フォト
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

Radio Habana Cuba - La Habana, CUBA

本日はHadzukiの誕生日にして、我が家の結婚記念日です♪

年2回のペースでRepしているキューバのRadio Habana Cubaより、今年最初のQSLが届きました。
これまでに何枚か発行頂いていた横長タイプのカードですが、本Blog初お目見えですので掲載します。
ただし、1月21日受信分については周波数の記載が9,580kHzとなっており、誤記です。

いつものように、QSL発送時にはHead of Correspondence Dept.のRosario Lafita Fernández氏から電子メールによるQSL発送連絡をいただいていました。細やかな心遣いに、いつも感謝です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120021
Date:January 21, 2012
Time:22:16 - 22:50
Freq:9,850 kHz
TxLocation:La Habana, CUBA
SINPO:54333~24322
Language:Spanish
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A&E212A, QSL)

#Rep.20120044
Date:February 20, 2012
Time:22:25 - 22:55
Freq:13,780 kHz
TxLocation:La Habana, CUBA
SINPO:35333~24332
Language:Spanish
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A&E173A, QSL)

20120021_qsl_dsgn 20120021_qsl_data_2 20120044_qsl_dsgn_2 20120044_qsl_data_2

2012年8月21日 (火)

Radio New Zealand International - Rangitaiki, NEW ZEALAND

RNZIから今年3回目のQSL到着です。
デザインは色々なものでラジオを作るシリーズの1枚のようで、毛糸編みの品々で作った暖かそうなラジオです。
初夏の昼過ぎの19mb。数年前までは国内放送並みにガッツリと入感していた周波数&時間帯ですが、
このところ元気がない印象ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.2012144
Date:May 27, 2012
Time:13:02 - 13:58
Freq:15,720 kHz
TxLocation:Rangitaiki, NEW ZEALAND
SINPO:44333~34333
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A75A, QSL&手書き礼状&パンフレット)

20120144_qsl_dsgn 20120144_qsl_data

Voice of Russia - Irkusk/Petropavlovsk-Kamchatskiy, RUSSIA

4月末Repに先を越されていましたが、「ロシアの声」から3月末のRepに対する今年4度目のQSL到着です。
このIrkusk送信の周波数は、その後もあまり聞いたことがありません。ログを見返すと、
信号は強力なるも7,230kHzの中国局からのサイドがかなり気になったようです。
最近のVORの日本語放送は、この傾向hが強い印象を持っています。
また、5月のRepに対するQSLも同封されていました。

日本語課からの礼状では、この放送で取り上げられた岡田嘉子さんとレービン元日本語課長さんへのインタビューに関する私のコメントを7月の放送で紹介して頂けたようです。
これも残念ながら聞き逃しましたが、感謝です。
QSLデザインは「人類初の有人宇宙飛行から50周年」シリーズから2枚。
どちらも、個人的には初めて頂くデザインです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120101
Date:March 29, 2012
Time:21:17 - 21:58
Freq:7,235 kHz
TxLocation:Irkusk, RUSSIA
SINPO:53433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A132A, QSL&礼状&A12番組表/スケジュール)

#Rep.20120148
Date:May 27, 2012
Time:21:31 - 21:58
Freq:7,340 kHz
TxLocation:Petropavlovsk-Kamchatskiy, RUSSIA
SINPO:53433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A77A, QSL)

20120101_qsl_dsgn 20120101_qsl_data

20120148_qsl_dsgn 20120148_qsl_data

2012年8月13日 (月)

Radio Netherlands Worldwide - Talata Volonondry, MADAGASCAR

今年5月10日から11日にオランダ語放送最期の24hrsマラソン放送を行ったRNW。
6月29日の放送を以って、短波放送は廃止となりました。
(ほんの一部。Bonaire送信の「La Matinal」というスペイン語番組が残っている生きているようですが・・・)

この記念放送のRepはオランダ本国とマダガスカル送信所の双方に送っていました。
オランダ本国からは、6月29日(奇しくも短波放送終了と同じ日)に記念QSLが届いていました。(6月29日の記事参照
1か月ちょっと遅れて、マダガスカル送信所からもQSLが届きました。
こちらはいつも通りの記載で、とくに特別放送であったことの記載はありませんでしたが、このQSLもとても良い記念です。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120134
Date:May 11, 2012
Time:20:54 - 21:54
Freq:21,485 kHz
TxLocation:Talata Volonondry, MADAGASCAR
SINPO:34433 ~ 54444
Language:Dutch
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2+MP3-A82A, QSL)

20120134_qsl_dsgn 20120134_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
マダガスカル送信所からの封筒には、3種類の切手が綺麗に貼ってありました。そのうち2種が初見でしたので、紹介します。
(左)「Asteropeia amblyocarpa」(Asteropeiaceae科らしい?)の500アリアリ切手
(右)「Pentachlaena latifolia」(アオイ目サルコラエナ科)200アリアリ切手

20120134_stamp1 20120134_stamp2

2012年8月 7日 (火)

Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA

Voice of Mongoliaの英語課から、初めてのQSLを頂きました。
受信したのは深夜0:30からの12015kHzですが、この時は0時からの日本語放送と同様に、
当地では同波のVoice of Korea局(ロシア語放送)と猛烈な混信をまねいました。
Repの中で、この混信状態について少し詳しく報告を行ったところ、
QSLに添えられてきた手紙の中で、その報告に対する感謝の意が丁寧に書かれていました。
また、VOMからの返信は国際書留で来ることが多いですが、これも何か理由があるのでしょうか。

