フォト
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

TWR-Asia Japanese DRM Test Secound-round via KTWR - Merizo, GUAM

6月実施されたTWR-Asiaの日本語DRM試験放送の第2ラウンドのQSLが、グアムのKTWR局から頂きました。
2日間の放送に対してRepしたところ、それぞれにQSLを発行していただけました。

とくに1日目(6/14)のRepに対するQSLカードは、たいへんに懐かしいカードです。
私の記憶もあいまいなので間違っているかもしれませんが、
1977年、私がまだBCLをはじめて数年の中学生のころ、KTWR太平洋の声が開始された当時、
ICF-5800で受信して送ったRepに対して届いたベリカードが、これだったような気がします。
今回届いたカードも、全体が黄ばんでいて年月を感じさせるカードです。

また、同封されていたKathy Gregowskeさんからの手紙では、2日分の受信日時と周波数、今回の試験放送第2ラウンドの送信が、新しいThomson Transmitterから行われたことなどが記載されており、この手紙自体が立派なQSLレターとなっていました。細やかなお心遣いに、本当に感謝です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130103
Date:June 14, 2013
Time:21:28-21:58
Freq:12,040 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
DRM demodulation rate: 100%!
Language:Japanese
(HIMALAYA DRM2009+SONY AN-12)

20130103_qsl_dsgn 20130103_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130104
Date:June 15, 2013
Time:21:29-21:58
Freq:12,040 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
DRM demodulation rate: 70%!
Language:Japanese
(HIMALAYA DRM2009+SONY AN-12)

20130104_qsl_dsgn 20130104_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
($US*2+MP3-A12A, Two QSLs&礼状&A13スケジュール表)
Trans World Radio Guam, P.O. Box 8780, Agat, Guam 96928, USA.


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

J-WAVE(JOAV-FM) - 墨田区押上, 東京, JAPAN

東京スカイツリーから放送している県域FM局「J-WAVE」から、5年ぶり2度目のQSLを頂きました。
QSLデザインは「開局25周年記念」ですね。そう言えば、先日QSLを頂いた埼玉の「NACK5」も25周年。
昭和63年は、そういう年だったんですね。
受信データはこちらから添付したデータシールを使っていますが、しっかりと受領確認印を捺印していただけました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130089
Date:June 1, 2013
Time:9:30-10:36
Freq:81.3 MHz
Call Sign:JOAV-FM
TxLocation:Sumida-ku, Tokyo, JAPAN
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(〒80*1-J7J,QSL&タイムテーブル)
QTH: 〒106-6133 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー33階 J-WAVE 技術部 受信報告書係

20130089_qsl_dsgn 20130089_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

NHK横浜FM放送(JOGP-FM)- 横浜市磯子区氷取沢町(円海山), 神奈川, JAPAN

地元・神奈川県横浜市のNHK横浜放送局から、QSLを頂きました。
この受信も検査入院中ですが、病室内で内臓ロッドアンテナでも「そこそこ」の感度があり、番組を楽しむには十分な受信状態でした。ただし、NHK横浜局を横浜市内で受信したと考えると、やはり信号強度が弱いと感じました。NHK東京局やTOKYO-FMなどの入感信号強度が強いことを考えると、一概に建物の電波遮蔽度ばかりが原因ではではないようです。ちなみに、同じく横浜市内から放送しているFMヨコハマも同様に、いまひとつ信号強度が上がっていません。
近すぎることによるスキップのような現象が発生しているのでしょうか、電波は不思議です。

さて、QSLデザインは港ヨコハマらしく、水兵さん姿のななみちゃんです。受信データに残念ながら受信周波数がありませんが、技術部の印がしっかり捺印された立派なQSLカードです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130090
Date:June 1, 2013
Time:11:50-12:30
Freq:81.9 MHz
Call Sign:JOGP-FM
TxLocation:Ishogo-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(〒80*1-J4J,QSL&礼状&局シール&番宣はがき)
QTH: 〒231-8324 横浜市中区山下町281番地 NHK横浜放送局

