フォト
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

Reach Beyond Australia (ex.HCJB) - Kununurra, AUSTRALIA

淀橋教会から、Reach Beyond(旧HCJB)日本語放送の今年最初のQSLが届いています。

さて、年明けからのサタデートークは西日本方面でのHCJBリスナーの集いの様子になっているようですね。
今回のインタビューアを務められたセキモトさんも、落ち着いた聴き手ぶりで、ゆったりとみなさんのお話を楽しめました。

私も1975年にBCLをはじめたきっかけが、中学入学のときに叔父から譲り受けた3バンドラジオ付きの「ラジカセ」でしたが、いまもBCLを続けられている多くの方々のお話を伺うと、「ラジカセ」のラジオについていた「SW」というスイッチがなんだか分からず、試しにスイッチを入れてみたことがBCLへの扉を開けることになった、という方が多いのに驚いています。

当時の「ラジカセ」は、流行に敏感な若者にとって、情報を入手し、情報を友人と共有するための、欠かせない「イケてる」アイテムでした。BCLにのめり込んでいくにつれてラジカセのラジオでは物足りなくなり、BCLラジオに憧れるようになっても、「ラジカセ」は中学入学から大学卒業まで、常に私の傍らにありました。

最近、若者の間や多くのアーティストの間でカセットテープが見直されているとのこと。我々には「懐かしいもの」も、世代が違えば「新しいもの」。そして「ラジカセ」をネタに年配者と若者が話をできるようになれば、それもひとつの「縁」ですね。

今回のQSLデザインは、まさにその「HCJBリスナーの集いin神戸2015」のスナップショットと寄せ書きで構成されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160003
Date:January 9, 2016
Time:7:30 - 7:59 (JST)
Freq:17,760 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\82*2-J8J, QSL&ProgramNote)
QTH: 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係

20160003_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA

ルーマニアのRadio Romania Internationalの英語課から、昨年11月度のQSLが届きました。RRI Club Membershipの毎月Repカウントも「6年目の11番目」とカウントされました。

2015年11月度のQSLデザインはシリーズ「Romanian Caves」(仮称)から、「Coiba Mica Cave」(コイバマイカ洞窟)です。コイバマイカ洞窟(Peştera Coiba Mica)はこのQSLシリーズで紹介されている洞窟の中では、比較的にネット検索して情報が出てくる洞窟です。ただし、ほとんどがルーマニア語のページですが。Radio Romania Internationalのルーマニア語課のWebページに掲載されていた情報によれば、この洞窟はアプセニ山脈に位置し、ガルダの町から15Km。なかなか到達して探索することは難しい洞窟の1つだそうです。それは木々に囲まれたGârdişoara湖への急降下を必要とし、洞窟への入口は雨が降ると閉ざされてしまうようで、その水は高さ2~3m、幅20mの入口に流入するとのこと。洞窟へのアプローチにはダイビング装備が必要みたいですね~しかも木の幹や枝があってかなり危険だとか。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150264
Date:November 15, 2015
Time:8:00 - 8:56
Freq:7,395 kHz
SINPO:34433~23232
($IRC*2-A&E60A, QSL)

20150264_qsl_dsgn 20150264_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2016年1月28日 (木)

FMひらかた(JOZZ7AG-FM) - 枚方市大字穂谷, 大阪, JAPAN

昨年7月29日に行った姫路への出張で、帰路の移動中に新幹線車内で受信した大阪府枚方市のコミュニティFM局「FMひらかた」(運営:株式会社エフエムひらかた)から、番組表が掲載された局の情報誌とステッカーが届きました。
同封の書面によれば、「べリカードの作成はしていない」とのことで、残念です。
次に受信の機会があったら、今度はPFC同封でレポートしてみようかと思っています。

局ステッカーのデザインは黄色と黒の2色刷りで、局のイメージキャラクター「きくじろう」と周波数と局名のみのシンプルなものですが、きくじろうが蜂をイメージしているので、この黄色と黒の配色はなかなかマッチしています。

