フォト
無料ブログはココログ

« Radio Pakistan - Islamabad, PAKISTAN | トップページ | Radio Vaticana - Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY »

2012年7月27日 (金)

Adventist World Radio - Trincomalee, SRI LANKA

こちらはいつも拝見しているTSUYOSHIさんとこのブログ「SINPO-ALL5!」の7月7日の記事で、
AWRのTrincomalee臨時送信が7月も延長されて行われていることを知り、
さっそくLao語と中国語の放送を聴いてRepしてみました。
時間的に先のLao語放送に対して「Retuens to Sri Lanka」記念QSLを発行頂きました。
また後の中国語放送のQSLでも、しっかり送信サイト名「Trincomalee」を記載いただきました。
さすがDX Editor, Adrian M. Peterson氏自らが署名するQSLですね。

ちなみに、前回のAWRからのQSLは、2010年10月31日に放送されたAWR/希望の声の
日本語放送最終回のQSLでした。あべゆかりさんの歌う「青い空を見上げながら」は
いまでも脳裏に焼き付いています

(8/10追記)
AWR-Asiaはグアム島で増設中であった新送信施設が完成したため、7月24日でSri LankaのTrincomallee送信所からの送信を終了したそうです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120184
Date:July 7, 2012
Time:22:30-22:57
Freq:17,635 kHz
TxLocation:Trincomalee, SRI LANKA
SINPO:44433 ~ 34433
Language:Lao

#Rep.20120185
Date:July 7, 2012
Time:23:00-23:57
Freq:12,105 kHz
TxLocation:Trincomalee, SRI LANKA
SINPO:54433 ~ 54444
Language:Mandarin

#Common
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A11A, QSL&絵葉書&コンテスト案内)

20120190_qsl_dsgn 20120190_qsl_data 20120192_qsl_dsgn 20120192_qsl_data
Spc16


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
アメリカ、Indianapolisからの返信封筒は、表面いっぱいの沢山の切手が貼ってありました。
切手のいっぱい貼ってある封筒は、手間をかけて返信いただいている証拠ですので、開けるのも楽しみですね~

20120192_envelope
20120192_stamp1 20120192_stamp2 20120192_stamp4 20120192_stamp3

« Radio Pakistan - Islamabad, PAKISTAN | トップページ | Radio Vaticana - Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY »

コメント

Hadzukiさん、こんにちは。
AWR記念QSLのGET、おめでとうございます!期間に間に合ってなによりです。
こういったチャンスは少ないので、確実にものにしておきたいですね。

TSUYOSHIさん、いつもありがとうございます。
最近忙しくて返事が遅れました。すみません~

TSUYOSHIさんでブログで情報頂いてQSLゲットできました。本当に便利な世の中になりましたね。
ただ、その便利のおかげで、短波放送がどんどん縮小されているのも事実で
なにか複雑な心境です。

うちにもRadio Romania Int'lからのQSLが届きました。ここもついに短波撤退なのでしょうか。
寂しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adventist World Radio - Trincomalee, SRI LANKA:

« Radio Pakistan - Islamabad, PAKISTAN | トップページ | Radio Vaticana - Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31