20130090_qsl_data 20130090_qsl_dsgn

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
横浜バージョン。マドロス姿のどーもくんと、水兵さん姿のななみちゃんのシールなどを頂きました。

20130090_sticker

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月29日 (土)

放送大学学園東京エフエム放送(JOUD-FM) - 港区, 東京, JAPAN

放送大学からQSLを頂きました。受信データはこちらから添付したデータシールそのままで、残念ながら署名捺印はありません。

先だっての検査入院で日中にはよくFM放送を聞いていましたが、普通の番組を飽きたころに、ちょっと毛色の変わったところで「放送大学」の講義を聞いてみました。ちょうど「ソフトウェア工学」の講義で、商売柄よく使う状態遷移モデルの解説でした。私のは我流ですので、ちゃんと「工学」の講義として聴くと、なかなか新鮮です。ま、いまさら我流は治りませんが・・・
数年前まで妻が放送大学の学生だったので、妻の卒業論文の発表を聴きに行ったり、卒業式に列席したり、など懐かしく思い出しました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130091
Date:June 1, 2013
Time:12:39-13:11
Freq:77.1 MHz
Call Sign:JOUD-FM
TxLocation:Minato-ku, Tokyo, JAPAN
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(〒80*1-J3J,QSL)
QTH: 〒261-8586 千葉市美浜区若葉2-11 放送大学 放送部 企画管理課

20130091_qsl_dsgn 20130091_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

NHK千葉FM放送(JOMP-FM)- 船橋市三山, 千葉, JAPAN

千葉県のNHK千葉放送局からは、「報告いただきました番組内容は確かに千葉放送局から放送しているものですが、あいにく千葉放送局では受信証を発行しておりませんので、代わりになるものを送付させていただきます」との礼状と局シールを頂きました。
受信確認されていることと、NHK千葉放送局のマスコットキャラ「ラッカ星人」のコスプレ(?)をした「ラッカななみちゃん」の局スタンプ付ですので、このレベルでも不完全ベリとしては結構なレベルだと思います。

この放送は先だっての検査入院の際の、退院日の早朝になんとなく目が覚めてしまって、起床までの時間を日本全国の民謡で過ごさせていただきました。そのときの受信内容をRepした結果です。
入院していた病室が高層であったこと、船橋と横浜間は距離的にも近く、かつ東京湾のエッジを挟んで見通しが比較的良いこと、などに起因してか、病室内で内蔵ロッドアンテナのみでも、十分な信号強度でした。

NHK地方放送局は、かなりの局でオリジナルのマスコットキャラを持っているようなので、それも楽しみです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130101
Date:June 3, 2013
Time:4:53-6:00
Freq:80.7 MHz
Call Sign:JOMP-FM
TxLocation:Funabashi, Chiba, JAPAN
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(〒80*1-J2J,礼状&局シール&番宣はがき)
QTH: 〒260-8610 千葉市中央区千葉港5-1 NHK千葉放送局

20130101_73letter

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
NHK千葉放送局のマスコットキャラ『ラッカ星人』のシールなどを頂きました。

20130101_sticker1 20130101_sticker2


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月27日 (木)

VOV5: Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

「ベトナムの声」日本語課より今年6度目のQSLが届きました。
QSLデザインは『ベトナムの声放送局日本語放送開始50周年記念ベリカード』で、50周年を迎えるにあたっての挨拶文と日本語課スタッフのみなさんの写真の中央に、受信データが記載されています。
デザイン面はベトナムの行政区画地図になっています。

この受信も、検査入院中の病棟でICF-SW7600GRによるものです。病室内ではなく、デイルームという共用休憩所の大きな窓際での受信でしたので、信号強度はそこそこ強かったのですが、12,030kHzのVoice of Russia英語放送と思われる高出力局があり、ここからのサイドが強めに混信していました。
この時は「リクエスト音楽」の時間で、Lê Dungさんの歌う「冬の夜(Đêm đông)」は、昭和歌謡を彷彿とさせ心にしみました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130093
Date:June 1, 2013
Time:20:00 ~ 20:27
Freq:12,020 kHz
TxLocation:Son Tay, VIETNAM
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
SINPO:43433
Language:Japanese
Program: ニュース、第12回シャングリラ対話でのズン首相の基調講演、リクエスト音楽
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(E18A, QSL)
QTH: japanese@vov.org.vn