番組表込みの局情報誌「ひらナビ779」は地域情報満載の密度の濃い内容ですね~これをフリーペーパーで配布していくのは、なかなかのパワーが必要だと感じました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150214
Date:July 29, 2015
Time:18:50 - 19:00 JST
Freq:77.9 MHz
Call Sign:JOZZ7AG-FM
TxLocation:Hirakata, Osaka, JAPAN
RxLocation:On trains on the move. The vicinity of Shin-Osaka Sta, Osaka, JAPAN
Language:Japanese
(SONY ICD-AX412F+インサイドホン(ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン) (90cm))
(〒82*1&SASE-J160J,番組表&ステッカー)
QTH: 〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-1 ひらかたサンプラザ1号館2F

20150214_letter 20150214_sticker 20150214_booklet

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

KBS World Radio - Gimje, REPUBLIC OF KOREA

韓国のKBS World Radio日本語班より、昨年第4四半期のQSLが届きました。年末ぎりぎりで何とか2015年デザインのQSLカードをコンプリートできました。

今回頂いたQSLカードのデザインは、『KBSの「離散家族探し」放送 世界記憶遺産に登録』です。
KBSが1983年に放送した『離散家族探し』というテレビ生放送の様子で、この生放送の記録がユネスコの「世界記憶遺産」に登録されたそうです。登録されたのは138日間にわたって生放送された当時の映像やスタッフの業務手帳、離散家族からの申込書など。この放送が1985年の最初の南北離散家族最初の再会のきっかけとなったそうです。

データ面には特質すべき点はありませんが、必要十分な情報が記載されています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150277
Date:December 21, 2015
Time:11:00 - 12:00 JST
Freq:11,810 kHz
TxLocation: Gimje, REPUBLIC OF KOREA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E33A, QSL&専用受信報告用紙)
QTH: japanese//at//kbs.co.kr

20150277_qsl_dsgn 20150277_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から、1月15日のRepに対するE-QSLが届いています。

この日の放送では最近発表された中国の「偏見地図」について紹介していました。北京市民は心配性。台湾の人々はゴシップの達人など、なかなか興味深い内容でした。日本では「東京人は~」とか「関西人は~」とか「九州男児は~」とか、その地域の個性を端的に表現するような「偏見」はありますからね。広大な国土と人口を抱える中国では、もっと顕著かもしれません。

今回のE-QSLデザインは「美しい内蒙古」シリーズの1月2番デザインで「内蒙古人民放送局」(NeiMenggu 36-02)です。局舎の前景でしょうか。かなりレトロ感があります。

内蒙古人民放送局はB15では6040kHz、7270kHz、9750kHzで蒙古語放送を、7420kHz、9520kHzで中国語放送を行っているようですね。ネット上のBCL諸兄が発信された情報をみると、9520kHzあたりが良好に受信できているようですので、近々に私も聞いてみようかと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160008
Date:January 15, 2016
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Xi'an, Xianyang, Shaanxi,CHINA
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E4A、E-QSL)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20160008_eqsl_dd_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2016年1月23日 (土)

Friendship Radio via KTWR - Merizo, GUAM

KTWRから送信されているフレンドシップラジオから、1月10日と1月17日のRepに対するE-QSLが届いています。1月から既にアップが遅れてます~^^;

1月10日放送分に対するQSLの画像は「KTWR局舎全景+送信電力補助用ソーラーパネル」です。KTWR局では現在、安定した送信電力確保のためにソーラーパネルの増設に注力しているそうです。日照時間の長いグアムにぴったりのエコ対策ですね。ただ台風の対策には頭を痛めそうな気がします。

1月17日放送分に対するQSLの画像は兵庫県のリスナー・古家さんご提供の「神戸ルミナリエ2015」です。大変美しい光景ですが、その分余計に、この意味を思うと胸が締め付けられます。この時の放送は阪神淡路大震災から21年目の追悼番組で、JAZZのメドレーでしたが、ちょうど我が家の真空管ラジオNational QA-700 (昨年eQSLで採用していただいたラジオ) で聴いていたので、とてもレトロな雰囲気たっぷりの温かい音で楽しむことができました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.2016000x
Date:January 10, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E2E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net

