Date:March 3, 2012
Time:16:09 - 16:30
Freq:13,780 kHz
TxLocation:Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE
SINPO:35333~24322
Language:Hausa
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1&$US*1-A&E49A, QSL)

20120070_qsl_dsgn 20120070_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回は封書による返信を頂き、封筒に綺麗なサントメ・プリンシペの切手が貼ってあったのでご紹介します。
切手(右)の赤い花は、Rosa de Porcelana。日本では「トーチジンジャー」とか「カンタン」と呼ばれるショウガ科エトリンゲラ属の多年草植物のようです。
切手(左)の植物は、Heliotropium indicum。日本では「南蛮瑠璃草(なんばんるりそう)」と呼ばれるムラサキ科キダチルリソウ属の一年草にようです。

20120070_qsl_stamp


China Radio International - Xi'an, CHINA

中国国際放送から今年3度目のQSL到着です。
前回と同様に陝西省西安からの送信を聴いてのRepでしたが、受信周波数は5,985kHz。
ん?・・・そういえば49mbのCRIのconfirmはずいぶん久しぶりだな、と思って過去ログを紐解いてみたら
前回のconfirmは2008年の3月・・・ちょうど5年ぶりでした。

QSLデザインは「中華民族大家庭」のプミ族。人口3万ほどとのことですが勿論「初耳」の少数民族です。
楽器を奏でる青年と花を摘む少女の絵・・・いやいや生き馬の目を抜く世界に身を置く者には
まったくもって心を洗われるシーンでしょうか。
アコースティックの弦楽器が大好きなHadzukiには、青年が持っている4弦の楽器が、なんとも気になります。

eQSLはブルガリア語放送紹介でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120065
Date:March 2, 2012
Time:07:16 - 07:57
Freq:5,985 kHz
TxLocation:Xi'an, Xianyang, Shaanxi, CHINA
SINPO:54444
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E46A, QSL&切り紙&手紙)

20120065_qsl_dsgn 20120065_qsl_data 20120065_eqsl_dd
Spc16_2


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2012年、3つめの切り紙を頂きました。

20120065_kirigami


2012年4月18日 (水)

KBS World Radio - 2012年第1四半期クイズ景品

KBS World Radio 日本語課より、2012年第1四半期クイズの景品が届きました。
まずは今年の1勝を確保、ですね。
今回は蛍光ペン3本セットです。「KBS World Radio」のシールを貼っただけか、と
一寸思ったのですが、ちゃんと見たら、1本1本にちゃんとロゴが刻印されていました。
「インクジェット・フリー」だそうですが、まだ試していません

G20120008_highlighter

2012年4月16日 (月)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

Radio Romania Internationalの英語課からの3月デザインのQSLです。
デザインは既にアラビア語から受領したものと同一ですので、データ面をメインに。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120069
Date:March 3, 2012
Time:15:28-15:57
Freq:21,600 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:35433
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(A37A, QSL&A12スケジュール表)

20120069_qsl_data 20120069_qsl_dsgn
Spc16


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
すっかり寂しくなってしまったヨーロッパの国際短波放送界で一人気を吐くRadio Romania Int'l。今季もきれいなFrequency Scheduleを送ってくださいました。感謝です。
いつも各国語課のいくつかの集合写真が掲載されていますが、今回はHadzukiが最もお世話になっている英語課のみなさんのお写真が載っていましたので、感謝をこめて抜粋、掲載いたします。みなさん、いつも暖かい対応をありがとうございます。

20120069_a12_schedule 20120069_english_sce_staff

2012年4月10日 (火)

All India Radio G.O.S. - Bengaluru, INDIA

インドのAll India RadioからQSLが届きました。
昨年9月に、いつものように送った「3日分Rep」のうちの1日分のみがconfirmされたようです。
う~ん、やっぱり基準がわからん
QSLデザインは、とても美しいユネスコ世界遺産、インド・デリーにあるミナレット「クトゥブ・ミナール(Qutub Minar)」です。
空の様子は、もしかすると加工されたものかもしれませんが、なかなか神々しい雰囲気が出ています。
なお、このQSLが2008年正月のBCL復活後、「777」枚目のキリ番QSLとなりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20110259
Date:September 10, 2011
Time:07:58-08:30
Freq:13,605 kHz
TxLocation:Bengaluru, INDIA
SINPO:53433~54444
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A198A, QSL)

20110259_qsl_dsgn 20110259_qsl_data_2


2012年4月 9日 (月)

Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

「ベトナムの声」日本語課より3月受信のQSLが届きました。
デザインはHadzukiお気に入りの屋台街。こんな屋台街でフォーでもすすってみたいですね。
当地では冬季には23時台の受信状況が劣悪だったのですが、この日の受信はかなり状態が持ち直しており
お空もそろそろ春か、とラジオを聴きながら感じていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120079
Date:March 15, 2012
Time:23:01-23:27
Freq:12,020 kHz
TxLocation:Son Tay, VIETNAM
SINPO:54433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E22A, QSL)

20120079_qsl_dsgn 20120079_qsl_data

Radio Damascus - Adra, SYRIA

なかなか変調が浅くて音になってくれないR.Damascusですが、昨年秋にはHadzukiの受信環境でも
そこそこ楽しめましたので、9月と11月にいくつかRepしてみました。
9月Repに対しては10月に早々とQSLが届きましたが、11月Repに対しては同月にE-Mailにて、
Kris Janssen氏より御礼とQSL送付の連絡があったものの、その後音沙汰なし。
幾分諦めかけていたころに、ポツンと綺麗なアラビア語の封筒が届きました。
9月Repに対するQSLの封筒消印はベルギーでしたが、今回はしっかりとダマスカスでした。
いろいろと難しいお国事情があるのかもしれませんね。
さて、QSLデザインは前回と同じ古いデザインでしたので、データ面をメインに掲載します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.SINPO
20110318November 3, 20116:03-6:569,330 kHz35333~25332
20110319November 6, 20116:20-6:529,330 kHz35333

TxLocation:(all) Adra, SYRIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(A&E151A, QSL&番組表&ステッカー)

20110318_qsl_data 20110319_qsl_data 20110319_qsl_dsgn


2012年4月 3日 (火)

Radio Free Asia - Tanshui, TAIWAN

RFAの今年2番目のQSLデザイン。RFA #44が届きました。
今回は初めて、台湾Tanshui送信のベトナム語放送のQSLです。このTanshui送信は日本に近い割には
受信状態があまりよくありませんが、台湾からベトナムへ向けたアジマスのためと思われます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120089
Date:March 22, 2012
Time:8:30-9:00
Freq:11,605 kHz
TxLocation:Tanshui, TAIWAN
Language:Vietnamese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H11A, QSL)

20120089_qsl_dsgn 20120089_qsl_data


« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31