20130093_qsl_data 20130093_qsl_dsgn

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月26日 (水)

NACK5(JODV-FM)- 比企郡ときがわ町(飯盛峠), 埼玉, JAPAN

埼玉県の県域FM放送局「NACK5」から、5年ぶりにQSLを頂きました。

先月末から今月頭にかけて、1週間ほど横浜市内の病院に検査入院した際に、
SONY ICF-SW7600GRを病室に持ち込んで、検査や回診の合間を見て、首都圏のFM局や
海外短波放送を聴いていたのです。(入院時にラジオを持ち込んだのは、これで2度目^^;)
退院後、メモした受信ログの中でRepできそうなものをいくつか送っていたのですが、
その中の最初の返信が、NACK5でした。

さすがに、5年前とはQSLデザインが変わっていますね。ちょっと懐かしい「ラジカセ」の
イラストで、なかなか洒落ています。黄色で掲げられた「challenge for the future」は
キャッチフレーズでしょうか? この言葉を聞くと、Radio Romania Internationalファンとしては
どうしても、あちらの同名のレギュラー番組を想ってしまいます。
データ面には受信データが記載されています。受信周波数の記載がありませんが、
技術部長さんがしっかりと署名捺印されています。感謝!

さて、病室は高層階の4人部屋で、私のベッドは通路側で窓からは離れていました。
それでも「NACK5」はガンガン入っていましたね。
むしろNHK-FM横浜やFMヨコハマがNACK5より信号が弱かったのが興味深い現象でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130092
Date:June 1, 2013
Time:13:27-14:00
Freq:79.5 MHz
Call Sign:JODV-FM
TxLocation:Tokigawa, Saitama, JAPAN
RxLocation:Minami-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICF-SW7600GR+内蔵ロッドアンテナ)
(〒80*1-J3J,QSL&礼状&開局25周年ステッカー)
QTH: 〒330-8579 埼玉県さいたま市大宮区錦町682-2 JACK大宮 NACK5「受信報告係」

20130092_qsl_dsgn 20130092_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月25日 (火)

KBS World Radio - Gimje, REPUBLIC OF KOREA

KBS World Radio英語課より今年はじめてのQSLが届きました。
今年に入ってか日本語課にRepしていたのですが、第1期は返信が来ませんでした、残念。
今回のQSLデザインは、KBS60周年の公式マスコット、とのことです。
この時間のKBS英語放送は、初めて聴きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130072
Date:May 4, 2013
Time:7:00 - 8:00
Freq:11,810 kHz
TxLocation:Gimje, REPUBLIC OF KOREA
Language:English
(YAESU FRG7700+SONY AN-12)
(A39A, QSL&スケジュール表)
QTH:
  English Section, International Broadcasting, Korea Broadcasting System,
  #18 Yeouido-dong, Yeongdeungpo-gu, Seoul 150-790, Republic of Korea

20130071_qsl_dsgn 20130071_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月23日 (日)

Galei Zahal - Lod, ISRAEL

イスラエル軍放送 Galei Zahal からQSLが届きました。
2008年のBCL復活以降ではイスラエルのQSLは初Getです。
録音したMP3ファイルを添えて、郵送(返信料にUS$1.00同封)とEメールの双方でRepしてみました。

この日の放送は、5月4日の記事「今朝の1局」に書いたもので、このGW中の朝に、かなり良好に入感していました。番組は音楽&トークショーのような、けっこう砕けた番組で、6時半ころからビートルズの「Let It Be」と「Yellow Submarine」のカバー曲なんかが流れました。(英語に直訳すると)「In The Jar」という番組の最終回だったようです。

