フォト
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から3月23日朝のRep(Eメール)に対するE-QSLが届いています。

今回のE-QSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズの第9回、No.36-09として「九曲十八弯」です。
新疆北部にあるバインブルグ草原(日本の四国よりも広い!)の中で、ベストスポットと言われるのが、この九曲十八弯だそうですが、ここへの道のりは結構きびしいらしく、ウルムチからバインブルクへオフロードカーで山道を12時間走るか、プロペラ機で最寄のナラティ空港まで飛んで、5時間以上車で走らなければならず、草原は道なき道。道路案内どころか看板一つないそうです。さらに、九曲十八湾は草原保護のために車の乗り入れが禁止だそうで、付近の観光客向けのゲルで車を止め、そこからは九曲十八湾を一望できる丘の上までは「馬」で行くのだそうです。いやはや大変ですね~ただ、この苦労の末に丘から見下ろす草原を蛇行して流れる開都河(かいとがわ)の輝く水面と草原は、息を呑むほど清浄な景色とのことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150114
Date:March 23, 2015
Time:7:00 - 7:55 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E1E、E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150114_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月28日 (土)

Stamp: Christmas Tree Warm & Sebu Flowerpecker from Pilipinas

フィリピンのRadyo Pilipinas Overseasからの返信には、いつも南国の生き物の切手がたくさん貼ってあります。
今回は「イバラカンザシ」(英名「クリスマスツリー・ワーム」)という多毛類をあしらった1フィリピンペソ切手が10枚と、「セブフラワーペッカー」というStreak-breasted Bulbul(セブヒヨドリ)の仲間をあしらった20フィリピンペソ切手が1枚、計30フィリピンペソ分が貼られていました。
なお、セブヒヨドリはセブとシキホール、パナイ島の北の小さな島にしか生息してない特産種で、セブの原生林の伐採がすすみ、かなり数が減ってきている鳥だそうです。そして、セブフラワーペッカー という種類は、ほぼ絶滅状態にあるとのこと。切手にしか残っていない動物の増加は、心が痛みます。

20150059_stamp1

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村

DZRP: Radyo Pilipinas Overseas - Tinang, PHILIPPINES

フィリピンPBSの海外向け放送 Radyo Pilipinas Overseas から2012年以来の久しぶりのQSL取得です。
一年を通じて概ね良好で、かつ他に受信する局の少ない昼間11時台から12時台の放送ですので、休日のお昼のBGM替わりにはよく流しっぱなしで「ながら聴取」している局です。

特に日曜日の後半に流れる『The Law of the Heart is Love』はふんだんにポップスを流してくれます。ただし、この番組、英語の苦手は私でも歯の浮いてくるような愛のポエム付きで、かつての『ジェットストリーム』もたじろぐ超絶スイートな番組・・・たしかこの放送のターゲットは中東地域へ出稼ぎに出ているFilipino。現地時間とJSTの時差は6時間程度と思われ、おそらく現地ではまさに早朝。夜更かしして寝る前に聴く番組なのでしょうか・・・

さて、今回のQSLデザインは、基本的にこれまでに頂いた4つのQSLと同一です。ただし、今回は紙質がかなり変わりましたね。以前は、かなり薄手で、しかも上質の淡い色(ピンク、緑、青、黄)の紙が使われており、局ロゴはカラーで印刷されていました。今回は、厚手ですがボール紙のような紙質で、モノクロオンリーの印刷です。また、1枚の大きな紙に複数枚のQSLカードの台紙を印刷して、1枚1枚カッター等で切っていることが分かります。世界中どこの短波放送局も財政難でQSL発行業務にしわ寄せがきていますが、R.Pilipinasも例外ではないようですね。
しかし、以前と同様に、データの記載は非常にしっかりとしており、完璧なQSLです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150059
Date:February 8, 2015
Time:11:00-12:30
Freq:17,820 kHz
TxLocation:Tinang, PHILIPPINES
SINPO:44444
Language:English
Program:DFA on Line, Trends and Insights, The Law of the Heart is Love
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*3-A46A, QSL&番組表)

20150059_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月26日 (木)

