フォト
無料ブログはココログ

« UTK#1606: 関東ふれあいの道/神奈川⑨変奏・弘法大師と桜のみちから鶴巻温泉(2016-02-06) | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

2016年3月 6日 (日)

UTK#1607: 三浦富士から三浦海岸をめぐるみち(2016-02-11)

Utk1607_ukn_2ウサクマ遂に富士山に!
『お茶の間の皆様、こんばんは。夜7時のUTKニュースです。2月11日木曜日、最初のニュースです。肉球防衛軍山岳保安隊三浦分所によりますと、気ままにマイペースな夫婦トレッキング「ウサトレクマン」を実行しているクマ氏とその妻ウサさんが、現地時間2月11日午前10時55分頃、ついに富士山山頂への登頂に成功したとのことです。かねてより富士山への強い思いを訴えてきたクマ氏とウサさんは山頂からの通信でその喜びを全国のウサトレファンを共有したいと述べており、現在の山頂183mの浅間神社奥宮でジジババ軍団と格闘して・・・』

Utk1607_00へ? 富士山なのに標高183m? ・・・そうなのです~ 今回のウサトレで登頂したのは公式な地理院地図でも、ちゃんと「富士山」と書かれているけれど、三浦半島にある富士山「三浦富士」だったのです~ 三浦富士への計画は、もうだいぶ前から「つなごうふれあい神奈川県♪」の第3コースとして立てていて、今回は京急長浜駅から三浦富士(標高183m)、砲台山(標高204m)、武山(標高200m)の3座を縦走する計画。そして、武山から京急津久井浜駅に下山したら、その勢いのまま三浦海岸の砂浜を歩いて、京急三浦海岸駅までつないでしまおう、という山あり海ありの楽しいコース設定です。

■ご参考までに、歩いたルート情報です。
◆三浦半島きままに散歩(丘陵のハイキングコースと味覚狩り)コースを延伸して三浦海岸駅まで/2016年2月11日(木曜日)
京急長沢駅から三浦富士、砲台山(大塚山)、武山を巡る丘陵のハイキングコース。三浦半島を囲む東京湾、相模湾を遠望しながら山道を行く、自然あふれるハイキングコース。季節により、周辺の観光農園でイチゴやさつまいも、みかんの味覚狩りも楽しめる。京急津久井浜駅からは津久井浜に出て、東京湾を隔てた房総の山なみを眺めながら砂浜を歩き、京急三浦海岸駅につなぐコースにしてみました。
距離:約10.0km  コースタイム:3時間10分(←正規ルートからの距離比例で算出)  難易度:2
区間:京急長沢駅(神奈川県横須賀市長沢)~東光寺~横須賀警察犬訓練所~富士山(三浦富士)~砲台山~武山~津久井浜駅~津久井浜~三浦海岸交差点~三浦海岸駅(神奈川県三浦市南下浦町)
(※正規ルートは津久井浜駅が終点、ルート距離は7.8km)
みどころ:三浦富士からの眺望、東光寺の鐘一打、武山不動院、観光農園での四季折々の味覚狩り(今回はパス)


0.
前回(UTK#1606)の権現山で、野鳥観察舎からメジロたちを撮影してスマホ内蔵カメラの限界を痛感し、あれから4日間、ずっと「一眼レフ復活」を考えてました~かつて様々な動物園・サファリパークのネコ科を収め、米国サンディエゴ動物園やワールドアニマルパークにまで持ち歩いた愛機コニカミノルタ α-7 DIGITAL。久しぶりにクローゼットから引っ張り出して点検。充電池/充電器OK。CFカードOK。レンズはSIGMA 70-300mm DL MACROとMINOLTA 20mmのカビ・ホコリ・キズOK。充電して試し撮り。動作に不安はない。問題は・・・これ、トレッキングにどうやって持ってくの~? お金をかけない方法を思案の結果、たどり着いた方法は、通常ストラップで首からぶら下げ、望遠レンズを「ペットボトル」よろしく、いつも使っている腰巻タイプのボトルホルダーに収めてしまう、というもの。イケる~これならイケる!