QSLデザインは、オリーブ色をベースにして、マイクロフォンをアナウンサー風にデザインした、ちょっと面白いイラストです。いつごろから使われているデザインか分かりませんが、少なくとも21世紀に入ってからは、ずっとこのデザインでしょうか。
しっかりとデータ記入されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130069
Date:May 4, 2013
Time:5:53 - 6:42
Freq:15,850 kHz
TxLocation:Lod, ISRAEL
SINPO:45333~25322
Language:Hebrew
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1+MP3-A&E35A, QSL)
QTH:
(E-mail) glz@galatz.co.il
(Airmail)Galei Zahal, Israel Defence Forces, Military Post Office 1005, Zahal, ISRAEL

20120069_qsl_data 20120069_qsl_dsgn

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月22日 (土)

AIR: All India Radio G.O.S. - Bengaluru, INDIA

インドのAll India Radioから立て続けにQSLが到着しています。
今回は昨年5月のRepに対するQSLで、これも1年以上かかっての返信です。
この時もいつものように3日分のRepをまとめて送っていましたが、そのうち2つがConfirm頂けたようです。

今回のQSLデザインはこれまで見たことのない図案で。紙質も良くなっているようです。
もしかすると新しいQSLカードの製作待ちで溜まっていたRepに対して、まとめ処理が走ったのかもしれません。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.ServiceSINPO
20120129May 5, 201208:00-08:5913,605 kHzG.O.S.-I43433~44444
20120130May 12, 201207:58-08:3013,605 kHzG.O.S.-I34433~44444

TxLocation:Bengaluru, INDIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A388A, QSL)
QTH:
  Director (Spectrum Management & Synergy), DIRECTORATE GENERAL, ALL INDIA RADIO,
  Akashvani Bhawan, Sansad Marg, New Delhi-110001, INDIA.

20120130_qsl_dsgn 20120130_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月21日 (金)

今日の1局(15105kHz - Bangladesh Betar )

20090167_qsl15105kHz Bangladesh Betar (English)
21:29~21:59 SINPO=33433~44433。
バングラデシュ国営放送BB-Bangladesh Betar (betarはベンガル語でradioのことらしい)の海外向けサービスです。実はBBの海外向けを聞いたのは今回が初めて。2009年頃に4750kHzの国内向けサービスを何度も聞いて、QSLも発行いただいていましたが、当時海外向けサービスは送信機が不調だったせいもあって、受信できませんでした。今夜は英語放送でのんびりとバングラデシュ音楽を堪能できました。
<Yokohama,Kanagawa,Japan RX=NRD-545,ANT=AN-12(--;)>

VOR: Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA

VOR日本語課から今月2度目のQSLが届きました。今回は3月のRepに対するQSLです。

QSLデザインは、なんと『ロシアの声リスナーズクラブ「日露友の会ペーチカ」との共同製作QSL』のPECHIKA-No.10。
これは2009年ころのQSLシリーズだったでしょうか。
No.1~No.9までは既に発行頂いていたのですが、No.10があったとは知りませんでした。

このQSLシリーズの写真は、当時モスクワ本局でアナウンサーをされていて、
現在は東京特派員でいらっしゃる、いちのへ友里さんによるものですね。
このQSLカードが届いたことをお知らせしたところ、「まだ残っていたなんて!」と驚かれていました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130046
Date:March 23, 2013
Time:22:15 - 22:58
Freq:5,980 kHz
TxLocation:Angarsk, RUSSIA
SINPO:54444
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A79A, QSL&礼状&スケジュール表)
QTH:
  "The Voice of Russia" Japanese section
  25, Pyatnitskaya St., Moscow, 115326, RUSSIA.

20130046_qsl_dsgn 20130046_qsl_data_2


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月20日 (木)

AIR: All India Radio G.O.S. - Bengaluru, INDIA

インドのAll India Radioから昨年4月のRepに対するQSLが届きました。1年以上かかっての久しぶりの返信です。
この時もいつものように3日分のRepをまとめて送っていました。
そのうち2つがConfirm頂けたようです。

QSLデザインはこれまで見たことのない図案ですね。紙質も幾分良くなっているようなので、
新しいカードかもしれません。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTimeFreq.ServiceSINPO
20120114April 28, 201218:58-19:3117,800 kHzG.O.S.-II54433
20120115April 30, 201208:33-09:3013,605 kHzG.O.S.-I43443

TxLocation:Bengaluru, INDIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A392A, QSL)
QTH:
  Director (Spectrum Management & Synergy), DIRECTORATE GENERAL, ALL INDIA RADIO,
  Akashvani Bhawan, Sansad Marg, New Delhi-110001, INDIA.