20160007_eqsl_dd

#Rep.2016000x
Date:January 17, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(Matsushita Electric Industrial (National)'s ST Five Tube Super Radio QA-700+2.5m long wire))
(E2E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net

20160011_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から、1月第1週のRepに対するQSL(郵送版)とE-QSLが届いています。

この受信の時の番組は、毎年お正月恒例の「CRI紅白歌比べ」でした。今回は一般の方の参加がほとんどで、局からの謝恩イベントというよりは中日文化交流イベントの中継といった位置づけでしょうか。NHKの「紅白歌合戦」と「のど自慢」を足して2で割ってぐっと0.3を掛けた、って感じですかね(笑)

今年のQSLのデザインは「美しい内蒙古」シリーズだそうです。今回はその最初の1枚。1月度デザインの「フフホト市の大召」(2016-01)となっています。E-QSLも
同様に「大召」(36-01)ですね。

今年1年取り上げられる内蒙古自治区は、中国の北方に位置して、中国の国土面積の12%あまりを占める広大な自治区で、蒙古族、漢族、回族、満州族など49の民族が住んでいるそうです。また、北はモンゴル、ロシアと国境を接しています。おそらく、一昨年まで続いていたQSLシリーズの「中国大家族」で紹介された多くの民族が住んでいるんでしょうね。

今回のデザインにあるフフホト市(呼和浩特市)は、内蒙古自治区の政治、文化、経済の中心地で、「フフホト」とはモンゴル語で「青い城」という意味だそうです。また、大召は蒙古語で大きな寺院を意味し、市内最大のチベット仏教寺院とのこと。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160002
Date:January 4, 2016
Time:23:01 - 23:59 JST
Freq:7,395 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Xi'an, Xianyang, Shaanxi,CHINA
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E13A、QSL&切り紙&専用受信報告用紙&冊子(人民中国)))
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20160002_qsl_dsgn 20160002_qsl_data

↓(E-QSL)
20160002_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
今回は干支(申)切り紙を3枚同封頂きました。おそらく「紅白歌比べ」の投票の御礼も入っているのでは、と思います。

20160002_kirigami120160002_kirigami2_220160002_kirigami3

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

RTI : Radio Taiwan International - Tainan, TAIWAN

台湾のRadio Taiwan International英語課より、昨年12月度デザインのQSLが到着しています。

今回のQSLデザインは交通部観光局提供の「EMU700型通勤電聯車/The EMU700 commuter train」(2015-12)。この形式は台湾高鐵700T型、台鉄TEMU1000型(「太魯閣号」)に続いて台湾の鉄道事業者が日本より導入した電車だそうで、最初の3編成は日本車輌製造にて落成したが、以降は日本からの技術移転を受けて台湾車輌で内製しているとか。日本の鉄道技術は立派な輸出品ですね。
このシリーズの最後を飾るのが「通勤電車」というのが、さりげなくて、いい感じです。

さて、2015年にRTIから頂いたQSLは、本カードで12枚目ですが、残念ながら9月度デザインのQSLを取得しそこない、コンプリートを逃しました~やっぱりRTI英語課へのRepは、月末ぎりぎりはダメですね。翌月のデザインのカードになってしまいます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150275
Date:December 20, 2015
Time:12:00 ~ 13:00 JST
Freq:15,320 kHz
TxLocation:Tainan, TAIWAN
Language:English
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E22A, QSL&番組表&A15スケジュール表)
QTH: rti//at//rti.org.tw

20150275_qsl_dsgn 20150275_qsl_data

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2016年1月 9日 (土)

Friendship Radio via KTWR - Merizo, GUAM

KTWRから送信されているフレンドシップラジオから、1月3日受信のRepに対するE-QSLが届きました。私の2016年の最初の受信報告であり、かつ最初の受領QSLになります。

