フォト
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

HCJB Global Voice Australia - Kununurra, AUSTRALIA

先日2012年の最後のQSLを受け取ったばかりですが、2013年の最初のQSLも届きました。

今年の最初のQSLデザインは往年の名器、真空管14球の「DREAK R-4」。
このようなヴィンテージ品がオークションで取引されています。
その操作感や音質など、この手で実感したいと常々思ってはいるのですが、
なにせ自身に修理の技術がないもので、手にしても維持できないな・・・と
指をくわえております。(時間ができたら、その辺の技術を習得したいです)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130012
Date:January 12, 2013
Time:07:30-07:59
Freq:15,525 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\80*2-J15J, QSL&ProgramNote)
QTH:
  〒169-0073
  東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係
   (返信用として、80円切手を2枚同封のこと)

20130012_qsl_dd


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年1月27日 (日)

Bangladesh DX Report 7th year anniversary on AWR Wavescan via KSDA - Agat, GUAM

いつものように流し見ていたBCL関連ブログ・・・
その中でふと目に留まった「BCLNEWS - il radioascolto in Italia」での1月18日の記事
“Bangladesh DX Report 7th year anniversary special program”
Dear listeners and radio hobbyist please listen to the 7th year anniversary edition of Bangladesh DX Report on Wavescan via AWR and WRMI on 20 January 2013, Sunday. Printed and eQSLs will be issued for correct reception reports.

有名なDX番組「Wavescan」は、これまでにJSWC担当の日に何度か聞いていましたが、
概してあまり聴いてこなかったので、ここはひとつバングラデシュのDXクラブの情報を
聴いてみようと思い、1月21日朝7:30からのAWR via KSDAを聴いてみました。
番組内容はBagladesh Betarの情報(アンテナや放送言語)と、DX情報がいくつか、
時間にして7分ほどでした。
その部分をE-mailと郵送でRepしてみましたが、E-mailのRepに対して、さっそくNo.053のQSLが届きました。
Bangladesh DX Reportの7周年記念QSLで、なかなか洒落たデザインです。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130017
Date:January 21, 2013
Time:07:44-07:51
Freq:15,320 kHz
TxLocation:Agat, GUAM
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E5E, eQSL)
QTH:
  [Rep by E-mail]
  dxbangla@gmail.com
  [Rep by Airmail]
  Bangladesh DX Report, C/O Salahuddin Dolar,
  Vill+P.O. Chaumahani, P.S. Motihar, Rajshahi-6000, Bangladesh
   (IRC*1 または US$*1 を同封のこと)

20130017_eqsl_dd_2


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村


2013年1月26日 (土)

HCJB Global Voice Australia - Kununurra, AUSTRALIA

HCJB Global Voiceの日本語放送から昨年12月のRepに対するQSLが届きました。
このQSL到着で、2012年のHCJB日本語放送も毎月のRep送付とQSL獲得を完遂できました。

12月のQSLデザインは「ワールドフェスタヨコハマ2012」(エクアドル共和国)。
このお祭りは横浜・山下公園で1995年頃から、毎年秋に行われている恒例イベントです。
欧米やご近所のほか、スーダンやガーナなど、普段あまり触れることのできないレア(?)な
お国も参加していて、民芸品やグルメを楽しめます。
2012年は10月6日~7日に行われました。横浜在住の私も、偶然、通りかかりました。
http://www.yokohama-cci.or.jp/worldfesta/2010/worldfesta.pdf
Worldfestayokohama


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120248
Date:December 15, 2012
Time:07:30-07:59
Freq:15,525 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\80*2-J38J, QSL&ProgramNote)
QTH:
  〒169-0073
  東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係
   (返信用として、80円切手を2枚同封のこと)


20120248_qsl_dd

2013年1月22日 (火)

Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

再登場! 跳ねるアオザイ女子高生軍団!
「ベトナムの声」日本語課より2013年受信Repに対する最初のQSLが届きました。

QSLデザインは、昨年7月にも頂いた、ハノイ市内にあるアムステルダム高校の
オネェちゃんたちの元気いっぱいの姿です。
返信はEメールでRepしてから9日、迅速です。

受信状態は良好でしたが、「いつもよりも変調が浅く感じた」とログにメモ書きがありました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130010
Date:January 9, 2013
Time:20:00 ~ 20:27
Freq:12,020 kHz
TxLocation:Son Tay, VIETNAM
SINPO:55433
Language:Japanese
Program: ニュース、2012年のベトナムにおける対外活動について、越日国交樹立40周年、ラジオツアーガイド
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E9A, QSL)
QTH: japanese@vov.org.vn

20130010_qsl_dsgn 20130010_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回の返信封筒に貼っていただいた切手は、2008年のBCL復帰以来、VOVからの切手で「もっとも地味」な切手と思われます。ただし、これ1枚で10500ベトナムドン。いつもは3~4枚の切手で10500ドンになっているので、切手は地味でも実力十分、といったところでしょうか(笑)

20130010_stamp

切手図案にちょっと興味を持って、ネット上で少し調べてみました。
ベトナム中部クアンナム省の都市ホイアンにある歴史遺跡、来遠橋(Lai Vien Kieu)。別名、日本橋(Cau Nhat Ban)だそうです。1593年に日本人によって架けられたと伝わる屋根付き橋ですが、実際には17世紀ころの建造ではないかと言われているそうです。
この橋の詳しい説明をしているブログを見つけましたので、紹介します。
愛のベトナム支援隊

2013年1月15日 (火)

Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

「ベトナムの声」日本語課より昨年大晦日受信のE-Repに対するQSLが届きました。
今年も返信は迅速です。
QSLデザインは、QSL-Folder(見開き)タイプで私的には初見「家長はボクだ」。
記載によると撮影は「小松みゆきさん」とのこと。

詳しいことは存じ上げませんが、VOV5日本語のHPに、日本語課スタッフの一員として
「専門家」の役職で紹介されています。
「ベトナムの声」日本語課に日本人スタッフが在籍していることは、
このHPを拝見するまで知りませんでした。

昨年暮れあたり、「ベトナムの声」日本語放送の朝の再放送は、我が家では受信状態が
非常に悪かったですが、年明けで改善されたでしょうか・・・まだ未チェックです。
大晦日の朝も、12020kHzは放送開始直後にかすかに聞こえたように感じましたが
放送内容の確認には程遠く、9840kHzはまったく確認できませんでした。
反対に夜20時の受信状態は大変好調でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120257
Date:December 31, 2012
Time:20:00 ~ 20:27
Freq:12,020 kHz
TxLocation:Son Tay, VIETNAM
SINPO:55444
Language:Japanese
Program: ニュース、VOV5が選んだ2012年海外の10大ニュース、ベトナム紹介
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E15A, QSL)
QTH:
      japanese@vov.org.vn

20120257_qsl_dsgn 20120257_qsl_data

Radio Thailand World Service - Udon Thani, THAILAND

昨年12月に送ったIBB Udon Thani送信所 - Radio Thailand World ServiceへのB12最初のRepに対して
QSL到着です。
QSLデザインは昨年3月に頂いたものと同じですので、データ面をメインに掲載します。

そういえば、昨年3月のQSLは、IBB Udon Thani送信所へRepし、Radio Thailand本局から完全QSLが届いて、
とても驚きました。
私がBCL復活した2008年以降、Radio Thailand本局からの返信はあまり聞かなかったからです。
当時タイを襲っていた大洪水の影響だったのでしょうか。
Radio Thailand本局からのQSLには、IBB Udon Thani送信所スタッフの記載とは趣きの異なった、
タイ文字風の手書きアルファベットが書き込まれていて、とても美しいQSLでした。

今年は再び、Radio Thailand本局へのRepや手紙を送ってみようかと思っています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120250
Date:December 15, 2012
Time:09:00 ~ 09:29
Freq:13,745 kHz
TxLocation:Udon Thani, THAILAND
SINPO:54444 ~ 44333
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*1-A24A, QSL&$US*1返却)
QTH:
      IBB Thailand Transmitting Station
      P.O.Box 99, Amphur Muang,
      Udon Thani, 41000 Thailand.

