フォト
無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

IRIB: Islamic Republic of Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan, IRAN

IRIBラジオ日本語から今年最初のQSL返信が届きました。
今回はNo.121 から No.126 までの6枚のQSLカードを受け取りました。Repの日付は主に10月~11月のものですね。最新Repは昨年12月1日のものですので、だいぶ追いついてきた感があります。
また、以前に記事に書きました2014年1月1日朝のRep。さすがにこの1日だけが抜けて前後がconfirmされてから随分たったので、Repを再送してみたところ、今回のNo.126でconfirm頂けました。このRepが行方不明になっていた件について、QSLに添えられたメッセージで福本節子さんから丁寧な謝罪を受けました。こちらこそ感謝です。
今回もQSL番号に「中抜け」はなしでした。

昨年の目標であった365日の年間連続Repは、なんとか完遂できました。
あとはどれだけQSLが届くか、イランの郵便事情の悪さを実感しながら、のんびりと待ちます。

前回アップしたQSL群14枚は新デザインのカードが10枚含まれており、新デザインカードが増刷されたのかも、と思ったのですが、今回はまた旧デザインが増えましたね。
しかし特質すべきは、旧デザインNo,1のカード(今回のNo.121)が、真新しいカードであったことです。どうやら、旧デザインNo.1は、新たに増刷されたようですね。IRIBラジオ日本語のQSLポリシーでも、最初のRepに対しては1日分のRepでQSL No.1が発行されますので、これまでのカード消費量としては、この旧デザインNo.1が最も発行された(消費量が多かった)QSLカードであることは間違いありません。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#QSL#RepDateTime (Start)Freq.R.Days
No.12120140370October 18, 201405:5311,830 kHz97
20140371October 19, 201405:5111,830 kHz97
20140372October 20, 201405:5311,830 kHz97
20140377October 25, 201405:5111,830 kHz89
20140379October 26, 201405:5011,830 kHz89
No.12220140381October 27, 201405:557,365 kHz89
20140382October 28, 201405:517,365 kHz89
20140383October 29, 201405:527,365 kHz88
20140384October 30, 201405:517,365 kHz87
20140385October 31, 201405:527,365 kHz87
No.12320140386November 1, 201405:537,365 kHz83
20140388November 2, 201405:505,965 kHz83
20140389November 3, 201405:557,365 kHz83
20140390November 4, 201405:527,365 kHz83
20140391November 5, 201405:525,965 kHz82
No.12420140392November 6, 201405:525,965 kHz81
20140393November 7, 201405:517,365 kHz80
20140394November 8, 201405:537,365 kHz77
20140396November 9, 201405:507,365 kHz77
20140398November 10, 201405:527,365 kHz77
No.12520140409November 21, 201405:507,365 kHz65
20140410November 22, 201406:007,365 kHz62
20140417November 29, 201405:557,365 kHz57
20140418November 30, 201406:037,365 kHz57
20140421December 1, 201405:517,365 kHz55
No.12620140001January 1, 201406:077,365 kHz386
20140401November 13, 201405:527,365kHz/5,965kHz74
20140402November 14, 201405:527,365 kHz70
20140403November 15, 201406:077,365 kHz70
20140404November 16, 201405:525,965 kHz70

<Common Information>
TxLocation:Sirjan, IRAN
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: (E-mail) jar//at//irib.ir
No.x1(旧)No.12120140379_qsl_dsgn 20140379_qsl_data
No.x3 No.12320140391_qsl_dsgn 20140391_qsl_data
No.x4(旧)No.124, No.12620140398_qsl_dsgn 20140398_qsl_data 20140404_qsl_data
No.x5 No.12520140421_qsl_dsgn 20140421_qsl_data
No.x8(旧)No.12220140385_qsl_dsgn 20140385_qsl_data

※No.122は通常ならばNo.x2系の新旧どちらかのデザインになるはずですが、今回はNo.x8系の旧デザインで発行されました。 ※No.126は通常ならばNo.x6系の新旧どちらかのデザインになるはずですが、今回はNo.x4系の旧デザインで発行されました。前回記事に掲載したNo.116、前々回記事に掲載したNo.96も、ともにNo.x3系の旧デザインで発行されていたので、もしかするとNo.x6系デザインのカードは在庫不足かもしれません。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月29日 (木)