RTI : Radio Taiwan International - Tainan, TAIWAN

台湾のRadio Taiwan International英語課より、3月のRepに対するQSLが到着しました。

この日の放送の番組『Classic Short』では、という番組では、「歧路亡羊」という中国語のイディオムが、由来となった故事とともに紹介されていました。これは「枝道が多すぎて逃げた羊を見失ってしまった」という故事から、学問をする者が枝葉末節にとらわれると本質を見失うこと、更には、方針が多すぎてどれをとるべきかに迷うこと、のたとえとして使われる言葉のようです。なるほど、確かに選択肢がたくさんある、というのは良いようで、かえって判断を鈍らせ、誤らせることもありますね。経験でも、仕事上でお客様の判断をあおぐ時など、不必要にたくさんの選択を示さないほうが良い場合が多々あります。

さて、今回のQSLデザインは「彰化扇形車庫」ですね。やはり今年は「交通部観光局」とのコラボで、鉄道系の遺産・史跡がテーマのようです。
なお、彰化扇形車庫は、台湾彰化県彰化市にある扇形庫で、1922年(大正11年)に建てられた日本統治時代の産業遺産の一つだそうです。転車台を中心に12本の車庫線が放射状に配置され、それに半円形弧状の車庫があり、転車台と共に蒸気機関車の運行終了後も車庫として現役で使用されているそうです。同じような扇形庫と転車台は、現在の日本にもいくつか遺されており、代表的なものとしてはJR西日本が所有する京都の梅小路蒸気機関車館の扇形庫と転車台があります。実は、私がこの京都の扇形庫と転車台の存在を知ったのは高校生の頃。当時、鈍行列車でブラブラと北海道や北陸を一人旅していたときに雑誌で見かけ、一度見てみたいと思っていましたが、叶わぬまま40年近くが経過してしまいました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150082
Date:March 1, 2015
Time:03:00 ~ 03:59 JST
Freq:15,320 kHz
TxLocation:Tainan, TAIWAN
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E21A, QSL&番組表&スケジュール表)
QTH: rti//at//rti.org.tw

20150082_qsl_dsgn 20150082_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月23日 (月)

Reach Beyond Australia (ex.HCJB) - Kununurra, AUSTRALIA

Reach Beyond AustraliaのShelley Martin女史より、今月初旬に聴いた英語放送のRepに対するE-QSLとA15スケジュールが届きました。

今回のE-QSLのデザインは、西オーストラリア州(州都はOld BCLには懐かしいパース)のピルバラ地域にあるカリジニ国立公園からウェアノ渓谷(Weano gorge)の紹介ですね。カリジニ国立公園は西オーストラリア州で2番目に大きい国立公園で、赤い岩壁が切り立つ峡谷やエメラルド色の水を湛える池、美しい滝など絶景に恵まれているそうです。写真の深い渓谷も、オーストラリア特有の酸化鉄系の赤い谷ですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150089
Date:March 5, 2015
Time:20:14 - 20:30 (JST)
Freq:11,590 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E8E, E-QSL)
QTH: office//at//reachbeyond.org.au

20150089_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月22日 (日)

KBS World Radio - Gimje, REPUBLIC OF KOREA

韓国のKBS World Radio日本語班より、今年第1四半期のQSLが届きました。

今回頂いたQSLカードのデザインは、「KBS World Radi“新モバイルアプリ”配信」というもので、昨年12月に配信を始めた以下の新しいモバイル用アプリ2つを紹介するものです。
「KBS World Radio Mobile
「KBS World Radio On-Air」
2つのアプリの宣伝イラストで、まるで局ノベルティグッズのステッカーのようなデザインですね。このようなネット配信が局方針であるとするなら、これはこれで「あり」なQSLデザインだと思います。
ただ、このカードデザインのみだと、今年のQSLシリーズのデザインテーマが読み取れません。今年の第2四半期のデザインは何になるでしょうか?

データ面にはとくに番組パーソナリティのサインはありませんが、必要十分な情報が記載されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150007
Date:January 7, 2015
Time:11:00 - 11:59
Freq:11,810 kHz
TxLocation: Gimje, REPUBLIC OF KOREA
SINPO:34433~33433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E69A, QSL&専用受信報告用紙)
QTH: japanese//at//kbs.co.kr

8943onozawa_20150007_qsl_dsgn 20150007_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月21日 (土)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

ルーマニアのRadio Romania Internationalの英語課から、続けざまに2015年2月度のQSLが届きました。

今年のQSLの準備が整って、1月分、2月分の受信報告を一括処理しているようですね。RRIクラブメンバーシップでの連続カウントが始まった2010年からのその年最初のQSL到着日を調べてみると、いずれも受信報告日は1月10日前後に対して、返信は、2010年と2011年が3月上旬で今年と同じペース、2012年から2014年までは2月上旬の返信で1か月ほど早いペース、でした。今年が特に遅いというわけではなさそうですね。ここ3年ほどのペースに馴れていたので、今年が日数がかかっているように感じたのかもしれません。
ただ、3月になっても英語課のホームページのQSL紹介ページが更新されないのが、すこし気にになりますが、ルーマニア語課やウクライナ語課では更新されているようです。スペイン語課は2013年のまま・・・このあたり、各課の対応が異なっていて面白いですね。各課の気質なのかしら・・・(´,_ゝ`)プッ