20120250_qsl_data 20120250_qsl_dsgn

2013年1月12日 (土)

Glas Hrvatske - Kranji, SINGAPORE

クロアチアのVoice of Croatia (Glas Hrvatske) からQSLが届きました。
赤林OMの月刊短波2012年12月号(第7版)で『Voice of Croatia 12月31日で短波放送廃止』の報を知り、
大晦日の夕方のシンガポール中継を聞いてRepしました。
HRTのホームページにも、以下のような告知が出ていました。
Hp_notice_20121226_2

日本ではあまり聴く機会のないクロアチアPopがたくさん流れるので、かなりお気に入りだったのですが、
また1つ短波放送のともしびが消えました。残念です。

Repは航空便とEメールの双方で送ってみました。この返信の速さからみると、EメールのRepに対して
迅速にQSL発行していただけたようです。深謝。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120255
Date:December 31, 2012
Time:16:57-17:41
Freq:17,860 kHz
TxLocation:Kranji, SINGAPORE
SINPO:35333
Language:Croatian
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A&E11A, QSL)
QTH:
      hrt@hrt.hr

      Glas Hrvatske (Voice of Croatia),
      Prisavlje 3, HR-10000 Zagreb,
      CROATIA.

20120255_qsl_dd


Radio Vaticana - Tinang, PHILIPPINES

2013年の3通目のQSLも、バチカンでした。
今回はB12スケジュールで初めての中国語課へのRepに対するQSLです。
この朝の放送はフィリピンのTinangからの送信のようですが、送信地の近さの割にガッツリした入感ではなかったです。
Radio VaticanaのHPでビームのアジマスを見たところ、フィリピンから中国向けということで、
微妙に日本から外れているようですね。(以下、Radio VaticanaのHPから借用)

Rebroadcasting

ビームの方向だけを見ると、ロシアのIrkutsk送信がマッチしているようですが、
残念ながらまだ聞いたことがありません。
0:30からの中国語放送(6,020kHz)がこれに該当するようですので、今度聞いてみたいと思いますが、
なんか同波/同時刻にRadio AustraliaのShepparton送信がアジマス30度で出ているようです。
果たして、どんな状況でしょうか・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120232
Date:November 10, 2012
Time:7:00 ~ 7:29
Freq:9,600 kHz
TxLocation:Tinang, PHILIPPINES
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A62A, QSL&ステッカー&中国語の局HPパンフレット)
QTH:
      Moderator of the Chinese Section,
      Vatican Radio,
      00120 Città del Vaticano,
      Vatican City State

20120232_qsl_dsgn 20120232_qsl_data

2013年1月 3日 (木)

Radio Vaticana - Palauig-Zambales, PHILIPPINES

2013年の2通目のQSLは、バチカンでした。
B12スケジュールでは北東アジア、東南アジア向けSainta Maria di Galeria送信がなくなってしまったようで
寂しい限りです。
QSL図案は、ドイツ・ラール空港に降り立つベネディクト16世と紺碧の空を大胆にあしらった斬新なデザインが素敵です。
ヒンズー語とタミール語の放送ということで、Repの送付先はRadio VaticanaのUfficio Promozioneに
してみました。Ufficio PromozioneへのRepでは、これまでRepしていた中国語課宛てに送った場合よりも
返信の所要日数がかかるようです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120204
Date:September 23, 2012
Time:10:59 - 11:39
Freq:15,460 kHz
TxLocation:Palauig-Zambales, PHILIPPINES
Language:Hindi, Tamil
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A86A, QSL&局パンフレット&局絵葉書)
QTH:
      Radio Vaticana, Ufficio Promozione,
      00120 Citta del Vaticano