今年から受信報告とお便り紹介の運営方針に若干の変更があったとのことですね。
受信報告については報告書としての「書面」での提出を不要として、メール本文のみでも受け付けていただけるようになったそうです。 忙しいリスナーの負担を軽減することを目的としているとのことで有難いことです。
ただし私としては、受信報告の正道はやはり「受信報告書」にある、との認識です。 今回の運営方針変更は、多忙なリスナーへの救済、と考えており、私も忙しいときには「簡略型」でお願いしたいと思っています。
今回は受信報告書をまとめる時間がありましたので、従前どおりの書式で送付させていただきました。

さて、今回のQSLLデザインは、番組担当・ちゃっきーさん提供の「日本晴れの弘前城」ですね。2014年に撮影されたお写真とのこと。
なお、番組中でも紹介されていましたが、この弘前城の天守閣は現在、別のところに移動しており、この写真の位置にはないそうです。 この「天守閣を移動させる」シーン。私もテレビのニュースで観ました。この世には「曳家」というビックリな業種があったのですね~この「弘前城石垣修理事業」の全貌は『弘前城が動く』という弘前公園のホームページに詳しい情報が出ています。なかなか興味深いです。
http://www.hirosakipark.jp/ishigaki.html

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160001
Date:January 3, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E2E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net

Qsl2016010337

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2016年1月 2日 (土)

