フォト
無料ブログはココログ

« UTK#1603: かながわの景勝50選/矢倉岳から足柄古道をめぐるみち(2016-01-10) | トップページ | UTK#1605: みなと横浜超低山お散歩 其の一(掃部山と伊勢山皇大神宮)(2016-01-31) »

2016年3月 4日 (金)

UTK#1604: 関東ふれあいの道/東京⑥変奏・杉の木陰のみちからつるつる温泉(2016-01-16)

クマが熊になって鹿を食べたーーーガルルルル! コトの真相は本記事の中盤に

Utk1604_00昨年後半、関東ふれあいの道/神奈川に大攻勢を掛けて、関門であった仏果山を筆頭に、大山下社、経ヶ岳と主だった山を歩いてしまったので、関東ふれあいの道/神奈川では後は「お気楽モード」の太田道灌とかしか残ってない~で、次なるターゲットの1つが関東ふれあいの道/東京。東京①湖のみちを去年歩いたけど、結構キツく感じた~ふれあい東京は、そんな感じでほとんどが難易度3の「歯ごたえアリ」なエリアです。が、その中で数少ない難易度2なのが、今回の東京⑥杉の木陰のみち。ここなら日の短い冬でも日帰りで行けるかも~今年は暖冬でまだ雪が降っていないから、雪が降る前に行っちゃえ!との勢い。そして、みたけ観光協会からのお知らせでは、1月18日からしばらくはケーブルカーもバスも運休になるらしい。御嶽神社の仲見世は参拝客相手。ケーブルカーやバスが止まると、店を閉めてしまう可能性もある! いろいろな点で1月16日は好機!ということで行ってきました、御岳山と日の出山。後半はコースの公式案内にも紹介がある枝道「つるつる温泉」で汗を流して打上げ!という変奏コースにしてみました。

■ご参考までに、歩いたルート情報です。
◆関東ふれあいの道/東京⑥杉の木陰のみち、日の出山ハイキングコースをブレンド/2016年1月16日(土曜日)
都心方面の展望がよい。日の出山から山岳信仰の御岳山を経て多摩川沿いの御岳渓谷遊歩道を廻るみち。四季を問わず多くのハイカーに親しまれている。 また、日の出山から、町営のつるつる温泉へ向かって降りるコースも人気です。
距離:10.0km  コースタイム:3時間50分(←正規ルートからの距離比例で算出)  難易度:2
区間:ケーブル下バス停~御岳渓谷~武蔵御嶽神社~日の出山~不動尊~つるつる温泉(※)(コース撮影ポイント:日の出山山頂)
(※正規ルートでは、起点は御嶽駅。日の出山からは養沢鍾乳洞~上養沢へ下り、ルート距離は11.5km)
みどころ:武蔵御嶽神社の杉並木、日の出山からの展望

1.
奥多摩の御嶽駅は横浜からは結構遠い。でも、最近早朝の行動が苦にならなくなってきたウサトレなので、日の出まで1時間20分もある朝5時半に横浜発。新宿周りで「ホリデー快速おくたま1号」で御嶽駅に乗りつけるというゴージャスな計画・・・だったんだけど、京浜東北線、東海道線とも川崎駅で運転見合わせでいきなり頓挫(ーー; マジか~~~でも、柔軟な計画がモットーのウサトレは急きょ「プランB」にチェンジ!。川崎から南武線で立川、青梅線を朝日に輝く青梅駅で乗りついで御嶽駅へ。結局「ホリデー快速おくたま1号」よりも20分も早く御嶽駅に到着しました~ 御嶽駅はレトロな佇まいでいい感じ~駅前の観光案内所でいろいろ情報をゲットしてたら、後着の「ホリデー快速おくたま1号」から大量のハイカーが~~なので、ケーブル下バス停までのバスは満員状態。バス停すぐ近くの滝本駅はケーブルカーの下手側の駅。駅名看板はなかなか力が入ってます~で駅前でうろうろしてたら、ケーブルカーが出発していきましたが、なんかエラいド派手なカラーリングで、これから神域に向かう乗り物には見えませんね~ 

Utk1604_01_1 Utk1604_01_2 Utk1604_01_3 Utk1604_01_4 Utk1604_01_5

2.
駅前からは武蔵御嶽神社への参道が良く見えます~鳥居の脇には大きな銀杏の木が。「神代銀杏」といって樹齢500年ほど。室町時代に芽吹いた銀杏がこんなに立派になりました~ 鳥居をくぐるとすぐに大きな杉が林立する杉並木。「ろくろっ首」と名付けられたクネクネした旧参道も交えながら、600本以上ある杉の中を歩いていくと、少し日が昇ってきて木漏れ日が美しく日が射し込み、これぞコース名「杉の木陰のみち」の由来かな。つづら折れの角の部分では、大きな杉の切り株の下がえぐられていて、いまにも崩れてきそうなヤツとか、根っこの洞に朝日が差し込んでいて、まるで暖炉に火が入っているように見えるヤツもいて、表情さまざまで面白い。 朽ちた切り株に新たな命が芽生えていました~自然の営みだニャ~