RRI Club Membershipの毎月Repカウントも「6年目の2番目」とカウントされました。

さて2015年2月度のQSLデザインはシリーズ「Romanian Caves」(仮称)から、「Dambovicioara Cave」(Dambovicioara 洞窟)です。Dambovicioara洞窟(Peştera Dâmbovicioara)はルーマニア南部の山地、南カルパチアに位置し、カルパティア・プラホヴァ渓谷にあるリゾート地、ポイアナブラショフに近いため、ルーマニアで最も観光客が訪れる洞窟の一つだそうです。洞窟では、翼の鷲、蛇の頭、クマの足、トラの皮のような特殊な地層が見られるそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150058
Date:February 8, 2015
Time:8:00 - 8:56
Freq:9,620 kHz
SINPO:54444~44333
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A&E37A, QSL)
QTH:
E-mail : engl@rri.ro,
Airmail: Radio Romania International, English Section, 60-62 General Berthelot Street, RO-70747 Bucharest, ROMANIA.

20150058_qsl_dsgn 20150058_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月20日 (金)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

続けてのCRIネタです。
CRI中国国際放送の日本語放送から3月16日朝のRep(Eメール)に対するE-QSLが届いています。電子メールによるE-Repを送信後、わずか1時間での返信でした。

今回のE-QSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズの第8回、No.36-08として「秋のカナス川」です。カナス観光にもっとも適した季節は秋だそうです。秋になると湖のほとりや川沿いにある森林が、夏の緑のなかに次第に点々と黄金色やオレンジ色、萌黄色などの秋色を挟むようになり、それが重なり合って山麓から山頂へ広がってゆくとのこと。昨日アップしたCRI日本語放送の郵送版QSLカード「月亮湾」も、それを示すような美しい風景でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150107
Date:March 16, 2015
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E0E(1hrs)、E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150107_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月19日 (木)

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から、3月あたまのRepに対するQSL(郵送版)が届きました。

今回の郵送QSLのデザインは「美しい新疆」シリーズの3月度として「月亮湾」(2015-03)です。
月亮湾は新疆の一番北側にあるカナス自然保護区のカナス湖から流れるカナス川(同じRepに対して先行して頂いたE-QSL(36-07))が丁度月の様な弓形をしていることで名づけられた場所とのこと。海の入り江ではなく、川の蛇行部を「湾」と呼称するケースもあるのですね。初めて知りました。
個人的には「新疆」というと乾燥した砂漠性の気候を連想してしまうのですが、このような豊かな落葉樹林帯を豊かな水を湛えた大河が滔々と流れる風景もあるのですね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150087
Date:March 2, 2015
Time:7:00 - 7:52 JST
Freq:5,965 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(H11A, QSL&干支切り紙)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150087_qsl_dsgn_2 20150087_qsl_data_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
今回はお正月の紅白歌比べへの投票の御礼分の2セットを加え、計3セットの干支(未)切り紙を同封頂きました。

20150087_kirigami1_2 20150087_kirigami2_2 20150087_kirigami3_2


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月18日 (水)

RVA: Radio Veritas Asia - Palauig-Zambales, PHILIPPINES

かつては日本語放送も行っていたフィリピンのキリスト教局 Radio Veritas Asia から、今年1月のRepに対するQSLが届きました。
今回のQSLデザインは私的に初見で、新・世界の七不思議(自然版)のひとつ「パラワン島のプエルト・プリンセサ地下川」(New 7 Wonder of the World - Underground River Puerto Princesa Palawan)です。「新デザイン」かもしれません。
ネット上に情報を公開頂いているBCL諸兄のページを見ると、私の知らないデザインのQSLがチラホラと掲載されておりますね。もっとも、私自身の前回Repが、2013年秋の入院直前ですから、ちょっとご無沙汰しているうちに、何枚か新デザインが出たのかもしれません。

なお、「新・世界の七不思議」は世界中からの投票によって決められた現代版の「世界の七不思議」で、スイスに本部のある「世界七不思議財団」によって発表されまれたものです。
新・世界の七不思議(自然版)には、「ベトナムの声放送」でも度々紹介される「ハロン湾」も登録されています。