Reach Beyond Australia (ex.HCJB) - Kununurra, AUSTRALIA

淀橋教会から、Reach Beyond(旧HCJB)日本語放送の今年1月度のQSLが届きました。

今年最初のQSLカードのデザインは「HCJB改称REACH BEYONDは今」とのタイトルで、ヒマラヤ山村での放送技術援助の様子です。簡素なスタジオで地元の楽器演奏を収録(ライブ?)している風景は、とても和気藹々としていて、素朴な楽器のメロディが聞こえてきそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150015
Date:January 10, 2015
Time:7:30 - 7:59 (JST)
Freq:17,760 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\82*2-J13J, QSL&ProgramNote&)
QTH: 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係

20150015_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月26日 (月)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から1月23日のRepに対して、翌朝にE-QSLが返信されてきました。

今回のE-QSLのデザインは「美しい新疆」シリーズの第3回、No.36-03として「胡楊」です。中国語名称で「胡楊」と呼ばれるこの樹木は、和名コトカケヤナギ。新疆ウイグル自治区のタリム川に沿って多く生育していて、日本でも胡楊と呼ぶ人が多いそうです。 中国のことわざには「胡楊生而千年不死、死而千年不倒、倒而千年不爛」(胡楊は生きて千年枯れず、枯れて千年倒れず、倒れて千年腐らず)というのがあるそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150031
Date:January 23, 2015
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E1E, E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20150031_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月25日 (日)

RFA: Radio Free Asia - Ulaanbaatar, MONGOLIA

Radio Free Asiaからの今年最初のQSLが届きました。QSL#56 "Year of The Ram"です。とても凛々しい強そうな雄羊ですね。このような角をしっかり描いた羊は「Ram」、優しく大人しそうな羊は「Sheep」と呼ぶ、とはどこかで聞きかじったネタですが、真偽のほどは・・・?

昨年はRFAのQSLのコンプリートを逃しましたので、今年はぜひとも達成したい思っています。
今回受信したのは、モンゴルのUlaanbaatar送信の韓国語放送でした。大変強力に入感していました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150020
Date:January 15, 2015
Time:6:15 - 6:58 JST
Freq:7,460 kHz
TxLocation: Ulaanbaatar, MONGOLIA
Language:Korean
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H8A, QSL)
QTH: Web-Form: http://techweb.rfa.org/

20150020_qsl_dsgn 20150020_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月24日 (土)

VOV5: Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

昨年暮れも押し迫った12月30日の朝に受信した「ベトナムの声」日本語放送のRepに対するQSLが届きました。
昨年もVOV5からは数枚のQSLを頂いていたのですが、ブログへの掲載を滞留させたために、結局、2014年1月13日に2013年12月のRepに対するQSLをアップしただけで、丸々1年間VOVからのQSLアップを怠っていました。今回がちょうど1年ぶりのアップとなります。

この時の放送では、特に年末スペシャルのような番組はなく、通常の番組が粛々と流れていました。
その中で「ベトナム54民族の色彩」という番組では、少数民族バナ族の水牛供養祭りの様子が紹介されていました。1つの国に54もの民族が暮らすベトナム。海外日本語放送を行っている他の国でも多民族国家は多く、中でも中国とベトナムが民族の多さが突出しています。
CRI中国国際放送局の日本語放送では、中国の全少数民族でQSLカードのデザインを組んでいました。一概に中国人といっても、QSLに写っている顔は日本人と違わないものから、ロシア人としか思われないものまで様々で、なかなか興味深いQSLシリーズでした。VOV5でも同じように54民族でQSLシリーズを組んでみてはどうでしょうか・・・とは随分前に送ったお便りで提案してみたことです。実際、QSLカードの制作にはお金がかかりますので、なかなか難しいとは思いますが、実現したら面白いな~、と。

今回のQSLデザインは、奇しくもベトナムの少数民族「赤ザオ族」の少女の笑顔です。以前にも頂いたことのあるデザインですが、なかなか素敵な笑顔で気に入っています。なお「赤ザオ(Red Dao)族」は細かく分けると11グループにもなるザオ族のひとつで、ラオスとの国境付近や内陸部、北部沿岸地域に住んでいるとのこと。赤ザオ族の象徴ともいえるのが頭に乗せる座布団のような赤い布で、重いものでは9Kgにもなるらしいのですが、古来の言い伝えに基づいた「愛の証」なのだそうです。なにやら奥深いですね。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20140454
Date:December 30, 2014
Time:7:00 - 7:27 JST
Freq:9,840 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Son Tay, VIETNAM
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H20A, QSL)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20140454_qsl_dsgn 20140454_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
なお、後ほど、昨年届いていた以下のQSLもご紹介します。