2015年 ウサトレクマン記録簿

2015年に実施した夫婦トレッキング「ウサトレクマン」を時系列にまとめてみました。

UTK#実施
(2015年)
エリアコース識別子ウサトレタイトル主な経路 (BS:バス停)登頂
座数
宿泊地受信局 (○:Rep済、●:QSL済)
15014/18
~4/19
栃木戦場ヶ原ハイキングコース
光史跡探勝路コース
光猫耳ロケハンA)竜頭の滝~戦場ヶ原~湯滝~湯の湖~休暇村光
B)西参道~二荒山神社~瀧尾神社~光東照宮~東武光駅
休暇村光●RADIO BERRY(76.4MHz)
15024/25神奈川関東ふれあいの道@神奈川4佐島・大楠山のみち佐島朝市~神明社~大楠山~秋谷~立石公園~長者ヶ崎~一色海岸BS1●FMブルー湘南(78.5MHz)
15035/4神奈川関東ふれあいの道@神奈川8鷹取山・里のみち月京BS~鷹取山~妙円寺(銭洗弁天)~土屋一族の墓~土屋城址~大乗院~熊野神社~南平橋BS1●FM湘南ナパサ(78.3MHz)
15045/9神奈川関東ふれあいの道@神奈川13山里から津久井湖へのみち韮尾根BS~雨乞山~明原~諏訪神社~城山~津久井湖花の苑池~城山高校前BS2●エフエムさがみ(83.9MHz)
●宮ヶ瀬レイクサイドエフエム(83.6MHz)
15055/23神奈川関東ふれあいの道@神奈川14峰の薬師へのみち城山高校前BS~津久井湖水の苑池~三嶋神社~峰の薬師~三沢峠~榎窪山~草戸山~四辻~三和団地頂上~高尾駅2●エフエムさがみ(83.9MHz)
●湘南ビーチFM(78.9MHz)
エフエムやまと(77.7 MHz)
○エフエム茶笛(77.7MHz)
15066/6栃木関東ふれあいの道@栃木17真岡鐡道SL及び名刹と旧跡を訪ねるみち下館駅→(SL真岡号)→真岡駅~五行川~桜町陣屋跡~二宮神社~専修寺~鹿古墳群~久下田駅●bayfm(78.0MHz)
15076/13
~6/14
埼玉関東ふれあいの道@埼玉3、11伊豆ヶ岳をこえるみち、及び義経伝説と滝のあるみちA)正丸駅~正丸峠~小高山~長岩峠~五輪山~伊豆ヶ岳~古御岳~高畑山~中ノ沢頭~天目指峠~愛宕山~子の権現~浅見茶屋~休暇村奥武蔵
B)吾野駅~吾野宿~摩利支天~平九郎茶屋~顔振峠~傘杉峠~黒山三滝~黒山BS
7休暇村奥武蔵○エフエム茶笛(77.7MHz)
●FM NACK5(79.5MHz)
15087/19Ⅰ東京関東ふれあいの道@東京1湖のみち梅の木平BS~三沢峠~中沢山~コンピラ山~大洞山~大垂水峠~小仏城山~一丁平~高尾山~高尾山口駅5●鎌倉エフエム(82.8MHz)
●かわさきエフエム(79.1MHz)
●むさしのFM(78.2MHz)
15098/8東京暮里・谷中まち歩きゆるキャラ取材鶯谷駅~暮里繊維街~暮里駅~谷中銀柳町~猫町ギャラリー~ねんねこ家~谷中霊園~夕やけだんだん~暮里駅●かつしかFM(84.0MHz)
●RADIO CITY(78.9MHz)
15109/5神奈川つなごうふれあいの道@神奈川5小網代の森から油壷シュノーケリングのみち矢作入口BS~三崎口駅~引橋~小網代の森~油壷BS~荒井浜海岸~三浦道寸の墓~油壷マリンパーク●湘南ビーチFM(78.9MHz)
15119/12神奈川箱根ジオパーク@コースD真鶴の地質、生物、歴史を満喫するコースとシュノーケリング真鶴駅~真鶴魚座~貴船神社~琴ヶ浜~三ツ石海岸~潮騒遊歩道~番場浦遊歩道~森林浴遊歩道~中川一政美術館~荒井城址公園~真鶴駅●Ciao! (79.6MHz)
15129/19神奈川関東ふれあいの道@神奈川7
つなごうふれあいの道@神奈川
大磯・高麗山のみちから鷹取山をつなぐ平塚西海岸BS~東天照~高麗山~浅間山~湘南平~こゆるぎの浜~城山公園~月京BS4●FM湘南ナパサ(78.3MHz)
15139/21神奈川東海自然歩道@神奈川1,2旧甲州街道・相模湖展望のみち千木良BS~牛鞍神社~小原宿本陣~弁天橋~北相嵐山~ねん坂~相模湖(うるり)1●レディオ湘南(83.1MHz)
15149/22神奈川関東ふれあいの道@神奈川15弘法大師と丹沢のみち南平橋BS~健速神社~白山神社~権現山~めんようの里~加茂神社~名古木~小蓑毛~宝蓮寺大堂~蓑毛BS1エフエムカオン(84.2MHz)
151510/3神奈川善波峠・高取山・田原ふるさと公園コース善波峠・高取山・田原ふるさと公園コース曽屋弘法BS~善波峠~念仏山~鷹取山~不動越~小蓑毛~才戸入口BS2
151610/10神奈川東海自然歩道@神奈川3奇岩怪石のみち相模湖駅~みつ石滝キャンプ場~顕鏡寺~石老山~大明神山~大明神展望台~相模湖(うるり)2
151710/12神奈川鳶尾山ハイキングコース
八菅山いこいの森
鳶尾山ハイキングコースと八菅山鳶尾団地BS~小鳶尾山展望台~鳶尾山~八菅神社~八菅山~上荻野BS2
151810/18神奈川関東ふれあいの道@神奈川17の1北条武田合戦上のみち(三増合戦場編)田代半僧坊~三増合戦場跡~武田信玄旗立松~志田峠~清正光~韮尾根BS2
151911/1
~11/2
茨城おたつ石コース、筑波山頂連絡路、自然研究路コース、御幸が原コース、関東ふれあいの道@茨城11筑波山男女峰めぐりから旧参道へのみちA)つつじヶ丘駅~女体山~男体山~御幸が原~男女川案内板~筑波山神社拝殿~青木屋
B)筑波山神社拝殿~白雲橋~旧筑波山郵便局~六丁目の鳥居~神郡~平沢官衙遺跡~北条大池
2青木屋●RADIO BERRY(76.4MHz)
●FMひたち(82.2MHz)
152011/7東京いろはの森コース、高尾山ハイキングコース(1号路、4号路、6号路)裏高尾から高尾山へ自然と歴史と森と水のみち影BS~いろはの森コース~みやま橋~薬王院~高尾山~飛び石~琵琶滝~清滝駅1
152111/21神奈川関東ふれあいの道@神奈川16大山参り蓑毛のみち蓑毛BS~蓑毛越~浅間山~大山(阿夫利神社下社)~二重滝~見晴台~九十九曲がり~石雲寺~日向薬師BS1
152211/28神奈川関東ふれあいの道@神奈川12丹沢山塊東辺のみち坂尻BS~リッチランド入口~半原越~革籠石山~仏果山~半原BS2○宮ヶ瀬レイクサイドエフエム(83.6MHz)
152312/5
~12/6
千葉関東ふれあいの道@千葉26東京湾を望むみちと館山城A)久里浜港~金谷港~浜金谷駅~観/台~石切場跡~鋸山~林道口~鋸山ダム~保田駅~館山駅~休暇村館山
B)休暇村館山~見物海岸~館山城~館山駅
1休暇村館山●かずさエフエム(83.4MHz)
152412/12神奈川関東ふれあいの道@神奈川17の2北条武田合戦上のみち(経ヶ岳瀧神編)田代半蔵坊~道ノ入~経ヶ岳~半原越~清雲寺~塩川滝~田代半僧坊1

