フォト
無料ブログはココログ

« マリンパル(JOZZ6AC-FM) - 静岡市清水区馬走(日本平), 静岡, JAPAN | トップページ | RADIO CITY(JOZZ3AX-FM)- 中央区銀座, 東京, JAPAN »

2015年8月20日 (木)

UTK#1509: 日暮里・谷中 まち歩きゆるキャラ取材(2015-8-8)

今年9回目のウサトレクマンは、ぐっと近場のいわゆる「まち歩き」。それでもちょっとしたトレッキングに匹敵する歩数を稼いだので、ウサトレに入れちゃいます。行先は東京都荒川区の日暮里繊維街と、同台東区の谷中銀座です。何故ここなのか? 実は今年8月締切りで、この2つの商店街がイメージキャラクターのデザイン募集をしており、それに応募するための「まち雰囲気取材」なのでした。日暮里駅を挟んで、どちらもレトロ感漂う商店街ながら、雰囲気も客層もまったく異なる2つの商店街をのんびりと歩いてみました。

■ご参考までに、歩いたルート情報です。(とくに遊歩道のようなルートはありません。気ままなまち歩きです)
◆ 日暮里繊維街は、東京荒川区の日暮里駅から延びる日暮里中央通り(バス通り)を中心に80店以上の生地や皮、洋裁関係の店が集まっている、全国でも珍しいエリア。谷中銀座は、江戸文化の香り高い谷中地区の商業の中心として景観を大切にしている全長175m、幅員5~6m、70店舗が両側にひしめいて商いをしている、日本のどこにでもある商店街。現在はその特徴を生かした戦略がメディアに取り上げられて、日本全国はもとより世界各地からも観光にこられている。
距離:5.0km
区間:JR鶯谷駅~尾竹橋通り~山崎精肉店~日暮里繊維街~チュニジア料理CousCous~夕やけだんだん~谷中銀座商店街~猫町ギャラリー~ねんねこ家~谷中霊園~再び夕やけだんだん~JR日暮里駅



日暮里繊維街と谷中銀座、そして谷中霊園を効率的に回るために、最寄駅であるJR日暮里駅ではなく、あえて1つ手前のJR鶯谷駅を起点にします。鶯谷駅、横浜在住で首都圏を主な職場とし、実家が埼玉県にあるHadzuki的には、山手線や京浜東北線で何度も通過している駅ですが、下車するのは初めて。なにせ世代的に「鶯谷」といえば笑福亭鶴光師匠の大ヒット曲(?)「うぐいすだにミュージックホール」の印象があまりに強すぎて・・・子どもの頃は実在すると本気で信じていました(笑)。さて、まずは鶯谷駅から尾竹橋通りを日暮里繊維街に向かって歩きます。私のような不届きな固定観念者のうがった印象を払拭するように、鶯谷中央商店街の旗は、あくまでも「梅とうぐいす」でオシャレですね~などとキョロキョロしながら少し歩くと、根岸小学校・幼稚園。その壁に一体化している祠とお地蔵さんに出会いました。でも、よく見ると、刻まれているのはどうみても日光東照宮で有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿さん。???と思って上を見ると「猿田彦大神 日光山中禅寺 並木観音講 講元 願主 尾崎茂吉」とあります。「講元」とは神仏参詣の講中で、その中心となって世話をする役の人を指すらしいので、どうやら昔、この辺りの町民が日光を参詣する際に世話人をしていた尾崎茂吉さんという方が奉納したらしい・・・よく分からんが、なんとなく旅の安全も護ってくれそうなので拝んでおきます~

Utk1509_01_1 Utk1509_01_2 Utk1509_01_3



尾竹橋通りを日暮里中央通り交差点近くまで歩いてくると、もう商店街は「布の街、布の道」。ウサクマ大好きな廉価洋品屋さんがずらり~思わずTシャツ3枚、衝動買いしました~その他にもちょっとオシャレなボタン屋さんとかがあって、なかなか飽きさせません。で、交差点まで来ると、その向こうに昭和レトロ感満載のお肉屋さんが見えます~「チキンカツ」や「ハンバーグ」の真っ赤な品札もいい感じ。これは立ち寄ってみるでしょう。店主のオジサン曰く「注文受けてから揚げますよ、ちょっと時間かかりますけど」。それって最高ジャン!「カレーコロッケとコーンコロッケ、お願いします~」「持ち帰り?すぐ食べる?」「もちろん、すぐ食べます!」「じゃ、そこにベンチあるから」お店の中に窮屈そうに置かれたベンチに夫婦で座って、揚げたてコロッケ堪能!う、う、うま過ぎる~♪

Utk1509_02_1 Utk1509_02_2 Utk1509_02_3 Utk1509_02_4



日暮里繊維街をテクテク歩きながら、いろんなお店を物色。やっぱり繊維街だからボタンとか糸巻きとかハサミとかをうまく使いたいね~ベースは動物キャラだね~谷中がネコだから、こっちはウサギかな~など、この街のゆるキャライメージを固めていきます。それにしても、ここは服を買って着る人の街、ではなくて、服を作る人の街、ですね。売っているのは「服」ではなく服の「材料」です。そんななかで布と同じくらいたくさん売っていたのが「皮革」。ヤギ1頭分で1000円!なんてのもありました。服飾を趣味にする人には楽園だろうね~

