フォト
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

Voice of Vietnamから「5年賞」届く

「ベトナムの声」から5年賞の特別ベリと記念の楯が届きました。
昨年はBCL再開4年目でしたので2008年~2010年の3年分で「3年賞」を頂きました。
VOVのお知らせでは「昨年3年賞を獲得した方は、来年5年賞へ挑戦してください」との告知が
ありましたので、念のため今年5年賞に応募してよいかメールで確認したところ、
すぐに「応募OK」のお返事を頂けたので、応募していました。
昨年の「3年賞」は現代的なガラスの楯でしたが、今年は木製枠にブロンズメダルをはめ込んだ
ちょっと古風な楯になりましたね。

今後も10年と応募できるように、VOV日本語放送が継続してくれることを願うばかりです。

G20120014_certification G20120014_shield

2012年9月29日 (土)

Radio Free Asia - Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS

RFAの今年5番目のQSLデザイン。RFA #47が届きました。
今年も着ました、ハムフェアの期間限定QSL。2012年8月25日~8月26日の受信に対して発行された
2012年ハムフェアの開催期間限定QSLです。
今年のデザインは、2012年ロンドンオリンピックと日本短波クラブ(JSWC)60周年記念の
合わせ技ですね。
金英一画伯の最期のデザインによるイラストの前に立つと、いつものRFAパンダも
なんだが一層可愛く見えてしまいます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120202
Date:August 25, 2012
Time:10:00-10:27
Freq:17,640 kHz
TxLocation:Tinian, NORTHERN MARIANA ISLANDS
Language:Uyghur
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H33A, QSL)

20120202_qsl_dsgn 20120202_qsl_data

2012年9月13日 (木)

VOA - Voice of America - Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE

西アフリカのギニア湾奥に浮かぶ小さな島国、サントメ・プリンシペ民主共和国。
ここのサントメ島にあるIBB Sao Tome Transmitting Stationから3度目のQSLが届きました。
日本時間で早朝のVOAフランス語放送のRepに対するQSLです。
QSLデザインは諸兄のBlogで拝見したことはありましたが、Hadzukiとしては初見のヤシ越しの送信アンテナ群の遠景です。
島のサイズを考えると、相当大規模な送信施設であることが見て取れますね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120151
Date:May 30, 2012
Time:6:02 - 6:30
Freq:9,590 kHz
TxLocation:Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE
SINPO:35433~24322
Language:French
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1&$US*1-A&E86A, QSL)

20120151_qsl_dsgn 20120151_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回の封書は、はじめてIBB特有のオレンジ色の封筒でした。そして封筒には今回も綺麗なサントメ・プリンシペの切手が貼ってあったのでご紹介します。

20120151_stamp1 20120151_stamp2 20120151_stamp3

2012年9月11日 (火)

Voice of Russia - Petropavlovsk-Kamchatskiy, RUSSIA

先月に続いて「ロシアの声」から6月のRepに対する今年5度目のQSL到着です。
この日の番組「文化の世界」では、ちょうど私と同じ世代のロシア人が愛する歌、が特集されたようで、
とても興味深かったですね。
私の世代では、ちょうど学生時代から就職にかけて、チェルノブイリ原発事故、グラスノスチ、
そしてソ連崩壊を目の当たりにしてきた世代です。
その時の同世代が、あの状況でどんな歌を愛していたのか、とても興味をそそられました。
個人的にはプガチョワさんの「レニングラード」が入っていて、とてもうれしく思いました。

日本語課からの礼状では、この番組に関する私のコメントを8月の放送で紹介して頂けたようです。
いつもながら、これも残念ながら聞き逃しました。でも、感謝です。

QSLデザインは「人類初の有人宇宙飛行から50周年」シリーズから3月に頂いたものと同じデザインでしたので、
データ面をメインに紹介します。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120171
Date:June 28, 2012
Time:22:01 - 22:58
Freq:7,340 kHz
TxLocation:Petropavlovsk-Kamchatskiy, RUSSIA
SINPO:53433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A62A, QSL&礼状&A12番組表/スケジュール)

20120171_qsl_data 20120171_qsl_dsgn

2012年9月 8日 (土)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

Radio Romania Int'lの英語課から7月デザインのQSLが届きました。
この日の日本向け英語放送、25mbは、信号強度の減衰が激しかったですね。

QSLデザインは「Earth house in Castranova-Putri, Doli County」。
相変わらず、このQSLシリーズに取り上げられておる建造物については、ネット上でもこのQSL以外に
情報が極端に少ないです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120179
Date:July 15, 2012
Time:7:07-7:55
Freq:11,940 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
SINPO:54433~24321
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A53A, QSL)

20120179_qsl_dsgn 20120179_qsl_data

2012年9月 3日 (月)

HCJB Global Voice, La voz de los Andes - Santiago, CHILE

南米チリのSantiago送信によるHCJB Global Voice, La voz de los Andes。
昨年の9月Repに対するQSLが、エクアドルのQuitoより、1年近くかけて届きました。
チリ送信のQSLはBCL再開後、初Getです。
ポルトガル語放送を聴いて、スペイン語でRepを送付。なんとか通じたようですが、QSLデータ面が英語表記なので、英語Repでもイケたのか?と思ってしまいます。
南米からの「HCJB アンデスの声」のQSLは、果たして何年ぶりでしょうか・・・

QSLデザインは、ご夫婦でしょうか。なんともいい感じです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20110271
Date:September 27, 2011
Time:8:00 - 8:30
Freq:11,920 kHz
TxLocation:Santiago, CHILE
SINPO:24332
Language:Portuguese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1+$US*1-A332A, QSL)

20110271_qsl_dsgn 20110271_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
エクアドルからの封筒には、とても可愛いカエルの切手が貼ってありましたので、ご紹介します。
ちなみに、エクアドルの通貨がドルであることを、Hadzukiはこの切手を見て、初めて知りました。

20110271_qsl_stamp1 20110271_qsl_stamp2 20110271_qsl_stamp3

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31