フォト
無料ブログはココログ

« CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA | トップページ | Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA »

2016年4月29日 (金)

Friendship Radio via KTWR - Merizo, GUAM

KTWRから送信されているフレンドシップラジオから届いた3月と4月のRepに対するE-QSLを一挙掲載します。って威張っていえることじゃないですね(笑)。最近本業とウサトレで時間を使ってしまい、なかなかQSLの掲載に手が回っていません。

4月10日の放送では、BCL総選挙の第1回「初めてのラジオ」編の投票結果が発表され興味深く拝聴しました。私としては、自分がBCLブームの頃に愛用していたSONY ICF-5800が1位でなかったのは残念ですが、それでもスカイセンサーのラインナップが1位と3位に輝き、うれしく思います。クーガは私にとっては「憧れ」でしたので、「初めてのラジオ」ではなく、「さわってみたかったラジオ」のカテゴリーですね。 そして、私が本当に興味を掻き立てられるのは、下位ですね(笑)。得票数1票にどんなツワモノが名乗りを上げているのか・・・それが発表されたのは次週の4月17日でしたが、私はこの放送を短波で聴き逃してしまったので、番組担当さんに連絡してAIDリンクを教えていただき、MP3の音源で拝聴しました。BCL総選挙第1回の第5位(得票数1票)の中で、私の投票した「株式会社ゼネラル」の3バンド・ラジカセもご紹介いただいた上、最後には私からのリクエスト曲として「Radio Ga Ga」まで流していただき、感謝です。

3月20日の放送では、福岡のリスナーさん宅のタンスから昔のべリカードが大量に発掘?されたとか。羨ましいかぎりですね~私も1985年のBCL休眠前にはかなりの量のQSLカードを所有していましたが、就職して学生時代のアパートから、横浜の超省スペースなワンルームに転居した際に、ほとんどの荷物を実家に送りつけ、そのままほったらかしにしていたのが祟って、当時のべリカードのほとんどが行方不明になってしまいました。「昔のべリカードがごっそりタンスから」・・・なんとなく夢に見そうです(笑)

3月13日の放送は、マサカの2週に連続の送信事故のあと、ようやく無事に番組全体が恙なく放送されました。Eメールに書き添えられていた番組担当さんからのメッセージでは、無事に放送されるか緊張した、とのこと。グアム現地の送信技師さんたちも、ハラハラだったのではないでしょうか。(職業柄、どちらかと言えば送信技師側に近い方にいるので、どうしてもそちらの心境を察してしまいます)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160051
Date:April 24, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E3E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net
※eQSL画像は東京芝浦「埠頭公園の桜」

20160051_eqsl_dd

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160049
Date:April 10, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E1E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net
※eQSL画像は兵庫県市役所付近の「ラヂオ塔」

20160049_eqsl_dd

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160048
Date:April 3, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E1E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net
※eQSL画像は「夢農場のうららかな春」

20160048_eqsl_dd

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160040
Date:March 20, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E1E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net
※eQSL画像は「甲子園球場」

20160040_eqsl_dd

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
#Rep.20160037
Date:March 13, 2016
Time:21:15 - 21:45 JST
Freq:9,975 kHz
TxLocation:Merizo, GUAM
Language:Japanese
(JRC NRD-545+SONY AN-12))
(E1E, E-QSL)
QTH: ktwr//at//friendshipradio.net
※eQSL画像はICF-SW22と思われる小型受信機とどっしりとしたSSG(シグナルジェネレータ)、赤いデジタル表示が鮮やかな周波数カウンタなどが組み合わされ、なんとも重厚な受信風景

20160037_eqsl_dd


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
3月6日の放送は、放送開始1分弱で早々に送信停止、という憂き目にあいました。 しかも、その前週も放送開始8分で停波。2週連続のまさかに送信事故でした。 この3月6日の放送は、その週末「3.11」(東日本大震災)を追悼する番組として制作されたものであったため、AIDリンクによる音声アーカイブとしてネットで配信され、このアーカイブの聴取の報告をもってeQSLを発行する旨、番組ホームページで告知されました。 最近では、インターネット配信に放送に対するQSLを発行している放送局がたくさんあります。 かつて短波放送から撤退したヨーロッパの放送局や、身近なところではイランのIRIBラジオ日本語も発行する旨がHPで告知されています。

個人的にはインターネット配信の放送受信によるQSL発行には、あまり興味はなかったので、これまでに報告書を送ったことはありませんでしたが、今回書いてみて、少し考えを改めました。 インターネット放送やポッドキャストは「聞こえてあたりまえ」、という先入観から報告をしなかったのですが、インフラが正常に運用できていて初めて成立する「あたりまえ」。何かの機器障害があって通信断があったり、配信不可になっていたり、という状況を、災害は待ってくれません。 つねに「あたりまえ」の番組配信が「あたりまえ」に聴取できることを確認し、それをは配信側に伝えることが、決して無意味なことはないですね。 また、今回かすかに感じたように、オーディオ配信でも、その音質がさまざま。 せっかく配信されても聞き取れないようなオーディオ品質では意味がありません。 配信されたオーディオコンテンツの音質をチェックし、問題あれば配信側に通知することも、いざという時の「転ばぬ先の杖」に違いありません

そして、受領したのが以下の確認証となります。確認証の画像は、「日本一標高の高い地下鉄駅」です。

20160032_eqsl_dd

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ
にほんブログ村

« CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA | トップページ | Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Friendship Radio via KTWR - Merizo, GUAM:

« CRI: China Radio International - Xi'an, CHINA | トップページ | Radio Romania International - Tiganesti, ROMANIA »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31