フォト
無料ブログはココログ

« UTK#1602: 三浦半島横断のみち(三浦アルプス南尾根と仙元山)(2016-01-03) | トップページ | UTK#1604: 関東ふれあいの道/東京⑥変奏・杉の木陰のみちからつるつる温泉(2016-01-16) »

2016年3月 1日 (火)

UTK#1603: かながわの景勝50選/矢倉岳から足柄古道をめぐるみち(2016-01-10)

Utk1603_00今回のウサとクマの夫婦トレッキング「ウサトレクマンUTK#1603」は、今後の箱根への展開の足掛かり(偵察)として、矢倉岳から足柄峠(かながわ景勝50選)、そして足柄古道を歩いてみました。 矢倉岳は足柄山系にある関東百名山の1座。ウサトレクマンではこれまでに神奈川の大楠山や石老山、東京の高尾山、奥武蔵の伊豆ヶ岳、房総の鋸山など、関東百名山にはいくつか登ってますが、実際あんまりデータを整理できていないので、今後は「関東百名山」も「かながわの景勝50選」と同様にリスト化しなくては~



■ご参考までに、歩いたルート情報です。
◆南足柄市ハイキングコース(矢倉岳コース)/2016年1月10日(日曜日)
足柄平野からみるとお椀をふせたような美しい姿の矢倉岳(別名おにぎり山)。矢倉岳からは急登の後にたどりつく頂上で、富士山から箱根、丹沢に連なる大パノラマの眺望に感動がひとしお。
距離:約8.4km  コースタイム:4時間25分  難易度:2
区間:矢倉沢バス停 ~ 矢倉岳 ~ 山伏平 ~ 足柄万葉公園 ~ 足柄峠 ~ 聖天堂 ~ 足柄古道 ~ 地蔵堂
みどころ:矢倉岳からの富士見、足柄峠、足柄古道

1.
今回は小田急線新松田駅でバスに乗るところから始まりです。計画では駅前のパン屋さんで美味しいパンをゲット!だったんですけど、開店時刻にお店まで行ってみたら、ガビーーン!お店真っ暗。まだ開いてないってより今日はやる気なし、って感じ。パンが~パンがぁ~急遽駅前のコンビニでお弁当みたいに大きなおにぎりに切り替えです。しかも、いちごメロンパンもゲット~でも、これって「いちごパン」でいいじゃない?なによ「いちごメロンパン」って。そして、もうひとつの大きな謎が駅前にある小さな食堂。その名も「和食マニラ食堂」~なんで和食でマニラなんだろう? そんな突っ込みどころ満載の新松田駅のバス停からのバス路線もハイカーで結構な混み具合。バスの車窓からもすでに綺麗な富士山が望めて車内盛り上がり~同じバスに乗り合わせた4~5人の「お姉さま」グループは、会話を聴いていると大菩薩嶺とか結構しっかり登山をしているご様子で、どなたもパワフル。コワいな~コース起点の矢倉沢バス停では、ウサクマ含めて3~4グループが下車。やっぱりのこのコースは人気があるらしい。バス停すぐ近くの公民館前に綺麗なトイレがあるので、ゆっくり出発準備ができました~

Utl1603_01_1 Utl1603_01_2 Utl1603_01_3 Utl1603_01_4 Utl1603_01_5

2.
山間の集落を歩くと標識もマメに立っていて、酒匂川の支流のひとつである内川を渡り、ほら、あそこにもあんなにデカデカと標識が・・・ってあれって民家の壁じゃないの? いいのかな~あんなところに標識描いちゃって。まあ、ありがたいのでそれに従って進みましょ。とってものどかでポカポカ陽気の山里をテクテク。あ、矢倉岳の標識だ!・・・って、よく見るとかえって分からない。パッと見だと確かに「矢倉岳」に見える。そんな「騙し絵」みたいな標識の先にあった白山神社は静かで厳か。本堂はまだ改修されたばかりらしくて白木作りでとっても綺麗。やっぱり登る前に安全祈願できると、気持ち的にも少し余裕が生まれます~

Utk1603_02_1 Utk1603_02_2 Utk1603_02_3 Utk1603_02_4

3.
登山口の標高260m。出だしは足柄茶の茶畑でのどかだったけど、ここから矢倉岳山頂の標高870mまで標高差600mを一気に駆け上がるイメージで、ウサには少し結構キツイ登りかな~「がんばれ!ボンバイエ!」の大合唱が続きます。途中から明らかに植生が変わって、葉の落ちた木々の白い幹と紺碧の空のコントラストがなんとも綺麗です。