Utk1607_00_1Utk1607_00_2_2 Utk1607_00_3


1.
でもどこへ行く? デジタル一眼レフとは言え、2004年発売の光学式ファインダーなので、レンズと合わせればそれなりに重い。復帰戦なので、まずは眼レフ持ってどの程度ウサトレできるかを試すための軽めのコースをウサに選定してもらいました~それが富士山!いやいや「三浦富士」。 ここならせいぜい200㎜級の丘陵だし、コースも整備されているので厳しいところはなさそう。不用意に体を振られてカメラを岩にガツン!なんてこともないでしょう。さあ、眼レフ持って京急に乗りまっしょ~ 明け方は雲がかかっていたけど、横浜を出て少しするとひつじ雲から光がさして、なんか神々しい。京急長沢駅に到着した頃には、お天気はピーカンになりました。京急長浜駅からまずは東光寺へ。

Utk1607_01_1 Utk1607_01_2 Utk1607_01_3 Utk1607_01_4

途中で白梅が綺麗に綻んでいたので、さっそく眼レフでパシャリ。う~ん、やっぱりこのボケ味がいいな~

Utk1607_01_5


2.
東光寺はこじんまりとした🎋静かなお寺さん。山門の仁王様は小ぶりだけど立派ですね。そして鐘楼の前に来てみると、なにやら木箱が・・・「鐘一打百円。鐘楼堂の修繕費用にあてさせて頂きます」 やったーー❣️こりゃ絶対に鐘つくでしょ! 鐘撞くのは去年の10月に石老山へのウサクマ(UTK#1516)で顕鏡寺でついて以来。前回ウサトレ(UTK#1606)の弘法山山頂の鐘楼には『むやみに鐘をつくことはご遠慮ください』と釘を刺す看板があったので撞けなかったから、これはうれしいサプライズ❣ 各100円を木箱に収めて、いざいざ、ゴーーーーーン❗️❗んん~心にしみわたる鐘の音~鐘撞きたい人は多いから、修繕費確保のためにはいい方策かもね。

Utk1607_02_1 Utk1607_02_2 Utk1607_02_3 Utk1607_02_4 Utk1607_02_5


3.
浅間神社の鳥居をくぐり、キャベツ畑(三浦がこれほどキャベツ作りをしているとは知らなんだ~)やミカン園のなかを、眼光鋭い野良ネコタと出会い、紺碧の空を舞うトンビなどを見上げながら、三浦富士へノンビリ登ります。

Utk1607_03_1 Utk1607_03_2 Utk1607_03_3

Utk1607_03_4 Utk1607_03_5 Utk1607_03_6

なにやら犬の賑やかな鳴き声がしてきました~これが横須賀警察犬訓練所らしい。鉄扉から訓練所の庭を覗くと、いままさに一頭のシープドック?みたいな大型犬がトレーナーのお兄さんお姉さんと訓練中。門扉から写真をとっていたら、トレーナーのお兄さんがワンコを門扉の前に座らせて、写真を撮らせてくれました~トレーナーのお兄さんお姉さんもとっても優しいし、さすがに警察犬を目指すワンコはお利口ですな~ワンコの名前は「こうた」らしい。がんばって、立派な警察犬になってね~こうた君❣️

Utk1607_03_7 Utk1607_03_8 Utk1607_03_9


4.
三浦富士への登りは信仰の道で、ところどころ急登になるけど、まあ概してお気楽モードでOK。途中で可愛いお地蔵様を拝んで、山頂に近づいてみると・・・なにやら騒がしい~ 下から見上げても分かるほど、山頂に人が溢れてる! 狭い山頂に数十人のオジサン・オバサンがやいのやいのと。何ともかしましい。 さすがに人気コースで沢山のグループが来てるな~と思ったら、この人数で1団体の大集団だったらしい~マジか――! 立ち去った後の静寂はひとしおでした~ 

Utk1607_04_2 Utk1607_04_1 Utk1607_04_3 Utk1607_04_4 Utk1607_04_5


5.
三浦富士の山頂には小さな鳥居と二つの石祠、数基の石碑、二等三角点の標石なんかがありました~ここは麓に大きな鳥居のあった浅間神社の奥宮とのこと。で、ようやく山頂から落ち着いて眺望を楽しむと、左手には木立の隙間からちょっと逆光気味で神々しい金田湾。視線を右に転じていくと、三浦半島越しの相模湾、そして、おおお❣️本家の富士山が、少しかすんでるけど、真っ白な雪化粧で綺麗に見えるじゃないですか~Webの記事では森林に囲まれて眺望はあまりよくない、と書いてあったけど、葉の落ちた冬場は眺望いいみたい。これなら、ここに浅間神社を祀る気持ちも良く分かります。 山頂には小さな路傍のいのちも。SIGMAレンズのマクロ機能を使ってみました。

