フォト
無料ブログはココログ

« VOR: Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA | トップページ | UTK#1401B: 三崎朝市と関東ふれあいの道/神奈川②油壷・入江のみち(2014-6-22) »

2015年7月13日 (月)

UTK#1401A: 関東ふれあいの道/神奈川①三浦・岩礁のみち(2014-6-21)

本記事の内容は2014年のものですニャ。
2014年にウサトレクマンを始めたときには、その様子をブログにアップするなどとは夢にも思いませんでしたが、やはり記録に残すというのは楽しい。ですので、昨年のウサトレクマンについても、時間をみつけて追々アップしていこうと思います。ただ、この当時はマメに写真撮ってないので、掲載する写真が品薄・・・ま、いっか~
ということで、2014年の記念すべきウサトレクマン第1回の記録です。

ウサトレクマン第1回は、入梅の合間を縫って2014年6月21日の土曜日に決行しました。神奈川県民としては、第一歩で行くべきは「関東ふれあいの道@神奈川①三浦・岩礁のみち」です。このコースは、海辺づたいのコースなのに「難易度3」、そんな海沿いコース、他にはありません。初めてのトレッキングとしては、少しハードル高いかな~なので日帰りではなく、コース終点に近い城ケ島で一泊し、翌日には関東ふれあいの道@神奈川②油壷・入江のみち、を歩くことにしました。まずは初日の三浦です。

■ご参考までに、コース公式情報は次のとおりです(注:ウサトレクマンでは、公式どおりのルートを通らない場合が多々あります)
◆ 関東ふれあいの道/神奈川①三浦・岩礁のみち/2014年6月21日(土曜日)
三浦半島の先端部の海岸を歩くコースで、浦賀水道や房総半島の山なみを眺め、磯遊びを楽しみながらのハイキングができるみち。
距離:11.0km  コースタイム:2時間30分  難易度:3
区間:松輪バス停(三浦市南下浦町松輪)~剱崎~江奈湾~毘沙門天~盗人狩~宮川町バス停(三浦市宮川町)
撮影ポイント:盗人狩の海岸にかかる木橋



今回のコースは三浦。横浜在住の身としては御膝元感もあり、朝はゆっくり準備して8時過ぎに横浜を出発。京浜急行の三浦海岸駅からバスでコース起点の松輪バス停へ。「岩礁のみち」への起点だからてっきり海岸や漁港あたりが起点かと思っていたら、バスが到着したのは丘陵の畑の真っただ中・・・マジですか。しかし、バス停近くに関東ふれあいの道の案内板があり、無事にオン・コース。丘陵を海岸に向かって歩き、間口漁港から海岸へ。指導標識には「海づたいに剱崎へ」・・・道じゃないんですね~さすが海岸コースでありながら「難易度3」。ウサトレクマンのデビュー戦の相手に不足無し!と気合を入れていざ岩礁のみちへ。 このあたりの岩礁はスケールの大きな地層が一面を覆っていて、地学好きにはたまりませんな~

Utk1401a_01_1 Utk1401a_01_2 Utk1401a_01_3 Utk1401a_01_4 Utk1401a_01_5



剱崎灯台付近の潮溜まりは、ものすごい透明度で、これはシュノーケリングで海の中を覗いてみたい! でも、海釣りをしている人も多いし、潮もかなり速そうだから海に入るんだったら相当に注意しないと。岩礁は植物なんていないと思っていたら、とんでもない。「路傍のいのち」の宝庫です。ところどころ岩壁に貼りつくような小路があります。以前に南伊豆中木のトウナイ浜へ渡る断崖絶壁のクサリなし場を歩いたことがあったので、この程度は余裕余裕~と思ってたのですが、久しぶりに足を踏み入れてみると・・・ガタブル^^;)

Utk1401a_02_1 Utk1401a_02_2 Utk1401a_02_3 Utk1401a_02_4 Utk1401a_02_5



コース中間あたりで江奈湾の案内板。ここから少し陸に上がります。ふたたび丘陵地帯の畑道へ。へえ~このあたりは一面のスイカ畑なんだ。まだ6月で畑には赤ちゃんスイカがスクスクと育っています。それを見ながら「スイカ~スイカ~お腹スイカ~」などとはしゃいでいたら指導標識を見落としました(絵日記でどーぞ)。でも道を間違ったおかげで少し早めに目的地の「毘沙門茶屋」に到着~とっても風情のあるお店で、お刺身、天ぷら、焼き魚を頂きました。

Utk1401a_03_1 Utk1401a_03_2 Utk1401a_03_3 Utk1401a_03_4 Utk1401a_03_5



美味しい定食でお腹も充実。間違った道を戻って毘沙門湾へ。しばらく歩くと切り立った断崖と夏草に覆われた洞窟が見えてきました。これが「毘沙門洞窟」のようです。解説板をみると、単なる洞窟ではなく「弥生時代住居址群」という県指定史跡になっていました。残念ながら、この時は中には入れませんでした。洞窟を過ぎ、時折草むらにネコタを発見しながら進むと、ユニークな岩礁地帯とでっかいアンテナ群が。このあたりは電波塔、多いですね~その影響か、一般の生活圏からかなり隔絶された岩礁地帯にもかかわらず、スマホのアンテナは「バリ5」状態。横浜の自宅よりも強いんじゃね? 無事に初めての「コース撮影ポイント」である「盗人狩」で撮影もできました。

Utk1401a_04_5 Utk1401a_04_1 Utk1401a_04_2 Utk1401a_04_3 Utk1401a_04_4



今にして思えば、明日の「事件」(UTK#1401Bを参照ください)を予兆するかのような「トンビの羽」も、この時は戦利品のように胸に差し、意気揚揚。岩礁から薄暮のアンテナ群を眺めながら歩き通し、コース終点の宮川バス停にたどり着いたのはだいぶ日の陰ってきた18時過ぎ。このまま三崎港まで歩いちゃえーーー! その後は当然、記念すべきウサトレクマン初日の打上げ。三崎港の「立花本館」さんで、リーズナブルな鮪料理を堪能しました。今日はこのまま城ケ島へ行き、そこで一泊。あすは三崎朝市を堪能したあとで、UTK#1401B 関東ふれあいの道@神奈川②油壷・入江のみちを歩いて、油壷マリンパークへカワウソ君を訪ねます~♪

Utk1401a_05_1 Utk1401a_05_2 Utk1401a_05_3 Utk1401a_05_4

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

« VOR: Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA | トップページ | UTK#1401B: 三崎朝市と関東ふれあいの道/神奈川②油壷・入江のみち(2014-6-22) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« VOR: Voice of Russia - Angarsk, RUSSIA | トップページ | UTK#1401B: 三崎朝市と関東ふれあいの道/神奈川②油壷・入江のみち(2014-6-22) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31