「プエルト・プリンセサ地下川」は、フィリピン諸島南西部のパラワン島の洞窟内を流れる地下川をほぼする目的で指定された国立公園となっており、1999年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されています。地下川は、鍾乳洞内を流れる川で、海に繋がっているため独特の生態系を有するそうです。写真もそうなのかもしれませんが、探検ツアーなどもあるようですね。

ほぼ1年半ぶりのQSLでしたが、データ面の署名は、Arlene A. Donarber女史のままのようですね。いつもながらの丁寧なデータ書き込み、感謝です。、


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150037
Date:January 26, 2015
Time:09:28 - 09:57 JST
Freq:15,280 kHz
TxLocation:Palauig, PHILIPPINES
Language:Hndi
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
($US*2-A44A, QSL&キーホルダー&ステッカー&B14スケジュール表&2015ポケットカレンダー)
QTH: Radio Veritas Asia, P.O.Box2642, Quezon City, 1166 PHILIPPINES.

20150037_qsl_dsgn 20150037_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
この局はDXerへのサービス意識が高い局で、いつもいろいろなグッズを送ってくださいます。以前は開局40周年のTシャツも頂きました。今回は、きれいなキーホルダーと、いつものステッカーが同封されていました。

20150037_qsl_sticker_2 20150017_keyholder_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月17日 (火)

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

ルーマニアのRadio Romania Internationalの英語課から2015年最初(1月度)のQSLが届きました。
Radio Romania Internationalの局ホームページには発行中のQSLカードを紹介するコーナーがありますが、英語課、フランス語、スペイン語などのページでは2015年のQSLデザインはまだアップされていなかったので、ちょっと心配していました。しかし、本家ルーマニア語課のページには、かなり早い段階からルーマニアの洞窟シリーズ(と思われる)新QSLカードが紹介されていたため、来るとすればこれが来るんだろうな~と。正解でした。

RRI Club Membershipの毎月Repカウントも「6年目の1番目」とカウントされました。今年一年もまた、RRIクラブメンバーシップでの連続カウントを継続しようと思っています。

さて2015年のQSLシリーズ「Romanian Caves」(Web上で公式発表されていないので仮称)の切り込み隊長、1月度のQSLデザインは、「Movile Cave」(Movile洞窟)です。Movile洞窟(PeşteraMovile)はルーマニア南東部、黒海沿岸のコンスタンツァ県で、1986年に発見された洞窟。過去550万年間にわたって外界から隔離されて、硫化水素と二酸化炭素に富み、酸素が非常に乏しいユニークな地下水の生態系で注目され、米国NASAの研究者も火星上と洞窟の中で生活条件を比較たりしているそうです(ホンマカイナ)。

また、この洞窟を独特の生態系をモチーフに、2005年にはブルース·ハント監督の映画「The Cave」(邦題:地獄の変異)が製作されたそうですが・・・どなたかご覧になりましたか?
「Yahoo映画」のレビューでは、まずまず面白いと評価されているようです。(衛星映画チャンネルででも放映しないかな~)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150017
Date:January 11, 2015
Time:7:59 - 8:56
Freq:7,395 kHz
SINPO:44444~34333
(IRC*2-A&E61A, QSL)

20150017_qsl_dsgn 20150017_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月16日 (月)

Voice of Turkey - Emirler, TURKEY

トルコのVoice of Turkeyの夜の中国語放送の1月Repに対するQSLが届きました。
このB14では、私の受信環境では朝31mbの英語放送の受信状態が今一つ・・・いや今ふたつです。TRT-VOTの受信目的は、トルコポップスなので放送言語にあまり影響を受けません。ですので、少しでも受信状態の良い中語放送、ウズベク語放送、ウイグル語放送など、さまざまな放送言語を渡り歩いています。

今回のQSLデザインは、トルコの邪視避けの護符「ナザールボンジュウ」でしょうか。ナザールを知らないと一瞬なんだか分からない写真ですが、藍、青のグラデーションが素敵な一枚です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150044
Date:January 30, 2015
Time:21:02 - 21:55 JST
Freq:12,045 kHz
TxLocation:Emirler, TURKEY
Language:Chinese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A38A, QSL&コースター)
QTH: TRT Voice of Turkey Radio, P.O.Box 333, Yenisehir, 06443 Ankara, TURKEY