20120115_qsl_dsgn 20120115_qsl_data


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月19日 (水)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

Radio Romania Int'lの英語課から今年5回目のQSLが届きました。
QSLデザインは、「Organ in "Mihail Jora" Concert Hall - interior」。
前回に引き続き、ミハイル・ジョラ・コンサートホールの写真、今回はホール内の観客席と内装です。
最前列の席は、舞台の本当にすぐ前に設置されているようですね。客席のおじいちゃんとおばあちゃんが
手を伸ばしたらピアノの脚に届きそうです。

QSLデータ面に手書きされたRRI Club Membershipのカウントも「4年目の5通目」です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130067
Date:May 3, 2013
Time:6:58 - 7:56
Freq:11,940 kHz
TxLocation:Tiganesti, ROMANIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A28A, QSL)
QTH:
  Radio Romania International, English Section,
  60-62 General Berthelot Street, RO-70747 Bucharest, ROMANIA.

20130067_qsl_dsgn 20130067_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月15日 (土)

TWR-Asia Japanese DRM Test via KTWR - Merizo, GUAM

先月実施されたTWR-Asiaの日本語DRM試験放送のQSLが、グアムのKTWR局から頂きました。
奇しくも昨夜と今夜、2回目の日本語DRM試験放送が行われています。
夕べの放送では、先月よりも格段に復調率と音質が向上しています。
ただ、日本ではDRM受信機が普及には程遠い状況ですので、どれだけのリスナーがこの試験放送を
聴けているのか・・・

QSLカードのデータ面には「Special confirmation for our Japanese DRM Test: May 2013」と
明記されており、良い記念です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130081
Date:May 25, 2013
Time:21:29-21:58
Freq:15,570 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
DRM demodulation rate: 60%
Language:Japanese
(HIMALAYA DRM2009+SONY AN-12)
($US*2+MP3-A17A, QSL&礼状&A13スケジュール表)
Trans World Radio Guam, P.O. Box 8780, Agat, Guam 96928, USA.

20130081_qsl_dsgn 20130081_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月14日 (金)

今日の1局(12040kHz - KTWR-DRM試験放送)

20090068_qsl12040kHz KTWR-DRM試験放送 (Japanese)
21:28~21:58 SINPO=45544 DRM放送で100%復調!。
5月に続き、グアムKTWRからの2回目の日本語DRM試験放送でした。
前回は東日本での受信状況が芳しくなかったとのことで、25mbで再調整したようです。
番組自体は前回の再放送でしたが、今回は一度も途切れることなく、100%の復調でした。
また音質もよかったですね。ハンマーダルシマーの響きが格段に美しかったです。
明日、もう1回試験放送があります。それと合わせて受信報告します。
<Yokohama,Kanagawa,Japan RX=HIMALAYA DRM2009,ANT=AN-12(--;)>

2013年6月13日 (木)

Voice of Mongolia - Ulaanbaatar, MONGOLIA

Voice of Mongoliaの英語課から、初めてQSLを頂きました。
英語課宛には以前にも1度Repしました。その時は、イレギュラーな放送(放送時間間違い)のRepだったことが影響したかどうかは定かではありませんが、返信に至りませんでした。
今回はMail EditorのUyanga Ganchangaa氏の丁寧な礼状、未使用のモンゴル切手2枚(後ほどアップ予定)とともに、
手書きのデータ記入がちょっと微笑ましいQSLカードを発行いただきました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130037
Date:March 12, 2013
Time:17:59 - 18;29
Freq:12,085 kHz
TxLocation:Ulaanbaatar, MONGOLIA
SINPO:44444
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A78A書留, QSL&礼状&未使用切手2枚)
QTH: The Voice of Mongolia, English section, C.P.O.Box 365 Ulaanbaatar 211213, MONGOLIA.