Utk1607_05_1 Utk1607_05_2 Utk1607_05_3 Utk1607_05_4
Utk1607_05_6 Utk1607_05_7_2


6.
三浦富士から砲台山、武山は標高差のほとんどない尾根づたいの縦走。ここもたくさんの家族連れハイカーさんと同行だったりすれ違ったり。トレッキングというよりはハイキング、いやいやピクニック、と感じかね~朝の登り始めは結構冷たい風が強かったけど、昼が近づくと穏やかな好天になりました~砲台山は正式には大塚山っていうのかな。本当に大きな砲台跡があるんだね~昭和初期に海軍さんが設置したらしい。ここから浦賀水道を通過しようとする敵艦を狙ったのか? いやいや、ここに据えられたのは海軍の高角砲(陸軍でいうところの高射砲)らしい。ということは、対空砲なので任務はお空の防衛ですな。ここにはいまも「防衛省」の看板のかかった金網で囲まれた海上保安庁の武山受信所があって、パラボラアンテナがそびえていました。でも、山頂碑とかはないみたい。もともと砲台ということで、山頂は平坦に整備されていて、ここにもたくさんのハイカーさんが休息をとってました~

Utk1607_06_4 Utk1607_06_1 Utk1607_06_2 Utk1607_06_3 Utk1607_06_5


7.
そして、武山。ここは信仰のお山で山頂には武山不動尊があります~武山も明確な山頂碑はないようで、本堂あたりの少し高くなっているあたりが最高地点らしい(という案内看板がありました)。本堂にお詣りを済ませたら、ウサはしっかりと御朱印をいただきました。宗教関係者はここまで乗用車で乗り入れられるみたいで、社務所は普通の住宅みたい。家の前に乗用車や原チャリとか停まってるから、余計に普通の住宅に見えてしまう~その便の良さのせいか、武山山頂は不動尊のほかに良く整備された展望台と休憩所、トイレなんかもあって、たくさんのオジサン・オバサンが和気藹々としていました。展望台からの眺望は抜群! 展望台下には休憩用のテーブルとベンチ。ハイカーのオバサン2人組の隣りに席をとって、ようやくランチに~

Utk1607_07_4

Utk1607_07_1 Utk1607_07_2 Utk1607_07_3 Utk1607_07_5

山頂にはミカンの木とかあって、そこに「何かいる!」。一眼レフの300㎜望遠で覗いてみると、なんとタイワンリスさん!そっと観察。 目がキュルキュルでかわいいですね~いつもならばスマホのカメラでは絶対に撮れないリスさんのアップ。今回は眼レフ持ってるのでシャッター押しまくり~❣

Utk1607_07_6


8.
武山から京急津久井浜駅への途中の民家の軒先、あ、ここにも梅が咲いてる・・あれ❓桃かな・・・あ!これって桜じゃねーの? そう早咲き河津桜なのか、桜が1本、三分分咲きに~そしてそこにはメジロも。 

Utk1607_08_1 Utk1607_08_2 Utk1607_08_3

さらに歩いた円乗院では再び白梅とスイセンを、眼レフで写真とれました~このあたりからはもう一般の舗装路なので、多少コースから外れてもかまわずに津久井浜駅に~そのままの勢いで三浦海岸へ。

Utk1607_08_7 Utk1607_08_4 Utk1607_08_5 Utk1607_08_6


9.
いいねいいね~風も収まって気温も上がってるから、海岸線を歩いても寒くないし、ウィンドウサーフィンとかやってる人もいて、ちょっと春っぽいね~三浦海岸の干し大根や、現在ルート計画中の対岸・房総の富山を眺めながら快調にふっとばし、17時前には京急三浦海岸駅のそばまでやってきました~あとは打上げだ!当初計画では、打上げ前にマホロバ・マインズで一風呂浴びてから、との計画だったけど、もう頭の中は「おすし❣️おすし❣」の大合唱~今日は行程もきつくなかったし、風呂は先日鶴巻温泉入ったからパスってことで、そのまま『回転ずし海鮮』さんへ。 まだ17時前とあって席も余裕。まずは生絞りグレープフルーツサワーと生ビール中ジョッキでカンパーーイ❣ 刺し盛り2人前は超豪華、今日のおススメにぎりで大満足~なんて楽しんでたら、気づくと背後には席待ちの長蛇の列!~風呂をブッチして、17時前に入店して正解でありました。

Utk1607_09_1 Utk1607_09_2 Utk1607_09_3 Utk1607_09_4 Utk1607_09_5 Utk1607_09_6


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

今回はこんなルートを歩きました。 (GPSログ)

Utk1607_99
Utk1607_98


にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

« UTK#1606: 関東ふれあいの道/神奈川⑨変奏・弘法大師と桜のみちから鶴巻温泉(2016-02-06) | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UTK#1607: 三浦富士から三浦海岸をめぐるみち(2016-02-11):

« UTK#1606: 関東ふれあいの道/神奈川⑨変奏・弘法大師と桜のみちから鶴巻温泉(2016-02-06) | トップページ | CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31