20150044_qsl_dsgn 20150044_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回もコースターを頂きました。また、春を感じさせるニューイヤーカード(裏面はカレンダー)を同封されていました。春分も近い。イスラム圏では、もうすぐ新年(ノウルーズ)です。

20150044_new_year_card1 20150044_new_year_card2

20150044_coaster

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月15日 (日)

AIR: All india Radio G.O.S. - Delhi(Khampur), INDIA

インドのAll India Radioの海外向け英語放送General Orverseas Serviceから、今年1月のRepに対するQSLが届きました。
AIRで2か月の返信、というは、私としてはおそらく最速かと思います。

以前頻繁にRepしていたのは、北東アジア向け放送のうちの「G.O.S.-I」と呼ばれる放送で、日本時間で朝7:45からの放送でした。(私事都合で、なかなか夜19時の放送が聴けなかったため)
B14に入ってから、どうも私の受信環境では、この朝の北東アジア向け「G.O.S.-I」の受信状態がよくありません。
それで、他にどこか良く入感していないか、と探ってみたところ、UK&西ヨーロッパ向け放送のうちの「G.O.S.-V」に行きつきました。インターネット上で入手した情報によれば、この放送は Delhi(Khampur)送信のUK&西ヨーロッパ向け放送で、朝5:45から始まります。しかし、私の受信環境で信号が上がってくるのは、朝6:30を過ぎてから。たいていは6:50頃からになります。放送終了の朝7:30まで、かなり良い受信状態で番組を楽しめます。
さてこの放送、入手した情報通りの送信アジマス(DelhiからAz:312°)だとすると、日本の方向はほぼ直交方向ではないかと思われ、日本でここまでよい受信状態になるのも、少し不思議な気がします。これが「横ビーム」なる現象なのでしょうか。短波の伝わり方の奥深さを感じます。

今回のQSLデザインは、データ面によると「Rock-Shelter(Group-III),Bhimbetka」との記載があります。ビンベットカのロック・シェルター群は、インド中部、同国最大の州アディア・プラデーシュ、デカン高原北部に走るビンディア山脈の山麓に位置し、21ヵ所の村で形成されているそうです。5つの自然石の岩塊には、約400のロック・シェルター(岩窟)があり、そこに描かれている壁画は、中石器時代から歴史時代へと、狩猟の伝統が継承されていることを見事に物語っているとのこと。そういえば、以前に頂いたQSLに、その壁画があったように記憶しています。
密林のロック・シェルターには多種多様な植物が繁茂し、現在でも地域の人びとによって保護されているそうです。

データ面の記載は、3日分の受信データをまとめて記載していますので、受信時間は若干大雑把です。また、送信地ばBengaloreとなっていますが、「G.O.S.-V」の同一時間のパラ放送である9,445kHzの送信地の誤記と思われます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#Rep.DateTime(JST)Freq.ServiceSINPO
20150026January 20, 201506:52-07:307,550 kHzG.O.S.-V34333~44444
20150027January 21, 201506:50-07:307,550 kHzG.O.S.-Y34433~44444
20150028January 22, 201506:50-07:307,550 kHzG.O.S.-V44444~44333

TxLocation:Delhi(Khampur), INDIA
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(IRC*2-A47A, QSL)
QTH:
  Director (Spectrum Management & Synergy), DIRECTORATE GENERAL, ALL INDIA RADIO,
  Akashvani Bhawan, Sansad Marg, New Delhi-110001, INDIA.

20150028_qsl_data_2 20150028_qsl_dsgn_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月14日 (土)

RTI : Radio Taiwan International - Paochung, TAIWAN

台湾のRadio Taiwan International英語課より、2月のRepに対するQSLが到着しました。

この日の放送では、『Jade Bells and Bamboo Pipes』という番組で、Yuhongによる古筝の新アルバム「Wake Up Dreaming」が紹介されていました。中国琴の響きは日本琴とは違った趣きがありますね。この時に流れた「Butterfly Lovers/梁祝」という曲は、中国版「ロミオとジュリエット」として有名だそうです。

