フォト
無料ブログはココログ

« UTK#1607: 三浦富士から三浦海岸をめぐるみち(2016-02-11) | トップページ | UTK#1608: 逗子ヒストリカルミステリーツアー(2016-03-21) »

2016年3月13日 (日)

CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA

CRI中国国際放送の日本語放送から2月25日朝受信のRep(Eメール)に対するE-QSLが届いています。

この日の「チャイナエクスプレスは、旧暦1月15日の元宵節であんこが入った餅団子を食べて、提灯祭りを楽しみ、春節も終わり。ということで、この期間に日々こなしていく伝統習慣の楽しみ方が紹介されていました。大晦日は大掃除。元日は掃除はダメ(福を履きだしてしまう)、2日は嫁の里帰り、3日は外出を控える・・・などなど。日本の習慣と通じるものもあれば、全く異なるものも。しかし、日本の習慣と異なっても、その理由を聴けば「ああ、なるほど~」となるところは、同じ北東アジアの隣国だからでしょうね。

今回のE-QSLのデザインは「美しい内蒙古」シリーズの2月3番デザインで、第6回(NeiMenggu No.36-06)「昭君墓」です。

昭君墓は中国四代美女の1人、前漢の王昭君の墓だそうです。王昭君は全巻の元帝時に調停に入って、自らの意思で和親の使者として匈奴の呼韓邪単于に嫁ぎ、その後の60年間ほど、漢と匈奴は和平を保ち、匈奴の境界内の経済、文化も発達したとのこと。このため、王昭君は各民族の人々の尊敬を受けているとか。毎年秋になると、昭君墓の上の植物は夏と同じように繁っているのに、周りの木々は葉を落としてしまうため、昭君墓は「青塚」とも呼ばれるそうです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160027
Date:February 25, 2016
Time:7:00 - 7:57 JST
Freq:5,985 kHz
Language:Japanese
TxLocation: Xi'an, Xianyang, Shaanxi, CHINA
(JRC NRD-545+SONY AN-12)
(E1E、E-QSL)
QTH: nihao2180//at//cri.com.cn

20160027_eqsl_dd_2

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

« UTK#1607: 三浦富士から三浦海岸をめぐるみち(2016-02-11) | トップページ | UTK#1608: 逗子ヒストリカルミステリーツアー(2016-03-21) »

コメント

はじめまして。神奈川に住むさるると申します。
54になりますが最近またBCLを再開したいな
と思っています。QSLカード拝見しました。懐かしい
局がいっぱいですね。私も3日前にBCLのブログを
開設しましたのでよろしければ覗いてみてください。
毎日の更新を目指します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA:

« UTK#1607: 三浦富士から三浦海岸をめぐるみち(2016-02-11) | トップページ | UTK#1608: 逗子ヒストリカルミステリーツアー(2016-03-21) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31