20120204_qsl_dsgn 20120204_qsl_data


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
昨年1月にも頂いたカラー版の局パンフレットを、再び頂きました。
前回はSainta Maria di Galeria送信所のイラストを紹介しましたので、今回はバチカン市国のイラストページと、オーディオ編集するEmanuela Campanileさんのモナ・リザのような微笑みが印象深い「Computer technology」というページを紹介します。

20120204_pamphlet1 20120204_pamphlet2 20120204_pamphlet3

2013年1月 2日 (水)

Voice of Turkeyからの贈り物

Hadzukiのお気に入り局の1つ、トルコのVoice of Turkeyから、QSLとは非同期に贈り物が届きました。
錦糸の刺繍が鮮やかな、局ロゴ入りの小物入れ(またはお財布?)と、コースターが届きました。
写真でもお分かりと思いますが、たいへん美しい仕上がりです。
最近エスニック系ダンスに入れ込んでいる妻に見せたところ
「ダンス用のアクセサリー入れにぴったり!」とのことで、
即日交付で所有宣言が出ました(笑)

G20130001_purse1 G20130001_purse2


G20130001_coaster

2013年1月 1日 (火)

Radio Taiwan International - Paochung, TAIWAN

2013年巳年最初のQSL到着は、元日に届いたRTI英語課からのQSL到着でした。
今回もペナント、2013年卓上カレンダー、局絵葉書などを同封していただき、感謝です。
昨年は年初から秋口まで、RTI英語課へのRepをサボっていたので、今回届いたQSLを含めて
4枚のQSL取得に留まってしまいました。
それでも英語課さんはスタッフさんにも余裕があるのか、返信が迅速でありがたいです。
日本語課さんはなかなかQSLまでは手が回っていないようですね。2012年も7通のRepをお送りしましたが
返信0でした。(それでも2013年もマメにRepとお便りを出していきたいと思います)

それにしても、RTIのQSLデザインをコンプリートすることは毎年年初の目標なのですが、未だ叶わず、です。
2013年も懲りずに、挑戦してみるつもりですが。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120243
Date:December 9, 2012
Time:12:17 - 13:00
Freq:15,320 kHz
TxLocation:Paochung, TAIWAN
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E15A, QSL&ペナント&冊子(TaipeiCalling)&2013年カレンダー)
QTH: rti@rti.org.tw

20120243_qsl_dsgn 20120243_qsl_data


2013年 謹賀新年

2013_redsnake_come_on


新年あけましておめでとうございます。
今年も年賀状は「かつてのBCL少女」であり現在猫大好き漫画家のわが妻の年賀状を拝借しました。

最近はノイズフロアが高い受信環境ですので、かすかな入感のDXingは難しく、
珍局狙い(これはこれで楽しいのですが)よりも、これと決めた局に継続的な受信報告をしていく
アプローチをしています。
しかし昨年は夏以降、本業が忙しくて、なかなかラジオの前に座っていられず、2012年の年初の目標には
遠く及びませんでした。
しかし、この短波離れの潮流のなか、継続的なRepはきっと「力」になるだろう、と信じて
今年も同様に30局程度をチョイスし、「継続は力なり」的なRepをしていこうと思っています。

2013年巳年の今年もよろしくお願い申し上げます。

# 昨年、当Blogに掲載したQSLに関して、Repの送付先について複数回にわたって
# 問い合わせを頂きました。自分自身の整理のことも考えて、今年から
# QSL掲載時のデータとして、Repの送付先を「:QTH」として記載することしました。
# QSLにご興味のある方にご利用いただければ幸いです。

Hadzuki

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31