フォト
無料ブログはココログ

« Radio Vaticana - Palauig-Zambales, PHILIPPINES | トップページ | Glas Hrvatske - Kranji, SINGAPORE »

2013年1月12日 (土)

Radio Vaticana - Tinang, PHILIPPINES

2013年の3通目のQSLも、バチカンでした。
今回はB12スケジュールで初めての中国語課へのRepに対するQSLです。
この朝の放送はフィリピンのTinangからの送信のようですが、送信地の近さの割にガッツリした入感ではなかったです。
Radio VaticanaのHPでビームのアジマスを見たところ、フィリピンから中国向けということで、
微妙に日本から外れているようですね。(以下、Radio VaticanaのHPから借用)

Rebroadcasting

ビームの方向だけを見ると、ロシアのIrkutsk送信がマッチしているようですが、
残念ながらまだ聞いたことがありません。
0:30からの中国語放送(6,020kHz)がこれに該当するようですので、今度聞いてみたいと思いますが、
なんか同波/同時刻にRadio AustraliaのShepparton送信がアジマス30度で出ているようです。
果たして、どんな状況でしょうか・・・

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120232
Date:November 10, 2012
Time:7:00 ~ 7:29
Freq:9,600 kHz
TxLocation:Tinang, PHILIPPINES
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A62A, QSL&ステッカー&中国語の局HPパンフレット)
QTH:
      Moderator of the Chinese Section,
      Vatican Radio,
      00120 Città del Vaticano,
      Vatican City State

20120232_qsl_dsgn 20120232_qsl_data

« Radio Vaticana - Palauig-Zambales, PHILIPPINES | トップページ | Glas Hrvatske - Kranji, SINGAPORE »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Radio Vaticana - Tinang, PHILIPPINES:

« Radio Vaticana - Palauig-Zambales, PHILIPPINES | トップページ | Glas Hrvatske - Kranji, SINGAPORE »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31