Utk1603_03_5 Utk1603_03_1 Utk1603_03_2 Utk1603_03_3 Utk1603_03_4

4.
その苦労も、山頂広場からの富士山を見た途端、いっぺんに吹っ飛びました\(^o^)/ これは間違いなく、これまでのウサトレで「No.1」の富士山です! 山頂広場も広い草はらで、たくさんのハイカーが思い思いの場所でバーナー炊いてお昼食べてたり、シートを拡げて寝転がっていたりで、なんともほのぼのな山頂だニャ~ウサクマも当然、ここで山專ボトルの熱湯でラーメンとお弁当サイズのデッカいおにぎりで山ランチ。う、うますぎる~大満足♪

Utk1603_04_4_2

Utk1603_04_1 Utk1603_04_2 Utk1603_04_3

5.
下りコースはノンビリハイキングだね~と舐めまくりで下りはじめると、マジかーーー!っていう急降下階段。しかも霜柱が融けてドロドロ、靴底に泥が貼りついて靴が重い~山頂直下の急坂を過ぎると、いくつかのハイキングコースの交差点である山伏平を越え、まったりとヒノキの林をハイキングして足柄万葉公園へ。この公園自体はそれほど見通しがいいわけではなかったけど、公園入口のそばに立ってみて「あ!富士山見える!」そして、その傍らには、なんと「かながわの景勝50選 足柄峠」の石碑が! 今回のルート計画したウサも、足柄峠はもっと先の別ルートに石碑があるもんだと思っていたので、今回のルートカテゴリを「関東百名山」にしていたのだけど、これは「かな景50選」に変更しまっしょ。

Utk1603_05_1 Utk1603_05_2 Utk1603_05_3

6.
この辺り、どこを見回しても「金太郎さん」だね~足柄山と言えば金太郎。でも南足柄市よりも静岡県側の小山町の方が目一杯チカラ入れてるのは何故? などと呟きなから、足柄山聖天堂をお詣りして、大きくて綺麗なトイレをお借りて、いざ足柄古道へ。この山中の細い道が、1000年以上も昔のメイン街道で、西暦900年頃には富士山の噴火で埋まり、その代替として箱根越えルートができたらしい。そんな古道が今も残っていて、いまウサクマが歩いている。歴女じゃなくても、その重い歴史に想いを馳せる気にさせる、いい道ですな~

Utk1603_06_5 Utk1603_06_1 Utk1603_06_2 Utk1603_06_3 Utk1603_06_4

7.
足柄古道は山の中を抜ける本来の古道と、いまはそれと並走するように作られた車道を歩くのだけど、しばらく車道を歩いてコース終点の地蔵堂に近づくと、夕日を浴びた矢倉岳が美味しそうに見えました~え?おいしそう?だって、お山の三角といい、常緑樹帯の四角といい「おにぎり山」の異名通り、どう見たってあれば「おにぎり」ですよ(≧∇≦)
コース終点の地蔵堂で無事下山のお詣りをして、地蔵堂バス停から大雄山駅へ。やっぱり地産地消のウサトレ打上げなら、ここでやりたいね~ということで急遽ウサが調査して見つけた居酒屋「ふじ丸」に突撃します~

Utk1603_07_1 Utk1603_07_2 Utk1603_07_3


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
今回のウサトレクマラジ(トレッキングにかこつけたBCL)

それにしても矢倉岳と御殿場ってこんなに近かったんだ~って感じ。だって、ここからの富士山って山肌のディテールも分かるほどだし、富士のすそ野の自衛隊富士演習場の砲声はドッカン!ドッカン!聞こえてくるし、もう富士山すぐそこって感じ~おかげで山頂では御殿場のコミュニティFM局「富士山GOGOエフエム」がガンガン入感してました~ウサトレクマラジ的にも大満足♪

富士山GOGOエフエム (JOZZ6BF-FM)
・2016-1-10 12:52~13:15 86.3 MHz
・神奈川県南足柄市、矢倉岳山頂(標高870m)
・SONY ICD-AX412F+ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン
・SINPO=45433
・この受信に対するQSLは、こちら


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今回はこんなルートを歩きました。(GPSログ)

Utk1603_99
Utk1603_98


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


« UTK#1602: 三浦半島横断のみち(三浦アルプス南尾根と仙元山)(2016-01-03) | トップページ | UTK#1604: 関東ふれあいの道/東京⑥変奏・杉の木陰のみちからつるつる温泉(2016-01-16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« UTK#1602: 三浦半島横断のみち(三浦アルプス南尾根と仙元山)(2016-01-03) | トップページ | UTK#1604: 関東ふれあいの道/東京⑥変奏・杉の木陰のみちからつるつる温泉(2016-01-16) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31