QSLデザインは、砂漠の国のキャラバンを思わせる風景ですね。
また封筒に印刷されているちょっと不思議な動物、なんだろうと調べてみたら
「moschus moschiferus」とはジャコウジカのことのようです。
にょっきり生えた牙が、独特ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120179
Date:June 30, 2012
Time:0:30 - 0:59
Freq:12,015 kHz
TxLocation:Ulaanbaatar, MONGOLIA
SINPO:42432 - 32422
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A21A書留, QSL)

20120174_qsl_dsgn 20120174_qsl_data

20120174_envelope

2012年8月 6日 (月)

Radio Free Asia - Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS

RFAの今年4番目のQSLデザイン。RFA #46が届きました。
現在佳境に入っているロンドンオリンピックの記念デザインですね。
いつものRFAパンダのバリエーションになっています。

今年初めにMandarin放送のQSLを頂いて、全言語の放送に対するQSLを頂いたと
思っていたのですが、どうやらこのUyghur放送が漏れていたようです。
これで本当に全言語QSLが揃いました。
このUyghur放送も、かなり中国語放送の強いジャミングを受けていました。
このあたりが、RFAがパンダに英国近衛兵の帽子をかぶられた理由なのでしょうね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120190
Date:July 30, 2012
Time:10:30-10:57
Freq:11,810 kHz
TxLocation:Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS
Language:Uyghur
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H6A, QSL)

20120190_qsl_dsgn 20120190_qsl_data


2012年8月 4日 (土)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

Radio Romania Int'lの英語課から6月デザインのQSLが届きました。
このRadio Romania Int'lもついに短波撤退の波に呑まれそうですね、残念です。
日本語放送以外の海外短波放送で、明確に「日本向け」と謳って英語放送している稀有な放送局。
なんとか継続いただきたいものですが・・・
そう思うと、毎回手書きで記入してくれる「Your June report is the 6th in your 3rd year of Club Membership」
の記述がどこまで続けられるのか、なんとか頑張ってRepしよう~

QSLデザインは「Orchard homestead in Moeciu」。
相変わらず、このQSLシリーズに取り上げられておる建造物については、ネット上でもこのQSL以外に
情報が極端に少ないです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.2012064
Date:June 24, 2012
Time:7:00-7:56
Freq:11,940 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:44444~34333
Language:English
Program:Radio Newsreel,World of Culture,RRI Encyclopaedia,Cooking Show,Roots,DX Mailbag
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A39A, QSL)

20120164_qsl_dsgn 20120164_qsl_data

HCJB Global Voice Australia - Kununurra, AUSTRALIA

HCJB Global Voiceの日本語放送から6月と7月のRepに対する各QSLが届きました。
最近通常化してきる「2か月分まとめて」パターンです。

6月のQSLデザインは「ヴィオラ」。
ヴィオラ奏者松田さんのインタビューは、とても興味深く、かつ楽しいものでした。
で、HCJB日本語放送のホームページに掲載されたこのQSLデザインにつけられたタイトルも
「ヴィオラ」なのでしょう。
どう見ても、写っている楽器は「ギター」ですが・・・

7月のQSLデザインは「JSWC60周年記念」。
この日の放送は6月に引き続き、ヴィオラ奏者松田さんのインタビューでした。
JSWC60周年記念番組については、7月14日の受信Rep(E-mail)に対して、たった4時間で
JSWCさんより記念QSLを頂いています。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120160
Date:June 16, 2012
Time:07:30-07:59
Freq:15,525 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
SINPO:54433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\80*2-J42J, QSL&ProgramNote)

#Rep.20120183
Date:July 7, 2012
Time:07:30-07:59
Freq:15,525 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
SINPO:45333
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\80*2-J22J, QSL&ProgramNote)

20120160_qsl_dd 20120183_qsl_dd

2012年8月 1日 (水)

Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA

『モンゴルの声』日本語課から今年6枚目のQSLを頂きました。

受信したのは深夜0時からの12015kHzですが、当地では同波12015kHzで同時刻に
朝鮮民主主義人民共和国のVoice of Korea局(ロシア語放送)と猛烈な混信をまねいました。
VOK局が音楽を流している間は「モンゴルの声」はほとんど了解できませんでした。
かなり悲惨な受信状況でしたが、改善されたでしょうか・・・最近は忙しくてチェックできていません。
この回の音楽番組は私の好きなアウリナーさんの特集だったので、とくに残念でした。

QSLデザインは、如何にも大陸的な草原の国の風景で、
日本ではなかなかお目にかかれない「だだっ広さ」ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120186
Date:July 7, 2012
Time:23:59-24:29
Freq:12,015 kHz
TxLocation:Ulaanbaatar, MONGOLIA
SINPO:42442
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*1-A22A, QSL)

20120186_qsl_dsgn 20120186_qsl_data

」・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回の切手はシンプルな1000トゥグルク切手です。拡大してよく見ると、肖像の右側に小さく「CHINGGIS KHAN 1162-1227」と記載がありました。

20120186_stamp

Radio Vaticana - Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY

Radio Vaticanaから7月のRepに対するQSLが届きました。
デザインはPalazzo Pioの受胎告知教会(the Chapel of the Annunciation)で、2008年4月に
ノボシビルスク近郊のオヤシュ(Oyash)送信の中国語放送へのRepに対するQSLでも
頂いているデザインです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120182
Date:July 7, 2012
Time:7:00-7:42
Freq:12,035 kHz
TxLocation:Sainta Maria di Galeria, VATICAN CITY
SINPO:34433
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A23A, QSL)

20120182_qsl_dsgn 20120182_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
このステッカーは「定番」ですね。

20120182_sticker

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31