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

2016年1月 1日 (金)

IRIB: Islamic Republic of Iran Broadcasting World Service, Radio Japanese - Sirjan/Kamalabad, IRAN

2015年のQSL到着オーラスは、今年5月以来久しぶりのIRIBラジオ日本語からのQSLでした。

今回はNo.141のQSLカードを受け取りました。Repの日付は今年の4月、5月、10月ですね。

2015年には年間で47通の受信報告をEメールで送りましたが、現在のところQSL発行されたのは10通分のみでした。
この局からの返信が届かないのは。イランの郵便事情のせいか、これまでにも頻発しており、2014年に年間365日分の受信報告を行った際にも、QSLが届いたのはほぼ半分、50%程度でした。

ただし、2015年の傾向でこれまでと異なる点があります。
2014年まではQSLが届かなくても、届いたQSLの通番をみると番号が飛び番号になっていて、ラジオ日本語ではちゃんと受信報告を処理してQSLを発行してくれたにも関わらず、郵便事情で日本の我が家まで届かなかった、というのが見て取れました。

しかし、2015年に発行された2枚のQSLは番号がNo.140とNo.141で連続しています。これが何を意味するのか・・・これはEメールで送信した受信報告がIRIBラジオ日本語のスタッフにちゃんと届いていない事態が懸念されます。
案の定、昨年10月にはIRIBラジオ日本語スタッフのお一人から、「私宛にCCされたものは届いているが、新アドレス(japanese@irib.ir)に送った受信報告が届いていないようだ」との連絡をいただき、こちらの送信メールアドレスを変更してみたり、と対策しています。

郵便や電子メールの事情による局とリスナーのコミュニケーション支障では、IRIBラジオ日本語スタッフのような方々に責任は一切なく、それゆえにかえって問題の根が深い気がします。郵便がダメで、電子メールもダメ、ではリスナーとしては「打つ手なし」であり、状況の改善が望まれるところです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

#QSL#RepDateTime (Start)Freq.R.Days
No.14120150120April 3, 201506:1311,865 kHz267
20150138April 14, 201522:2315,290 kHz256
20150169May 31, 201522:2313,660 kHz210
20150246October 3, 201506:0011,695 kHz84
20150248October 4, 201505:529,765 kHz84

<Common Information>
TxLocation:Sirjan, IRAN
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
QTH: (E-mail) japanese//at//irib.ir (ex.jar//at//irib.ir)