さて、今回のQSLデザインは「龍騰断橋とCK124蒸気機関車」ですね。1月、2月のQSLだけでは、今年のQSLシリーズのテーマがいまひとつ分かりませんが、写真提供は「交通部観光局」なので、交通系の名所・史跡がテーマでしょうか。
なお、龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)は、台湾苗栗県三義郷龍騰村にある、古くは魚藤坪断橋(ぎょとうへいだんきょう)と呼ばれた鉄道橋の遺構です。
1908年に台湾総督府鉄道が縦貫線(後の台中線)を全線開通させた時に作られたレンガ製のアーチ橋でしたが、1935年の新竹・台中地震で破損、断橋となり、1999年の921大地震によって更に一部が崩壊してしまいましたが、その景観から三義郷の観光名所の一つとなったようです。
縦貫線自体は、新竹・台中地震後、西側に新しく鉄橋を架けて1938年に復旧し、1998年に台中線の複線化工事(三義 - 后里間新線敷設)によって廃止されたましたが、この区間は旧山線と呼ばれ、観光用鉄道として2010年6月5日に復活再開したとのこと。この写真は、まさにその観光用の景観なのでしょうね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150063
Date:February 11, 2015
Time:20:00 ~ 20:59 JST
Freq:7,445 kHz
TxLocation:Paochung, TAIWAN
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E27A, QSL&番組表&スケジュール表)
QTH: rti//at//rti.org.tw

20150063_qsl_dsgn 20150063_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月13日 (金)

Stamp: Cheerful envelope and stamps from Guatemala

中米グアテマラのRadio Verdad (Radio Truth) からのQSLカード送付に使用された封筒が、とても陽気でにぎやかな雰囲気でしたので、ご紹介しておきます。これまでに、ずいぶん色々な国からの封筒をいただいてきましたが、これだけ切手を「重ねて」貼ってあったケースはありません。グアテマラの郵政法では、切手は額面さえ見えていればよいのでしょうか?

20150032_envelop


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村

Radio Verdad - Chiquimula, GUATEMALA

中米、メキシコのすぐ南に位置し、世界遺産となっているマヤの遺跡もあるグアテマラの Radio Verdad (Radio Truth) からQSLが届きました。「Verdad」とはスペイン語で「真実」を意味します。そのことからもわかる通り、この放送局はキリスト教系の教育局です。

1970年代、1980年代の私の第一次BCL時代、2008年のBCL復活以降の第二次BCL時代を通じて、グアテマラからのQSLは今回が初めてで、大変感謝しています。

受信は1月中旬の20時台から21時台にかけて、受信周波数は4,055kHzと、かなりのローバンドですので当受信環境ではノイズレベルが高くのですが、USBモードにすると不思議なくらい明瞭にテノールの宗教曲や説教が浮き上がってきます。先日も受信を試みましたが、3月に入ってからも同等の受信状態で入感しており、少し早めに帰宅できる週後半に楽しんでいます。

驚くのは、その送信出力の小ささです。QSLカードのデータ面にも明記されていますが、出力は1KWにも満たず、650Wとのこと。それでも、調整次第で中米から日本まで、番組を楽しめるレベルで放送が届くというのは、短波放送の不思議ですね。
そういえば、BCLを復活してまもなくの2008年と2009年に受信した、年に1度「St.Helena Day」のお楽しみ、Radio St.Helenaも、SSB(USB)の25mbでしたが、小出力でよく飛んでいました。その当時はSSBだから成せる業、と思っていたのですが、AMでも調整次第で十分に飛ぶ、という良い見本に出会うことができました。

QSLデザインは、「QSL12」とナンバリングされた開局13周年デザイン。毎年1回程度の頻度でデザイン追加しているようですね。アンテナ群と設備に白い鳩、そして宗教局らしくヨハネの福音書8章32節「そして、あなたがたは真実を知り、真実はあなたがたを自由にする」という言葉をあしらった、美しく立派なQSLカードです。
データ面は受信者氏名、受信日時、周波数、送信出力、局長Edgar Amilcar Madrid氏のサインが記入されており、十分な内容です。

ところで、今回のRepはEメールとエアメールの双方で送りました。エアメールには返信料と寄付を同封しています。
DXerに対するサービス意識も非常に高く、EメールのRepに対しては、送付した翌日に、Edgar Amilcar Madrid氏から丁寧な礼状メールを頂きました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150032
Date:January 23, 2015
Time:11:37 ~ 12:43
Freq:4,055 kHz
TxLocation:Chiquimula, GUATEMALA
SINPO:25232~35343
Language:Spanish
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(Rp+Donation.$US*10+RecMP3,A&E58A, QSL&Radio Pack)
QTH:
(Airmail) 4a Ave.2-24, zona 1, Apartad No.5, Chiquimula, Guatemala, C.A.
(E-mail) radioverdad5//at//yahoo.com