20130037_qsl_dsgn 20130037_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月 9日 (日)

台湾の切手 「中華料理4品」(from PCJ Radio International, 2013)

先日QSLレターを頂いたPCJ Radio Internationalは台湾をベースに活動しています。
QSLレターとともに同封されていたのが、この4枚の5台湾元切手。

「ご注文を確認します、宮保雞丁、紅蟳米糕、三杯雞、客家小炒、以上でございますね、ご注文ありがとうございます!」
って感じですね。私も妻も、切手大好き、中華料理大好きなので、これはなかなか楽しい切手です。

20130078_stamp120130078_stamp220130078_stamp320130078_stamp4
Spc16


ちなみに、
・宮保雞丁・・・鶏肉とピーナッツの唐辛子炒め(カシューナッツじゃないよ)
・紅蟳米糕・・・ワタリガニのおこわ
・三杯雞・・・鶏のしょうゆ炒め煮
・客家小炒・・・スルメイカと野菜の甘辛醤油炒め
といったところでしょうか・・・オナカガスイタ


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村

PCJ Radio International - Trincomalee, SRI LANKA

6/3の記事でeQSLを紹介したPCJ Radio Internationalですが、同時に郵送していたRepに対してQSLレターが届きました。
これも今回一連の東アジア、東南アジア向け試験放送初日(5/19)に対するQSLです。
eQSLはスリランカのVictor Goonetilleke氏のconfirmでしたが、Repの郵送先は台湾のPCJ Radio International宛てとしたので、「The Happy Station Show」の番組制作者兼アナウンサーのKeith Perron氏によるconfirmです。eQSLの「時間」は受信時間ではなく「放送時間」でしたが、QSLレターはきちんと「受信時間」が記載されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130078
Date:May 19, 2013
Time:22:14-23:00(c/off)
Freq:11,750 kHz
TxLocation:Trincomalee, SRI LANKA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(A16A,QSLレター&未使用の台湾切手4枚)
QTH:
  PCJ Radio International
  8th Floor, Number 47, Lane 31, Sanmin Road, Section 1,
  Banciao, New Taipei City, Taiwan, 22070
  Republic Of China

20130078_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月 8日 (土)

Radio Veritas Asia - Palauig, PHILIPPINES

半月前に昨年12月のRepに対するQSLが到着したばかりのRadio Veritas Asiaですが、今度は今年1月のRepに対するQSLも到着しました。

この1月28日の放送は、たまたまBCL情報ブログ「The Shortwave Central」をチェックしていて発見した、
Radio Veritas Asiaの周波数変更の情報を基に受信しました。
その情報によると、China National Radio 5 との混信を避けるために1月28日から、
9:30からのタミル語放送の周波数を11935kHzから11855kHzに変更する、とのこと。
その情報を仕入れたのが当日の朝だったので、さっそく周波数変更初日の受信状態を確認してみました。
結果は大変良好でSINPO=55444~45444でした。
同じ時間に元の周波数11935kHzもパラでチェックしてみましたが、CNRがガッツリ入感しており、
この周波数変更が大成功である旨、Repの受信状況に書き添えて報告しました。

今回のQSLデザインは、国連が定めた1994年の「国際家族年」を図案化したもの。
2008年のBCL復活以来、まだ2度目の登場で、15年以上昔の在庫QSLを発行して頂いたようです。
署名はいつもかわらずに、Arlene A. Donarber女史ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130022
Date:January 28, 2013
Time:09:28 - 09:57
Freq:11,855 kHz
TxLocation:Palauig, PHILIPPINES
Language:Tamil
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A122A, QSL&局絵葉書&ステッカー&RVA40周年記念Tシャツ!)
QTH: Radio Veritas Asia, P.O.Box2642, Quezon City, 1166 PHILIPPINES.