#Rep.20140078 Date:2014/02/28 Time:2101JST Freq:12,020kHz
20140078_qsl_dsgn 20140078_qsl_data

#Rep.20140112 Date:2014/03/29 Time:0700JST Freq:12,020kHz
20140112_qsl_dsgn 20140112_qsl_data

#Rep.20140145 Date:2014/04/20 Time:0700JST Freq:12,020kHz
20140145_qsl_dsgn 20140145_qsl_data

#Rep.20140196 Date:2014/05/31 Time:0700JST Freq:12,020kHz
20140196_qsl_dsgn 20140196_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月23日 (金)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

ルーマニアのRadio Romania Internationalの英語課から2014年10月度と11月度のQSLが届いています。
今年のQSLシリーズ「Romanian Castles and Fortresses」からの2枚ですね。相変わらず、インターネット上でも情報が少なく、掘り出すのに苦労します。

10月度のQSLデザインは「The Prncley Court of Suceava」(スチャヴァ城(スカウン要塞))です。スチャヴァ(Suceava)はルーマニア・モルダヴィア地方及びブコヴィナの都市でスチャヴァ県の県都。14~16世紀はモルダヴィア公国の首都だったそうで、この要塞はその当時の1388年に建築されたとのこと。非常に強力な大要塞で、旧市街に向き合っている丘の上に立ち、ルーマニア語でCetatea de Scaun(町の要塞)と呼ばれていたが、残念ながら1675年にトルコの攻撃の後に爆砕され、丁度100年後ハプスブルク家の軍隊に平らにされてしまったとのこと。1944年以来、要塞は部分的に再建されたそうです。かつての大要塞も、草原(くさはら)の中で石塁をさらす今の写真を見ると、松尾芭蕉の「夏草や 兵どもが 夢の跡」という有名な句を思い出します。

11月度のQSLデザインは「Bethlen Castle in Arcalia」(アルカリアのベスレン城)です。インターネット上でルーマニアの「Bethlen Castle」を検索すると、いろいろなところに「Bethlen Castle」という名の城があるようです。このQSLに掲載される写真は「Arcalia」にある「Bethlen Castle」とのことですが、日本語ページの情報はみつけられませんでした。そもそも「Arcalia」をGoogleで検索しても「もしかしてArcadia(アルカディア)?」と出てしまうほど。英語ページなどがら収集した情報をつないでみると、(翻訳は怪しいので大意として)この城は、ルーマニア・トランシルヴァニア地方のビストリツァ=ナサウド県(Județul Bistriţa-Năsăud)のシエウ=マゲルシュ(Sieu-Magherus)近郊にあって、県都ビストリツァの街から15キロ。ビストリツァ=ナサウド県の12城の1つで、築150年。ビストリツァ=ナサウド県に2つの城を持っていたハンガリーのノーブル家の城だったようです。ビザンチンムーア様式の建築で、現在がフランコフォニー国際機関の地域センターの役割を担い、会議室、セミナー室、読書室、図書室からなっているとか。写真を見ると、まるでおとぎ話に出てくるような「お城」ですね。

RRI Club Membershipの毎月Repカウントも今のところ無事に継続しており、「5年目の11番目」までカウントされました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20140364
Date:October 12, 2014
Time:7:00 - 7:56
Freq:11,940 kHz
SINPO:44444~44433
(IRC2-A&E35A, QSL)

20140364_qsl_dsgn 20140364_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20140397
Date:November 9, 2014
Time:8:00 - 8:56
Freq:7,395 kHz
SINPO:44444~24322
(IRC2-A&E70A, QSL)

20140397_qsl_dsgn 20140397_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Common Information
TxLocation: Tiganesti, ROMANIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: E-mail : engl@rri.ro, Airmail: Radio Romania International, English Section, 60-62 GeneralBerthelot Street, RO-70747 Bucharest, ROMANIA.