Utk1509_03_1 Utk1509_03_2 Utk1509_03_3 Utk1509_03_4



コロッケは消化がいい・・・日暮里繊維街をしばらくうろうろしていたら、もうお腹が空いて来た。ここのゆるキャライメージも方向性が固まってきたので、次の谷中へ向かう途中でランチに。ちょっと毛色の変わったチュニジア料理を頂くことに。「南地中海&チュニジアダイニング クスクス(COUS COUS)」さんへ行ってみることに。日暮里駅前のかなり「雑居」なビルの4Fまで、やたらと揺れるエレベータで昇ると、エキゾチックな入口。でも、店内は広く、エキゾチックではあるけどとっても明るい雰囲気。チュニジア料理は初めてなので、リーズナブルでおススメメニューの「野菜のクスクス」と「日替わり煮込み」を注文。クスクスを初めて食べました~鶏肉と野菜たっぷりの煮込みもスパイシーで美味しかったです。

Utk1509_04_1 Utk1509_04_2 Utk1509_04_3 Utk1509_04_4 Utk1509_04_5



日暮里駅を挟んで反対側へ出ました。こちらは台東区谷中・・・もういきなりお寺だらけで、先ほどまでの日暮里側とガラリと雰囲気が変わりました。その中を谷中銀座に向かってあること、「夕やけだんだん」です。以前はここでネコタへのエサやりなどもあったそうですが、今は禁止だそうです。残念。今は未だ真昼だけど、夕方にもう一度来てみよう! さて谷中銀座へ・・・ネコタだらけ。いえ、生きた猫ではなく、商店街中いたるところ猫のイラストやオブジェだらけ、です。今回、谷中銀座のゆるキャラデザインのテーマは『猫が似合う商店街の公式“猫”キャラクター』・・・マジですか~もうすでにやり尽くしてませんか? とちょっと暗澹たる思いに落ちたウサクマです。そして、泣きっ面に蜂、のようにウサのサンダルが突然崩壊!商店街の文房具屋さんで瞬間接着剤を購入して応急処置!その間にウサトレクマラジ、やってみました。受信できたのは葛飾区のコミュニティFM局「かつしかFM」でした。

Utk1509_05_5 Utk1509_05_1 Utk1509_05_2 Utk1509_05_3 Utk1509_05_4



ゆるキャライメージも固まらない。何事も、詰まった時はいったん引く、のがポイントですね。谷中銀座を出て閑静な住宅街を抜け「猫町ギャラリー」へ。ここも猫のオブジェだらけ。ギャラリーの看板は古生代あたりの化石をモチーフにしたもののよう。猫との関連、意図はよく分かりませんが面白い。そして、伝説の「ねんねこ家」へ到着~もう店の前のラムネの暖簾と「ネコ注意」の貼り紙からしてイケてます~店構えは・・・猫猫猫猫猫猫猫猫猫。店内は猫カフェというより、夏休みに田舎のおばあちゃんちへ行ったって感じ。久しぶりにネコ三昧のウサクマです。外国人観光客も多いらしく、ウサクマの隣りの座卓にはイタリアから来たというカップルが、ストローでラムネを飲もうとしてました~ちょっと待ったーーーーー!!ってことで、ウサが日本式のラムネの飲み方を片言英語で伝授!日本人とイタリア人、どちらも英語が第二外国語でネイティブでないのがかえって功を奏して、結構通じるもんです(笑)

Utk1509_06_1 Utk1509_06_2 Utk1509_06_3 Utk1509_06_4 Utk1509_06_5



谷中霊園を回って夕方にもういちど「夕やけだんだん」へ行ってみよう、とウサトレクマラジしながら歩きます~この辺りでは中央区のコミュニティFM局「中央エフエム RADIO CITY」が入感していました。さて、「寺院の屋根の下に谷中の町がある」と表現されるほどお寺だらけ。瑞綸寺を越え、東京の三大霊園のひとつ「谷中霊園」を歩き、たくさんの墓石や石碑、焼失した五重塔跡などを見るうちに、ふと思い至りました・・・これだけお寺の多い谷中の猫キャラ・・・ならば幽霊とかにしちゃったら? あ、それ面白いかも~なんとか方向性らしきものが見えてきました。さて、夕方に「夕やけだんだん」に戻ってみろと、やっぱり居ました~やっぱり夕やけだんだんにはネコタがいないとニャ!

Utk1509_07_1 Utk1509_07_2 Utk1509_07_3 Utk1509_07_4

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回のウサトレクマラジ(トレッキングにかこつけたBCL)

かつしかFM
・2015-8-8 14:29~17:30 84.0 MHz
・台東区谷中4丁目~2丁目(谷中銀座~ねんねこ家、途中猫町ギャラリーで中断あり)
・SONY ICD-AX412F+ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン
・SINPO=25432~45444
・この受信に対するQSLは、こちら

RADIO CITY
・2015-8-8 16:47~15:30 78.9 MHz
・台東区谷中2丁目~7丁目(ねんねこ家~谷中霊園)
・SONY ICD-AX412F+ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン
・SINPO=45433~25321
・この受信に対するQSLは、こちら


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


« マリンパル(JOZZ6AC-FM) - 静岡市清水区馬走(日本平), 静岡, JAPAN | トップページ | RADIO CITY(JOZZ3AX-FM)- 中央区銀座, 東京, JAPAN »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UTK#1509: 日暮里・谷中 まち歩きゆるキャラ取材(2015-8-8):

« マリンパル(JOZZ6AC-FM) - 静岡市清水区馬走(日本平), 静岡, JAPAN | トップページ | RADIO CITY(JOZZ3AX-FM)- 中央区銀座, 東京, JAPAN »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31