20150249_qsl_data 20150249_qsl_dsgn


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

Reach Beyond Australia (ex.HCJB) - Kununurra, AUSTRALIA

前回のKTWR日本語放送フレンドシップラジオの記事で2015年のQSL記事は終了かと思ったのですが、大晦日に2つほど届いちゃいました~まずは1つめ。

淀橋教会から、Reach Beyond(旧HCJB)日本語放送の昨年12月度のQSLが届きました。

この回のサタデートークは、クリスマスファンタジー「大きなツリー、小さなツリー」。ある見方では不要と思われるものが、別の見方では貴重なものとなる、という価値観の相対性を面白おかしく子供に伝える、とてもよいお話だったと思いました。昨今、人々の価値観の多様性が増し、価値観の異なる人々の間で軋轢を生むケースが増えていますが、物事の価値観の多様性は幼い頃からそれに接してこないと、なかなか身につかないものだと思います。このようなファンタジーや寓話を介して、そのような考え方が世の中にはあるのだと、子供に(昨今では大人にも)伝えていくことは重要ではないでしょうか。

また、クリスマスキャロル特集で流れたカタルーニャ地方の「鳥の歌」を、大変懐かしく聴きました。30年前、学生の頃に読んだ五木寛之氏の小説『戒厳令の夜』で、1973年に亡くなった4人のパブロが出てきますが、そのうちの一人が、今世紀最大のチェロ奏者といわれ、作曲、指揮者としての活躍のほか、反ファシズム運動、平和運動などで知られる パブロ・カザルス氏でした。彼に興味を持って、調べてた終着点に、この「鳥の歌」があり、大変心に染み入る演奏に感銘したことを今もよく覚えています

2015年最後のQSLデザインは「ベリカード」。リスナーの方が所蔵されている1950年発行のHCJBのベリカードのようですね。
このQSLで今年のReach Beyond(旧HCJB)日本語放送も年間QSLをコンプリートです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20150273
Date:November 19, 2015
Time:7:30 - 7:59 (JST)
Freq:17,760 kHz
TxLocation:Kununurra, AUSTRALIA
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(切手\82*2-J11J, QSL&ProgramNote)
QTH: 〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8 淀橋教会 HCJB係

20150273_qsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

2016年 謹賀新年

16saru

新年あけましておめでとうございます。
今年も例年通り、年賀状は「かつてのBCL少女」であり、現在猫大好き漫画家のわが妻の年賀状を拝借しました。

2015年は2013年の入院後に始まった投薬治療と食事制限の継続し、なんとか12月あたまで投薬も完全完了しました。
一昨年は年間を通じてほとんど食事のメニューを考えていたような気がしました。昨年は平日の食事管理はしているものの少し余裕もできてきました。

この数年、年初の抱負に掲げ続けている目標「継続は力なり」。
昨年は2008年のBCL復活以来何度かチャレンジして挫折していたCRI中国国際放送のQSLとeQSL年間コンプリートを目標の一つにしましたが、「美しい新疆」シリーズのQSL全12種類、eQSL全36種類を発行頂くことができました。
今年もこの食事とBCLは、「継続は力なり」を「継続」していこうと思っています。

さらに、2014年6月から始めた夫婦トレッキング「ウサトレクマン」。筋肉量を増やして腎臓へ回るタンパク質を筋肉へ、との主治医のススメもあってと始めたトレッキングですが、昨年は最低月1回、年12回はトレッキング以上を目標としましたが、これは最終的に年間24回のトレッキングを実施でき、目標を大幅に超えて達成できました。
また、2015年のウサトレクマンでは、歩くだけでなく、10年ぶりに夫婦シュノーケリングも復活。久しぶりに海面をゆらゆら・パシャパシャしながら「野良魚」を眺めることができ、トレッキングにシュノーケリングを合わせるという新しいトレッキングパターンもできました。
今年はシュノーケリングも含めて、もう少し目標をあげて、年間30回のトレッキングを目標とします。
すでに妻のEvernoteには計画ノートがたくさん書き溜められていますので、楽しみです。

年賀状の今年の干支「猿」にひっかけて「いいご猿(ご縁)」。トレッキング先で出会う様々な方とも「いいご縁」となりますように。

2016年申年の今年もよろしくお願い申し上げます。

Hadzuki

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31