20130022_qsl_dsgn 20130022_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回のRepは周波数変更初日にタイミングよく、その受信状態を報告した影響か、航空書留でRadio Veritas Asiaの開局40周年記念Tシャツを頂きました! 海外の放送局から衣類を頂くのは、2011年3月にチェコのRadio Pragueから局ロゴ入りのウィンド・ブレーカーを頂いて以来です。本当に感謝です ( ^▽^)∠※☆

20130022_tshirt_2 20130022_tshirtlogo_2 20130022_envelope2_2


2013年6月 7日 (金)

VOA - Voice of America - Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE

西アフリカのギニア湾奥に浮かぶ小さな島国、サントメ・プリンシペ民主共和国の
IBB Sao Tome Transmitting StationからQSLレターが届きました。
日本時間で朝のVOAフランス語放送のRepに対するQSLです。
データとして送信機や出力、送信地、確認日、署名捺印があるほか、IBB Sao Tome Transmitting Stationで
放送しているVOAの情報なども詳しく書かれており、大変立派なQSLです。

6/4の記事に書いたとおり、これまでにもお世話になっているマネージャ秘書のHelena de Menezesさんから
「リスナー1人当たりのQSLカードを2枚に制限」する旨のメール連絡を頂きましたが、そのメールに
「ご希望ならばQSLレターを送ることができます」とあったので速攻で送付をお願いしたところ、
翌日には EメールでこのQSLレターのコピー(PDF)が届きました。
さらには、オリジナルのQSLレターは郵送してくれたそうです。
いつもながらの細やかなお心遣いに、本当に感謝です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130079
Date:May 25, 2013
Time:6:10 - 6:31
Freq:11,900 kHz
TxLocation:Pinheira, SÃO TOMÉ E PRÍNCIPE
SINPO:34433~24332
Language:French
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A&E10E, QSLレターのコピー(PDF))

20130078_qsl_dd1 20130078_qsl_dd2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村


2013年6月 6日 (木)

NHK新潟第一放送(JOQK)- 新潟市西区中権寺, 新潟, JAPAN

新潟県のNHK新潟放送局より、QSLが届きました。

QSL形態としては、受信地まで記載してあるレター形式の立派なQSLです。
そして、新潟ラジオ放送所の写真をデザインした局カードを同梱いただきました。
この局カードも大変に上等なカードで、デザイン面にはコールサインと、送信地の緯度経度(東経138°55’03”、北緯37°50’45”)が、通信面にはラジオ第1放送と第2放送の周波数と出力が印刷されています。
そして、なんとシリアル番号と思われる番号「945」がナンバリング・スタンプで打ち込まれています。
これはもう、レターとカードで、「合せ技一本!」のQSLですね。
スタッフのお心づかいに、本当に感謝です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130076
Date:May 18, 2013
Time:18:50-19:20
Freq:837 kHz
Call Sign:JOQK
TxLocation:Niigata, Niigata, JAPAN
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(〒80*1-J3J,QSLレター&局カード)
QTH: 〒951-8508 新潟市中央区川岸町1-49 NHK新潟放送局 技術部

20130076_qsl_dd 20130076_card_dsgn 20130076_card_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月 5日 (水)

Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA

VOR日本語課から半年ぶりにQSLが届きました。昨年大晦日のRepに対するQSLです。
同封されていた手紙によると「なんと1/3に投函されたお便りが今届きました」とのこと。
ロシア国内の郵便事情なのか、VOR局内の事務処理事情なのか・・・
VOR英語放送へのE-MailによるRepについては、だいたい2週間ほどで返信が来るのですが・・・
以前にハバロフスク支局へ送付したRepがモスクワ経由で配達されて、かなり時間がかかったことがありました。
どちらにしても、送付先の住所間違いや料金不足などがなければ、こちら側の制御の埒外ですので、
気長に待つよりありませんね。

QSLデザインは「人類初の有人宇宙飛行から50周年」シリーズで、Hadzuki的に初見。ソ連時代の宇宙関係の切手をたくさんデザインした、楽しいカードですね。
BCLで、かつ切手大好き、なHadzukiにはピンポイントで「響く」カードです。
このシリーズ、かなりの種類を頂きましたが、まだ初見が出てくるのですね。
何種類くらいあるのでしょうか?