20150032_qsl_dsgn 20150032_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Radio Verdadからのエアメール封筒は、にぎやかに切手がちりばめれた、中身パンパン状態でした。開けてみると、QSLカードのほか、「Radio Pack」と呼ばれるグッズ群が。ペナント、カレンダー、「永遠の生命銀行」の小切手(有効期間は無制限、発行者はイエスキリスト)、ステッカー、各種パンフレットが封筒からあふれ出しました。 

20150032_pennant_2 20150032_calender 20150032_check 20150032_sticker



20150032_letter

 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月12日 (木)

HSK9: Radio Thailand World Service - Udon Thani, THAILAND

タイのIBB Udon Thani送信所から、(たぶん)1月に受信したRadio Thailand World Service(HSK9)日本語放送の英語Repに対するQSLが届きました。

今回のQSLデザインは、私的には初見のQSL-Folderタイプ(二つ折りタイプ)です。HSK9でこのタイプのQSLは始めて頂きました。カードの写真は「Tian Nok Kaew」。「Parrot Flower(オウムの花)」とも呼ばれているようで、確かに花弁の雰囲気が2羽のオウムのように見えます。Impatiens psittacina という非常に稀少なインパチェンス種で、タイ、ビルマ、インドの一部で知られているとのこと。

ところで、今回のQSLカードは、最近多かったIBBとしてのカードデザインではなく、Radio Thailand World Serviceの名前で発行されたHSK9デザインのQSLカードですね。2011年頃には、このHSK9デザインのカードが多かった時期がありましたが、2013年には再びIBBデザインとなっていました。2014年は、個人的なBCL方針にてHSK9へのRepをひとつも出していなかったのでどちらのデザインだったのかわかりませんが、2015年最初に頂いたQSLはHSK9デザインです。このあたり、何によって発行するQSLカードのデザインが決定されているのか、興味のあるところです。

QSLデータの記載は、ほぼ完全で、受信者の氏名、放送時刻(左記は手書き)、言語、周波数(左記は選択)、そして署名が直筆でされています。
また、印刷による刷り込みですが、送信機の型番、送信出力、アンテナ、送信場所の記載もあります。
ただし、”受信年月日の記載がありません!”(言語が「English」となっているのはご愛嬌)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150011
Date:January 8, 2015
Time:22:00 ~ 22:14
Freq:9,390 kHz
TxLocation:Udon Thani, THAILAND
SINPO:54444~54433
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E58A, QSL)
QTH: manager_thailand//at//tha.ibb.go (cc:feedback//at//hsk9.org)

8943onozawa_20150011_qsl_dsgn

20150011_qsl_data

 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

VOV5: Radio The Voice of Vietnam - Son Tay, VIETNAM

ベトナムの「ベトナムの声」日本語放送から2月上旬のRepに対するQSLが届きました。

この時の『音楽散歩道』では一弦琴ダンバウの演奏が紹介されていましたが、混信がかなりキツくて、楽曲を楽しむ、という聴き方ができなかったのが残念です。
番組自体は、後からVOV日本語放送ホームページで、きれいな音で聴きなおしました。今どきのBCLの利点ですね。

今回のQSLデザインは、以前にも頂いたことのある「チャム・チム国立公園のオオヅル」です。
チャム・チム(Cham Chim)国立公園は、総面積7580ヘクタール。地域独特の風景があり、「青いオアシス」 と呼ばれるエコ観光地区だそうです。ここには数多くの種類の鳥や豊富な
植物などが生息しており、世界の希少な鳥も少なくないのだとか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150048
Date:February 4, 2015
Time:7:00 - 7:27 JST
Freq:12,020 kHz
Language:Japanese
SINPO=34433 ~ 32432
TxLocation: Son Tay, VIETNAM
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E33A, QSL)
QTH: nihao2180@cri.com.cn

20150048_qsl_dsgn 20150048_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月 8日 (日)

Stamp: TRT(Turkish Radio and Television) 50th Anniversary

トルコのThe Voice of TurkeyからのQSLカード送付に使用された封筒に、VOTの運営母体であるTRT(Turkish Radio and Television Corporation) の設立50周年記念切手(1.10トルコリラ)が貼ってありましたので、ご紹介しておきます。

20150051_stamp1

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ
にほんブログ村

Voice of Turkey - Emirler, TURKEY

トルコのVoice of Turkeyの朝の英語放送のRepに対するQSLが届きました。TRT-VOTからのQSLはおよそ1年3か月ぶりです。
昨年B13以前のBスケジュール期間には、この朝の31mbの放送は、受信状態がすこぶる良かったのですが、今シーズンは私の受信環境では今一つで、なかなかRepできる状態となりません。
この朝は久しぶりに放送開始時からかなりの信号強度で受信できましたので、久しぶりのRepとなりました。
それでも、朝7時を過ぎるころにはかなり信号も弱まり、7:10頃にはf/oしてしまいました。