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月22日 (木)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

今年の正月2日の朝、CRI日本語放送新年恒例「CRI紅白歌比べ」のRepに対するQSLが届きました。
このRepに対するE-QSL(36-01)は、メール送付からたったの3時間で返信されています。

今年の「紅白歌比べ」に関しては、2015年1月7日のE-QSL受領記事をご覧ください。
CRIから郵送で届いた今年最初のQSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズ(2015-01)の「ウルムチ市」(烏魯木斉市)。ウルムチといえば新疆ウイグル自治区の自治区首府で、自治区人民政府が設置される中国西部最大の都市ですね。「新疆」という響きからは、中国大陸の遥か内陸、さまよえる湖「ロプノール」や伝説の都「楼蘭」のあった砂漠を擁する神秘と歴史の土地、というイメージを強く持ってしまうのですが、このウルムチ市街の様子は、それとはかけ離れた近代的な大都市ですね。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150003
Date:January 2, 2015
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H16A, QSL&干支切り紙&お便り)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20150003_qsl_dsgn 20150003_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今年の干支は「未」。可愛いひつじをあしらった切り紙が3枚同封されていました。このうち2枚は「CRI紅白歌比べ」への投票の御礼だとのことです。この干支切り紙も2008年の子(ねずみ)から始まって8種類目の動物となりました。干支が一巡したら、12種類の動物の切り紙を並べて額装しようと思っています。

20150003_kirigami1 20150003_kirigami2 20150003_kirigami3


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月18日 (日)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

今年は頑張ってCRI日本語放送のQSLをなんとか年間コンプリートしようかと思っています。で、洩れの無いように週一ペースでRepを開始しました。その3回目、1月15日のRepに対して、翌朝にE-QSLが返信されてきました。いつもながら迅速ですね。

今回のE-QSLのデザインは「美しい新疆」シリーズの第2回、No.36-02として「新疆野馬」のデザインでした。この新疆野馬について少し調べてみると、プルシェワルスキー野生馬という世界で生息している唯一の野生馬らしいですね。もともとこの野生馬は、中国では長年の密猟によって1970年代には絶滅したらしく、1985年年6月から1991年12月までの間に、イギリス、ドイツとアメリカの動物園から中国に再導入されらしいです。現在、新疆野生馬繁殖研究センターで生息しているプルシェワルスキー馬の数は290頭に達し、その数がアジア一となっているとのこと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150021
Date:January 15, 2015
Time:7:00 - 7:48 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E1E, E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20150021_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月14日 (水)

KBS World Radio - Gimje, REPUBLIC OF KOREA

韓国のKBS World Radio日本語班より、昨年2014年第4四半期のQSLが届きました。
KBS World Radioでは年4回、四半期ごとにQSLのデザインが変更されますが、日本語放送だけで年間4種のQSLをコンプリートしたのは、2011年以来のことです。

KBS World Radioの今年のQSLは、ユネスコ無形文化遺産シリーズ。シリーズ最後のデザインは、2009年に無形文化遺産に登録された「処容舞」(チョヨンム)という仮面舞踏でした。古代の統一新羅時代からの言い伝えから始まったというダイナミックな踊りだそうです。疫病神を追い払った歌と踊りが基になっているそうですが、KBSの封筒からスルリと出てきたQSLカードを偶然見てしまった妻が一言・・・「こわい!」

データ面にはいつものように必要十分なデータが記載されていますが、今回はサインは入っていません。どうやら、受信報告に書き添えたメッセージが「玄海灘に立つ虹」などで紹介された場合に、担当アナウンサーの方がサインしてくれているようですね。今回は残念でしたが、かなりの頻度で「まるこめのお母さん」こと金明順 (キム・ミョンスン)さん等の署名が見られます。ありがたいことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20140420
Date:November 30, 2014
Time:10:00 - 10:59
Freq:9,580 kHz
TxLocation: Gimje, REPUBLIC OF KOREA
SINPO:44333~34333
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E43A, QSL&専用受信報告用紙)
QTH: japanese@kbs.co.kr

20140420_qsl_dsgn 20140420_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月 9日 (金)