Utk1604_02_4 Utk1604_02_1 Utk1604_02_2 Utk1604_02_3 Utk1604_02_5

3.
武蔵御嶽神社は御岳山の山頂。仲見世を抜けると大鳥居が迎えてくれます~「雪が降る前に」とやってきた御岳山ですが、夕べから明け方にかけて少し降雪があったらしく、参道の石段の脇には雪がまだ残っていて、今冬はじめての雪の感触にウサクマ大喜び~随身門を抜けると銅鳥居への石段に~まあ、最近のウサクマにとってはとくに問題にはならない段数・・・と思ったら、ほへ? 石段に何かいます~ああ!鬼がこっち覗いてる~ 本社拝殿前の狛犬さんは大山阿夫利神社の狛犬さんに輪をかけたようなぶっとい前脚・・・狛犬さん阿、あら~~~目が完全にイッちゃってるよ、この狛犬さんてば~狛犬さん吽は角度と光を考えて、ちょっと恰好良く撮影してみました~ 

Utk1604_03_5 Utk1604_03_1 Utk1604_03_2 Utk1604_03_3 Utk1604_03_4

4.
そうそう!ウサトレは登山に来たのであった~! 山頂は?山頂? ~あ、あった~本殿の奥にありました~御岳山山頂(標高929m)到着です。 山頂碑からさらに奥に進むと、本社玉垣内、神明社の後方に瑞垣に囲まれて鎮座している大口真神社がありました~御嶽神社の眷属である「狼」を祀っているそうな~その近くには皇御孫命社があって、天瓊々杵命を祀っているらしい・・・けど、それよりもウサクマが気になったのはコレ!これって、狛犬・・・じゃないよね~狛豚? 昔だから狛猪? ともかく拝殿よりも質素だけど歴史を感じる本殿を拝んで・・・さて、ハラガヘッタ~

Utk1604_04_1 Utk1604_04_2 Utk1604_04_3 Utk1604_04_4

5.
900mを越えているのに神社前にはたくさんの宿坊があり、仲見世のお土産屋さんや食堂も並んでいて、まるでレトロな温泉街みたい~ウサの事前調査によれば、仲見世には「鹿肉カレー」を食べさせてくれるお店があるらしい。カレー大好きなクマとしては、それはぜひとも食さねば~ということで、やってきました「千本屋」さん。 店頭に掲げられたメニューを見ると、おお!あるある!「ディアカレー」っていうんだ~あと、とろろのお蕎麦も美味しそう~お店には入ると正午なのにお客なし(^^; そして奥の狭い座敷の上がり框にいるのは・・・くまーーーーーー!本物のクマの毛皮(頭付き)~すっげーーー! 座敷に上がると、店のお姉さんが「ご自由に楽しんでください」とのこと。もうウサクマとも熊の毛皮で写真撮りまくり~そして、来たーーーー! ディアカレーと岩清水とろろ蕎麦。どっちも美味しい! 特にディアカレーはコク、辛さ、分量の大満足の★★★です!すっかりくつろいでしまったけど、そろそろ出発せねば~と店内を見ると、このあたりにもムササビ君が生息しているのか、ムササビ関連のお土産がたくさん~ 13:00 お腹満足のウサクマが、仲見世のはずれで日の出山への標識を発見。千本屋のオバサンに「定番」といわれた「日の出山~つるつる温泉」のコースに向かいます~

Utk1604_05_3 Utk1604_05_4_2 Utk1604_05_5_2 Utk1604_05_6

Utk1604_05_1_2 Utk1604_05_2 Utk1604_05_8 Utk1604_05_9

6.
仲見世から日の出山に向かってちょっと角を曲がると、もう仲見世の喧騒がうそみたい。御岳山から日の出山までのかなりの行程は勾配の少ない杉の木陰の道が続きます。

Utk1604_06_1

7.
ウサトレクマンでは珍しく、この区間はぴったりコースタイムで踏破して日の出山山頂(標高902m)に到着~日の出山の山頂は、御岳山とはまた違った賑わい。広い山頂広場には東屋や休憩ベンチがたくさんあって、都心方面の見晴らしも素晴らしい! こっちのほうが山頂に登った感があります~ ここなら山專でラーメンランチとかも可能なんだけど、なにせ御岳山からここまで40分しか経ってないから、ウサクマともあろうものが、なんと、まだまだお腹がすかない~なので、さっきの千本屋さんでかった「わさびあられ」と山專ティーで小休止ですの~