今回のQSLデザインは私的に初見で、銀のトレイとソーサーに乗ったトルコ珈琲でしょうか。QSLの写真には『A cup of Turkish coffee will be remembered for forty years』と添えられています。なかなか素敵な写真です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150051
Date:February 5, 2015
Time:6:29 - 7:10 JST
Freq:9,610 kHz
TxLocation:Emirler, TURKEY
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E23A, QSL&コースター)
QTH: englishdesk//at//trt.net.tr

20150051_qsl_dsgn 20150051_qsl_data

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回もコースターを頂きました。いつものように、表面に光の屈折を利用したちょっと変わった細工があります。

20150051_coaster

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

CRI: China Radio International - Jinhua, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から3月2日朝のRep(Eメール)に対するE-QSLが届いています。

今回のE-QSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズの第7回、No.36-07として「カナス川」です。「カナス」とはモンゴル語で「神秘的で美しいところ」という意味だそうですが、このカナス川が流れ出るカナス湖は、以前より怪物目撃談やら巨大魚の話やら、私たち、川口さんの『水曜スペシャル』や矢追さんの『木曜スペシャル』にワクワクしながら育った世代がピピッと反応しそうなところです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150087
Date:March 2, 2015
Time:7:00 - 7:52 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E1E, E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150087_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月 5日 (木)

Friendship Radio via KTWR - Merizo, GUAM

KTWRから送信されているフレンドシップラジオからの3月度のQSLが届きました。Reach Beyond日本語放送と同様に、毎月デザインを変更して頂いているようですね、ありがたことです。今回の返信は番組担当のちゃっきーさんで、先月の谷さんと同様に、たいへん丁寧な礼状メールを添えてくださいました。感謝です。

ようやく放送が軌道に乗ってきた感のあるフレンドシップラジオの短波放送ですが、来週にTWRとKTWRから担当者が来日し、谷さんと法人役員が面談するそうです。ちゃっきーさん曰く、恐らく継続は間違いないと思いますが、条件の細部がまだ折り合わない状況、とのことで、4月の番組で何らかの発表ができると期待しています、との情報も添えられていました。ぜひとも継続していただきたいですね。

フレンドシップラジオでは毎回たくさんのリスナーからのお便りが紹介されていますが、ちゃっきーさんによれば今月中に私の受信報告に添えたメッセージも番組でご紹介頂けるとのことです。

さて、今回のQSLデザインはグアムKTWRの送信アンテナ群ですね。私の好きな放送設備系のデザインです。
なお、毎週日曜日の放送ですが、QSLの返信作業は毎週火曜日から始めているとのことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150084
Date:March 1, 2015
Time:21:14 - 21:44 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E3E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net

20150084_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2015年3月 1日 (日)

CRI: China Radio International - Xi'an/Jinhua, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から2月11日夜および2月26日朝のRep(Eメール)に対するE-QSLが届いています。

2月11日受信に対するE-QSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズの第5回、No.36-05として「紅山宝塔」です。ウルムチ市中心部にある同市のシンボル「紅山」(標高934m)の山頂に清の時代に建てられた9層で、ウルムチ市街を一望の下に見下ろせるそうです。

2月26日受信に対するE-QSLのデザインは、「美しい新疆」シリーズの第6回、No.36-06として「ウルムチ人民広場」です。この公園は、1884年清朝の時代から建設が始まり、1918年までに現在残っている主な建物が完成。中華民国時代は中山公園(中山とは孫文を指す)と呼ばれていたそうです。広場には太極拳、ダンス、バドミントン、水タンクを付けた太い筆で書道の練習など思い思いの運動をしている方が多くいるそうですが、現在日本語のインターネットサイトでこの広場を検索すると、ほとんど2009年ウイグル騒乱の記事しかヒットしません。残念なことです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150064
Date:February 11, 2015
Time:21:00 - 21:57 JST
Freq:7,260 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Xi'an, Xianyang, Shaanxi, CHINA
(E3E, E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150064_eqsl_dd

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150074
Date:February 26, 2015
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Jinhua (Lanxi), Zhejiang, CHINA
(E2E, E-QSL)
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20150074_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31