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20120258
Date:December 31, 2012
Time:22:02 - 22:58
Freq:5,980 kHz
TxLocation:Angarsk, RUSSIA
SINPO:54343
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*1-A146A, QSL&礼状&スケジュール表&ポケットカレンダー)
QTH:
  "The Voice of Russia" Japanese section
  25, Pyatnitskaya St., Moscow, 115326, RUSSIA.

20120258_qsl_data 20120258_qsl_dsgn


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2013年のポケットカレンダーを同封していただきました。もう半分近く終わってしまっていますが、今年のカレンダーはカッコいいデザインだったのですね。

20120258_calender


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2013年6月 4日 (火)

IBB Sao Tome Transmitting Stationのリスナー1人あたりのQSLカード数制限

本日、西アフリカのギニア湾奥に浮かぶ小さな島国、サントメ・プリンシペ民主共和国にある
IBB Sao Tome Transmitting Station の Helena de Menezesさんより、以下のようなメールを
頂きました。

先月、IBB Sao Tome Transmitting Stationから送信されたVOAの受信報告に対する返信なのですが、
どうやら、この送信所で発行するQSLカードを、「リスナー1人あたり2枚」に制限しているようです。
実は、私はすでに2種、3枚のQSLカードを頂いており、
今回はQSLカードを使ってconfirmすることができない、お望みならばQSLレターを送るよ
ということらしいです。

========
Dear Mr. XXXXXXXX,

We acknowledge receipt of your reception report below. It has been verified and confirmed. Thank you for a valuable information.

Unfortunately, we cannot confirm your report with a QSL card as we actually limit the number of the QSL cards to two per listener. We apologize for the inconvenience. If you wish, we can send you a confirmation letter instead.

Best regards,

Helena de Menezes
Manager’s Secretary
IBB Sao Tome Transmitting Station
Sao Tome e Principe
========

以下はすでに発行頂いたQSLカードです。

20120070_qsl_dsgn 20120151_qsl_dsgn_2


【6/5 追記】
Helenaさんのメールに、ご希望ならばQSLレターを送ることができます、とあったのでお願いしたところ、
EメールでQSLレターのコピー(PDF)が届きました。
オリジナルは郵送してくれたそうです。お心遣いに感謝です。
QSLレターは、後程ブログに掲載します。


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村


2013年6月 3日 (月)

PCJ Radio International - Trincomalee, SRI LANKA

PCJ Radio Internationalの東アジア、東南アジア向け試験放送に対するeQSLが届きました。
今回の試験放送はスリランカのTrincomalee送信所から、5月以降数回行われるようで、このRepは初回放送のものです。
放送の最後に「サヨナラ」と言っていましたので、日本も確実にターゲットに入っていたようです。
番組はPCJのフラッグシップ番組である「The Happy Station Show」。私の好きなコンチネンタルJazzやインド・ポップが流れて、楽しい番組でした

QSLデータ面のカウンターを見ると、「QSL Serial #EQ 026」となっています。
QSLデザインはTrincomalee送信所のようですね。私の好きなタイプのQSLデザインです。
ただし、データ欄の時間は受信時間ではなく、試験放送の放送時間が記載されています。

この放送を受信したときには、試験放送は、5/19、5/26、6/2、6/9の4回とPCJのホームページで
発表されていました。今見ると、6月以降、6/2、6/9、6/16、6/23、6/30、7/7 の放送スケジュールが
発表されていました。混信を回避するために周波数を変更し、その状況を見るとために試験期間を延長したようですね。

実際にスリランカのVictor Goonetilleke氏からE-mailでQSLが届いたのが、5/28夜のことです。
しかし、私が5/28から本日6/3まで検査入院していたため、本Blogへのアップが遅れました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130078
Date:May 19, 2013
Time:22:14-23:00(c/off)
Freq:11,750 kHz
TxLocation:Trincomalee, SRI LANKA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E8E,eQSL)
QTH: pcjqsl@pcjmedia.com

20130078_eqsl_dd


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31