Utk1604_07_1 Utk1604_07_2 Utk1604_07_3

8.
日の出山下山途中にも、随所で眺望を楽しめます~つるつる温泉で3時間くらい取りたいから、16時頃にはつるつる温泉に到着したいな~ということで、いつもは「おっとりゆったり」テンポのウサが猛烈奮起で自走式ハイパーモードに! おおおお、速い!速い! さあ、ふたたび「杉の木陰」のみちを行きます~ 尾根道をブンブン飛ばすのな~

Utk1604_08_1 Utk1604_08_2_2 Utk1604_08_3

9.
途中の名所「クロモ岩」は見られなかったけど、もう1つの見どころ「顎掛岩」に到着しました。こらこらこらーーー! そこのオヤジ! こんな名所で立小便すなーーー! 小便オヤジのせいで「顎掛岩」でいろいろやろうと思ってた写真撮影もやる気なし! 岩の前にたたずむウサクマのツーショ影でガマンするか~「杉の木陰」もだいぶ西日になってきた頃、下山口にある不動尊に到着しました。不動尊脇の沢にかかる橋には、金属製の動物オブジェが並んでました~カエル、鯉(ハゼどんにも見えるがな)、エビ(というよりザリガニかな)~この辺境の小さな橋の欄干に、なぜこれほどの芸術作品が雨さらしで備え付けられているのか・・・なぞです。

Utk1604_09_1_2 Utk1604_09_2 Utk1604_09_3 Utk1604_09_4

10.
ここからは県道184号のオンロードなので、沢沿いを眺める余裕も出てきました~この辺りの鎮守と思われる熊野神社。少し余裕ができたので立ち寄ってみたけど、あまり人が入っている形跡がないので鳥居から拝むだけにしました~もしかしたら別の参道があるのかもね。三ツ沢分岐を左折すると、つるつる温泉のノボリが立ち始めました~あの円柱形でとんがり帽子のお屋根が、つるつる温泉らしい~15:40 つるつる温泉に到着~目標よりも20分早い。日の出山山頂を出てから80分。御岳山~日の出山~つるつる温泉を、ほぼぴったりコースタイムでした。さて、お風呂はほんとうに「つるつる」な泉質のお湯で、ゆっくり体を伸ばせました~そして、湯上りの打上げは冷たい「つるつる豆腐」と地ビールで乾杯! とってもコクのある豆腐だから、お醤油なんていらなかったね~そして御膳2品でお腹いっぱい~温泉で締めるウサトレは、やっぱりポイント高いですニャ♪

Utk1604_10_ Utk1604_10_2 Utk1604_10_3 Utk1604_10_4

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今回のウサトレクマラジ(トレッキングにかこつけたBCL)

日の出山山頂は都心方面が開けていて、標高も900mあるので、ウサトレクマラジでは都心方向からの電波が通りがよいとの予想で、立川市のコミュニティFM局「FMたちかわ」と三鷹市吉祥寺のコミュニティFM局「むさしのFM」にチューニング。予想通り、どちらも強力に入感してました~

FMたちかわ
・2016-1-16 13:55~14:13 84.4 MHz
・東京都西多摩郡日の出町大字大久野、日の出山山頂(標高902m)
・SONY ICD-AX412F+ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン
・SINPO=45444~32432

むさしのFM (JOZZ3AG-FM)
・2016-1-16 14:20~15:03 78.2 MHz
・東京都西多摩郡日の出町大字大久野、日の出山山頂(標高902m)から不動尊への下山途中
・SONY ICD-AX412F+ロングワイヤー型アンテナ内臓イヤホン
・SINPO=45444~25221
・この受信に対するQSLは、こちら

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今回はこんなルートを歩きました。(GPSログ)

Utk1604_99
Utk1604_98


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

« UTK#1603: かながわの景勝50選/矢倉岳から足柄古道をめぐるみち(2016-01-10) | トップページ | UTK#1605: みなと横浜超低山お散歩 其の一(掃部山と伊勢山皇大神宮)(2016-01-31) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« UTK#1603: かながわの景勝50選/矢倉岳から足柄古道をめぐるみち(2016-01-10) | トップページ | UTK#1605: みなと横浜超低山お散歩 其の一(掃部山と伊勢山皇大神宮)(2016-01-31) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31