フォト
無料ブログはココログ

« IRIB: Islamic Republic o Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan, IRAN | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

2014年4月 6日 (日)

Radio Vaticana - Tinang, PHILIPPINES

昨年12月のクリスマス直前にRadio Vaticana中国語放送を拝聴して中国語課へRepしていましたが、それに対するQSLが、これも1月ほど前に届いていました。年度越ししてしまいましたが、ここに掲載します。

これまで、Radio Vaticana中国語課へのRepは、Moderator of the Chinese Section宛に郵送することがほとんどでした。今回のQSLは、Radio Vaticana中国語課へのEメールでのRepに対する、初めてのQSLとなります。EメールによるRepは手軽で良いのですが、返信料等を同封できないのが難点ですね。昨今、どこの短波放送局も財政難ですので、できるだけIRCやUS$を添えてRepしたいと思うのですが、反面、郵便事情の悪い国も多いので、Repそのものが行方不明になる可能性もあります。ですので、最近ではEメールでRepした際に、「受信報告書のコピーを返信料と伴に郵送します」と書き添え、後日IRCやUS$を添えて航空便で送る、という方法を採るケースも多くなりました。

QSLデザインは、Palazzo Pioのスタジオ収録風景のようですね。カトリックの総本山「バチカン放送」とはいえ、番組収録する際にアナウンスを担当される方が、いわゆる「神父さん」に姿でマイクの前に座っているわけではないのですね(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20130244
Date:December 22, 2013
Time:7:01 - 7:30
Freq:9,600 kHz
TxLocation:Tinang, PHILIPPINES
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E78A, QSL)
QTH:hyjm@vatiradio.va

20130244_qsl_dsgn 20130244_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

« IRIB: Islamic Republic o Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan, IRAN | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Radio Vaticana - Tinang, PHILIPPINES:

« IRIB: Islamic Republic o Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan, IRAN | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31