Reach Beyond Australia (ex.HCJB) - Kununurra, AUSTRALIA

Reach Beyond(旧HCJB)から、昨年12月度のQSLが届きました。
2015 年に入って、郵送による最初のQSL到着です。
2014年は慣れ親しんだ「HCJB」から「Reach Beyond」への局名変更という大きな転機のあったこの局ですが、尾崎先生のトークは相変わらずの暖かさです。2014年も全12種のQSLを取得できました。スタッフの皆様に感謝です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20140436
Date:December 16, 2014
Time:7:30 - 7:59 (JST)
Freq:17,760 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\82*2-J16J, QSL)
QTH: 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係

20140436_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月 7日 (水)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

お正月のCRI日本語放送と言えば『CRI紅白歌比べ』ですね。今年も1月2日の朝、実家に帰省する前に拝聴しました。
昨年は、出場者全員が一般からの参加で、放送局スタッフは紅白各チームのキャプテンのみ、という構成でしたが、今年は局アナウンサーと一般参加者の混成に戻ったようです。
個人的には、このような企画は放送局スタッフからリスナーに向けて贈る謝恩イベントだと思っていますので、放送局関係者がキャプテンだけというのは寂しい気がします、とのコメントを昨年の番組感想に書き添えたのですが、他からも同様のご意見が多かったのか、今年は閔亦氷さん、王秀閣さんらアナウンサーの素晴らしい歌唱を聴くことができました。

さて、1月2日の番組受信を1月4日の14時頃にRepしたのですが、3時間後の17時には、もうE-QSLが返信されてきました。2015年最初のQSL受領となります。

今年のE-QSLのデザインは「美しい新疆」シリーズのようですね。今回はNo.36-01として「天山天池」のデザインでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150003
Date:January 2, 2015
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E0E(3hrs), E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20150003_eqsl_dd


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ところで、1月2日は奇しくも私のBCL復活記念日。
2008年1月2日の20数年ぶりのBCL復活の日にも、CRI日本語放送を受信し、QSLを頂いていました。
BCL復活2局目がCRI日本語放送。ちなみに復活1局目は、KBS World Radio日本語放送で、その前年にオークションで入手し、私にBCL復活のきっかけをくれた往年の名器 SONY ICF-5900で受信していました。
懐かしいので、そのQSLも掲載しておきます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20080002
Date:January 2, 2008
Time:19:00 - 20:00 JST
Freq:7,190 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(A51A, QSL&干支切り紙)
(SONY ICF5900+SONY AN-12)

20080002_qsl_dsgn 20080002_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年1月 1日 (木)

2015年 謹賀新年

15hituji

新年あけましておめでとうございます。
今年も例年通り、年賀状は「かつてのBCL少女」であり、現在猫大好き漫画家のわが妻の年賀状を拝借しました。

2014年は一昨年の入院後に始まった投薬治療と食事制限の継続し、なんとか12月あたまで投薬も完了。
一年間、ほとんど食事のメニューを考えていたような気がします。その甲斐あってか、現在は検査数値もほぼ全項目で正常となりました。

この数年、年初の抱負に掲げ続けている目標「継続は力なり」。
これは短波離れの潮流のなか、継続的なRepはきっと「力」になるだろう、と信じて掲げた目標でしたが
食事面での「継続」の重要さを証明してくれたのでは、と思っています。
そして、もう一つの継続「IRIBラジオ日本語を毎日聴く」も、2014年の1年365日すべてで達成できました。
これは、いわば「一極集中」型の継続でした。
短波縮小で放送局数が減少の一途のいま、2015年は再び「網羅」型に立ち返り、30局程度をピックアップして、毎月一定数量の報告を行いたいと思います。
今年もこの食事とBCLは、「継続は力なり」を「継続」していこうと思っています。

それともうひとつ。2014年6月から始めたトレッキング。食事だけではなく運動も重要、と始めましたが、
昨年は10回のトレッキングを実行しました。とにかく歩くのは楽しいですね。
今年も最低月1回、年12回はトレッキングしようと、これも新たな目標です。
そして妻の計画するコースには一泊行程もたくさん。 この「お泊り」がまた嬉しい!
年賀状の「全員集合」といえばドリフターズ。ドリフターズといえば「ババンババンバンバン♪」で温泉、かな。
足がパンパンになるほど歩いた後の温泉は、最高です!

2015年未年の今年もよろしくお願い申し上げます。

Hadzuki

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31